平成三十年三月一日 光明稲荷 月次祭

修正01_convert_20180301113641

本日は平成三十年三月一日 光明稲荷 月次祭、ささやかながら執り行わさせて戴きました。

三月・・・紅梅の梅の香りが嬉しい季節となりました。
昨夜から雨風が強く、今朝は雨は止み気持ち良い陽射しに包まれました。
風は強く春の嵐といった感じです。
昨年も同じ頃、こんな風だった日に愛猫達と畑に繰り出した幸せな朝を思い出しました。
いよいよ、春ですね。

日々、平穏である事、普通であることへの有難さ。
自分以外の人々、生きとし生けるものが幸せであることへの感謝。
若かりし頃には、それなりに少しは気になっていた事かもしれませんが
これは年齢を重ねてきた今は、今まで以上にもっともっと、重き事、
大切な事と感じられる様になって来ました。
毎回、毎回、同じ事を話している様ですが、神事の度に実感する今日この頃。
この世に生きとし生ける全てのものたちの幸せと亡くなられた存在が穏やかな時間を過ごせます様にと大神様に感謝を申し上げております日々です。

私にとって動物たち、ワンちゃん、猫ちゃんを始め、鳥、魚、虫・・
全てが愛おしい存在。
そんな私が住む日本は八百万の神々を敬う神道、仏教、密教を始めキリスト教、イスラム教、その他教派神道、新興宗教など等様々な宗教を受け入れている国。
神様仏様は生きとし生けるもの全てに慈愛の心を手向けていらっしゃる素晴らしい国です。

日本はご神仏様を信仰、信心されていらっしゃる方々が多くいらっしゃる国でありながら、まだまだ生きとし生けるものへの慈愛、共存共栄の気持ちが薄い事を残念に思っております。

先日、世界の猫ちゃん達を撮影するお気に入りのテレビ番組を見ていましたらとても感動したことがありました。
ブータンの撮影の時。お寺の僧侶に限らず、村の人々、全ての人が猫ちゃんに慈愛を以て接している日々。。。
大自然中、決して裕福ではない標高が高い環境の中、村人たちは心豊かに暮らしていました。
信仰の中、同じ環境に暮らす猫達に自分達のご飯を同じ様に優しく分け与え、共に幸せに過ごしていました。
日本のように「シッシッ、毛が落ちる、汚い、オシッコしないで!!」と追い払う事等ありません。
ワンちゃん、猫ちゃんがブームだからと言って、商売に利用する事もありません。

彼らにあげる食べ物も、決して、「餌」という概念ではなく、自分達が食べる大切な同じ物、「ご飯」なのです。
大切な家族同様の彼らにあげる命を繋ぐ大切な食べ物だからです。
彼らは私と同じ思いがあるんだなととても嬉しく感じました。

僧侶たちはお寺の中に入っていても尊い一つの存在として見てくれていました。
ブータンに限らず仏教国のタイでしたか?? 東南アジアの寺院、そこでも同様でした。
まさに、素晴らしい、の一言でした。

神さま仏様に帰依されていらっしゃる方々である神職僧侶、牧師に限らず
人間は皆、生きとし生けるものに対して慈愛の心を持っていると思いたいですね。
いつの日か、生きとし生ける全てのものが共存共栄ができる幸せな世になる事を日々、願いつつ大神様に向かう私です。

さあ、いよいよ春、三月です。
冬から目覚めた大自然のエネルギーを感じて元気にまいりしょう!!




平成三十年二月十五日 光明稲荷 月次祭


修正01_convert_20180215083348

本日は平成三十年二月十五日 光明稲荷 月次祭です。
今朝は風が少しあり曇りがちではあるものの暖かな朝となりました。
我が家の愛猫達も春の陽気に誘われて早朝からお出掛けしていました。

本日もささやかではございますが無事に御祭り、執り行わさせて戴きました。
こうして、何事もなく家族そろって御祭りさせて戴けること。
大神様に改めて感謝です。
先日も御相談者の方のセッションで「運がいいんですよね~。いつも人や動物達に助けられるんです。本当に有難いですよ」と仰られておりました。

世間一般に不運、不幸、災難と呼ばれる事に遭遇してしまったとしても大事に至らず何とか窮地を脱し前進できる事。 その嵐の真っただ中の時は「何で!?私ばかりがこんな目に!!何も悪いことをしていないのに・・・」と。
けれども後で振り返ってみると自身の未熟さ、無知さに反省したり。。。
色んな体験の中で心身共に改めて一歩、前進できたことを心から感謝できる、
そんな体験、皆様も多かれ少なかれあられる事と思います。

この世に生きる事。それは大変です。楽しい事より辛く哀しき事の方が多いかもしれません。とても一言では言い切れません。
けれど。。。その修行の世ともいうべきこの世に生きていかねばならない私達。
一心に真摯に己の道、随神の道を進む中に有難くも全く暗闇の中を突き進むのではなく、光を照らし道標をお示しくださる見えない尊く廣い力に守られているのだと。
この一言に尽きます。
話は長くなりましたが、・・・・
本日も改めて無事に御祭りさせて戴けたことを大神様に心から感謝しております。
誠にありがたき事です。

さあ、皆様も大神様の御守護の元、元気にまいりましょう!!
頑張って正直に進む道には光は必ず見えてまいりましょう。




平成三十年二月七日 光明稲荷 初午祭

修正01_convert_20180207110416


本日は平成三十年二月七日 光明稲荷 初午祭、執り行わさせて戴きました。
ささやかながら、大神様のお目出度い日の御祝をさせて戴きました。

皆様からご奉納の品々、賜りました。誠にありがとうございます。
有限会社 ナチュラルスィートカンパニーポワポワ 袖山様より御奉献酒、ご奉納米
和田様よりご奉納酒、
W様より伏見稲荷大社 しるしの杉

初午の日、と申しますのは、和銅4年2月の初午の日に稲荷大神様が稲荷山の三ヶ峰に初めてご鎮座になった日です。
その有難くも素晴らしい日をしのびまして稲荷大神様の広大無辺なるご神威を仰ぎ奉るお祭をさせて戴く日です。
伏見稲荷大社では、2日前の辰の日に稲荷山の杉と椎の枝で作った“青山飾り”といわれる飾りをご本殿以下摂末社に飾りましてこの目出度い「初午の日」を迎える習わしがあります。前日の巳の日から、ご社頭は参詣者で埋まり、京洛初春第一の祭事とされています。
また社頭で参拝者に授与されている「しるしの杉」は商売繁盛・家内安全の御符(しるし)として、古くから拝受する風習があります。
この度も皆さまから有難くもご奉納戴きました。

又、初午の時期、二月に参拝することを「初午詣」と言われております。
これは、福詣とも呼ばれています。二月の初午の日に稲荷山へ(当社の境内一円を、人々は山と云っています)お参りすることをいいます。
その昔、都の巽(東南)にお鎮まりの稲荷大神様は人々に福を授ける神様であると信じられていた上、お稲荷様の力強い「おかげ」が発揮されたことにより「福参り」が定着していったと言われております。(伏見稲荷大社HPより一部内容を参考にさせて戴きました。)

さあ、いよいよ初午の日を迎え、皆様にとられても梅の花が香る日、嬉しい春はもうすぐです。
春に向かってまっしぐら!!ですね。


○○邸水神遷座祭「我を置き去りにしないで~?」


先日、一月十八日(水)午後一時に水神様の遷座ノ儀を執り行いました。ご依頼者様S様(以下S様)とは「霊狐の遷座」「お稲荷様の奉鎮祭」「宅神清祓い」又、「伏見稲荷大社合同参拝」にも毎回参加して戴きました。昨年記憶に新しい「枝垂桜樹木伐採ノ儀」をさせて戴きS様とみどり先生との記念写真です。
01キャプチャ_convert_20180202113029

そののち枝垂桜は細かく伐採をされS様のご希望で枝垂桜の木をテーブルに加工し新たにご家族との繋がりの形となり生活の中に溶け込む事と為りました。又、枝垂桜の苗木をみどり先生の植木屋さんにお願いをし冷凍保存ののち無事、苗木が着き7本の命が新しく生まれ変わりました。すばらしい!!
02キャプチャ_convert_20180202113048
03キャプチャ_convert_20180202113101

その時の「枝垂桜伐採ノ儀」レポートが有りますので宜しければ読まれて戴きたいと思います。
下記をクリック若しくはタップして戴きますとレポートを読む事が出来ますのでよろしくお願い致します。

「樹木伐採の儀」
⇒  http://anitanchuchu.blog.fc2.com/blog-entry-378.html

この度の水神様は枝垂桜と共に広い土地の場所に有りました水神様です。枝垂桜は伐採という形になりましたが水神様のお気持ちをみどり先生がお聞きし「我もその地に参る。」とのご希望で新しい新居の庭に水神様の神祠(ほこら)をお造りし庭の中に鎮座して戴く事としました。

04キャプチャ

その時の模様です。

S様は大変に「神様が好き」というよりぺ・ヨンジュンさんのセリフではないですが「サランへ・愛してます。」の方です。又、ご先祖供養もしっかりとされイナリダイジも感心してる次第です。

当日2日前に関東は寒波襲来で雪が降り「水神様遷座祭」の神事が心配でしたが当日は雪も大分取り除かれS様のご自宅までは問題も無く到着、神祠の位置を確認固定決めまして早々に神具等運び御神饌の用意をしおめでたいことです真鯛もしっかりと御神饌にお供えさせて頂きました。
06キャプチャ_convert_20180202113152

実際の真鯛の奉納のお写真です、「生きてるが如く」のよう飛び跳ね勢いが有ります、
イナリダイジ的に上手く出来ました。ウレピー!!
07キャプチャ_convert_20180202113207

みどり先生も狩衣にお着替えをし神事執行です。S様ご出席の中、典儀より式次第が
読み上げられます。

その前に・・・?
今回は神祠も小さく神祠の位置が低い事も有り失礼の無い座礼による神事となりました。
神職の方々が普通に座礼をされていますが、これ結構大変なのです。
イナリダイジもみどり先生の大先生である宮司主催のセミナーを見学でお供をさせて戴き、
聞いたり見たり実技もさせて戴きました。イナリダイジも実践しましたが結構辛く大変でした。(涙)
話は神事執行に戻ります。
「神前拝礼」から始まり神事の方、先に進まれていきます。神祠は小さな神祠ですが
何か堂々としている感じが致します。髙野みどり先生も祝詞奏上を心染みわたる
コトダマを読み上げ祝詞奏上終了。この度の「遷座の儀」の大役、そのお役目をしっかりと
果たさせて戴き神事が滞りなく無事に終了しました。

最後に髙野みどり先生から水神様のお言葉をお聞きしS様にその旨お伝えを水神様から
「この度の遷座の儀、誠に嬉しく思う。」との事、S様も大変に喜ばれました。

直会ではS様の音頭で「乾杯」をさせて戴き、とても良い神事と良かったです。
ありがとう御座います。
08キャプチャ_convert_20180202113222

09キャプチャ_convert_20180202113236

10キャプチャ_convert_20180202113252

11キャプチャ_convert_20180202113308

神事終了、早々に神具の撤収です。全てを運び終えS様から心温まる
おもてなしを戴きました。
12キャプチャ_convert_20180202113323

お食事をしながらのS様とお話しが尽きませんがそろそろお暇のお時間です。
S様のご自宅に御奉斎されておられます「桜兜(おうとう)稲荷大神」にご挨拶、又、お隣の神棚に御奉斎されておられます「天照皇大神」「氏神様」、にご挨拶を申し上げ 「此度(こたび)、水神遷座祭無事にお役目の方、果たさせて戴きました。」事、ご報告をし、みどり先生イナリダイジは
S様に迎えられ伊東の自宅に帰りました。

到着後、光明稲荷大神様にご報告と共にご挨拶を申し上げ、「この度の神事無事に終了
させて戴きました。」事をご報告。本日は最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。
13キャプチャ_convert_20180202113343




































平成三十年二月一日 光明稲荷 月次祭


修正01_convert_20180201105708

本日は平成三十年二月一日 光明稲荷 月次祭です。
薄曇りの朝、寒い中にも春を予感させる沈丁花の蕾が膨らんでいました。

本日もささやかながら御神饌をあげさせて戴きました。
色んな事があった平成二十九年。
その年が明けて、いよいよ、新しい年の二月・・・。
これからが本当に新しい年が流れ始めます。

世界中で落ち着かない危険な日々、心配は尽きません。
先日、アメリカに住む友人がトランプ政権になって永住権や出入国、
益々、厳しくなっているとの事。
人種差別は今に始まった事ではないけれど、
益々、露呈して来ている様です。

動物達にとってもこの世を生きる事は勿論、幸せで楽しい事もあります。優しい人に巡り会って充実した楽しい日々を送る事も出来ます。
が、大変、厳しく辛い事も、それぞれによってはあるのです。

私がセッションさせて戴く動物達の話を聞く中で本当にこの世を生きていく事の過酷さを、彼らの生きる信じられない世界があると言う事を、まざまざと知らされました。
人との関わりを持たされ生まれた子達が悲惨で困難な状況に落とされる、そんなことが沢山あるのです。
自身の生き方を選ぶことが許されず人間に強いられた世界の中で生きねばならない事。
哀しいかな、全ては人が作りだした世界です…。
これは動物達に限らず人の世界でも同じです。

世界中の生きとし生けるもの全てが手を取り合い、手を差し伸べられる世の中。
人種、宗教を越えて受け入れられる。
優しい慈愛の心を以て生活できる日が一日も早く訪れます様に・・・。
非力な私ではありますが、少しでもお役に立てる事が出来ればと
日々、思います。

さあ、いよいよ二月です。
春はそこまで来ています。
皆様にとられましても素晴らしき春となります様に。



sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
855位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
201位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR