FC2ブログ

野狐の御魂返し

6月は「風孤」の遷座を無事終了休む間もなく、次の依頼主様から電話のご相談。「長男が原因不明の高熱になり病院に連れて検査を受けてもわからないという事で今、41度あり熱が下がらず薬も効かない。どうしたらよいか」との内容のお電話を頂きました。
霊視をさせて戴くと共に大神様にお聞き致しました処、「野狐である三体居る。」とのお言葉。野狐御魂返しの神事の様々な準備を開始、祝詞作成し書き上げました。

朝の神事の際、大神様から「潔斎をせよ」のお言葉を戴きました。
「肉魚は絶たないと駄目なのかな?」とまだまだ未熟者、凡人(ボント)の私は大神様に勇気を持って「魚はダメでしょうか?」とお聞きしました。神様はほんの少し微笑まれてから「魚は良いが肉はならぬ」と仰いました。「良かった、魚は食べさせて頂けるとホッとしました。「まだまだであるな、まっ仕方ない」と神様は笑われた事でしょう。

さて、そうしている間にも野狐は私のまわりを伺うかのように見に来ていました。
朝の神事の際、大神様から「邪気が居るから気を付けよ」とのお言葉、大神様との神事の様子を伺っているようでした。
私が大神様からのご神託を戴く際、その野狐は大神様になりすまし言葉を私に話しかけてくるのでした。しかし「う~ん?おかしいぞ」「そなたは大神様ではないな?」と問いただすと「ふっふっふぅ」と薄笑いを浮かべ立ち去りました。その後、大神様から「立ち位置をしっかりせよ」と言われ、それからは今まで以上に油断せず審神者をする事も度々となりました。

野狐の除霊御魂返しの準備を粛々と執り行う中、その間も野狐は私の周りを見、「お前に何ができる?」とせせら笑うが如く様子を一部始終見ているようでした。
私達の家族の一員のチビ達(猫)、キトちゃんも「家の中に変なのがいる」と私に言って来てました。「くるくる回ってるよ!沢山いる!」と我が家のアイドルキトちゃん。
どうやら彼女も「これは良いものではない」と感じた様です。動物は皆、人間よりも遥かにspiritualな力が強く、審神者もしっかりとできるのです。本当に頼もしいパートナーです。

野狐とキトちゃん01_convert_20140704140337


前回の「風孤」の時は夜半過ぎからの神事と除霊浄霊、遷座の儀でしたが今回の「野狐除霊御魂返し」は「夕暮れ4時頃に執り行いなさい」との大神様からのご神託でした。

神事当日、雨も無く曇り空で何の支障も無くご依頼主様の家に到着。
ご依頼主様の御自宅には伏見稲荷大社からお御魂分けをなされ立派な御神前、お社が祀られて居ります。まずは御社に御鎮座されていらっしゃる神様にご挨拶を致しました。
「よくぞ来てくれた。待っていた」と笑顔でのお言葉を神様より賜りました。
神様に感謝と共にお上げするご神饌の用意をし、野狐の御魂返し神事の準備をさせて戴いているその間もやはり野狐は私の一部始終を見、監視し相変わらずクルクル回りながら傍におりました。

「さぁ、始めましょう」と丹田に強く力を込め集中致します。
先ずはご参列されたご依頼主様家族の皆様の為のご祈願と清め祓いの儀を執り行いました。神事を滞りなく無事終了させて戴き、そしていよいよ、野狐と対話をする事となりました。

私が座るやいなや待っていたかのように私の周りを相変わらずクルクルと回りながら見ているというより、睨みつけている様で野狐も険しくなってきた様です。
私が「そこの野狐、何故にここの家に居る」と聞きますと、まさしく野狐らしく気分屋的な言葉が帰ってきました。「そこの野狐ここに居る事は許されぬぞ」と言いますと、野狐は「我らを野狐というな!我らはここから出ない」強い口調で言い返してきました。
私は「そこの者、名を申せ」と聞きますと「オンミョウ「トウミョウ」「チミョウだ」と三体の野狐の名前をそれぞれに申してきました。

私の身体には既に大神様の一部が入り、その御力をお借り致しまして逃げようとする野狐を掻き集めるかのような手法を何回となく致しました。
私は野狐に「逃げるでない」と大神様のみ力で引き寄せ一体二体三体と掻き集めて大神様は光の風呂敷のようなものを作りその野狐三体を中に入れ封じ込めました。
そして一瞬にして九州の英彦山に御魂返しを致す事が出来ました。

今回、ご依頼主様の家に居りました野狐「オンミョウ、トウミョウ、チミョウ」は性格的に曲がって居りました。今回に限らず野狐というモノは皆、一癖も二癖も三癖もある手ごわい邪霊です。人の心の隙間に入り込みその人、その家族、その家に入り込み悪さをします。気を付けて頂きたいと思います。「野狐の御魂返し」大神様のお力をお借りしまして無事、終了致しました。

英彦山に御魂を返しました「オンミョウ、トウミョウ、チミョウ」達、新たに御魂を磨く霊格を上げる修行をし、今後は大神様の眷属神として世の為、人の為、動物の為に成られる事を願うばかりでございます。

「さぁ、一日休んで、次なるは不成仏の怨霊化しました集団霊の除霊です。心身整え浄化して挑みましょう。大神様、いつもお守りくださいまして誠にありがとう御座います。」

※今回のブログ記事掲載につきましては、ご相談ご依頼主様からご承諾戴きまして掲載させて戴きました。この場をお借り致しましてご協力に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

※今回の「野狐除霊浄霊御魂返しの儀」秘技の為、お写真の掲載は遠慮させて戴きました。
代わりに私の可愛いキトちゃんが野狐を発見しましたイメージの絵を私の絵(あまり上手くありませんが?)と共に載せて頂きますのでよろしくお願いします。

古石、古木、池、祠などの障り

原因不明の病、家庭内の問題、家族の慢性疾患等など、皆様の中には悩まれていらっしゃる方も多いかと存じます。
遺伝性のもの?後天的なもの?でも、いくら治療方法を見つけようとしても原因不明。
全く分からない事もあります。

先日も、こんなご相談がありました。
「ある時からひどい頭痛がして中々、治らない。もう二、三年の間、何年も名医と言われる医師に診て戴いたり、あらゆる検査をして診て戴いたけれど原因不明、一向に改善しない」というご相談の方がおみえになられました。
この方は長年続くひどい頭痛でこのご相談にいらした時も眼が半分位しかあかない状態で眉間に皺を寄せている様な状態でとてもお辛いことが手に取る様に分かりました。
痛みを軽減させて戴くヒーリングは勿論ですが、まずは神様にご神託戴き原因を突き止める事であると早速、神様にお聞き致しました。

060_convert_20140423205244.jpg


すると「石を動かしたであろう」との事。
「石??」早速、御相談者にお伝えしました。
しかし、御相談者の方にはどうも覚えがない。石と言えば、最近、何回か土砂崩れがあり土砂、石も確かにあったけれど石を動かしたというよりもどちらかというと砂や土・・・。
「神様は大きな巨石、と申しておりましたので、それは違うかと・・・」と私。

御相談者の方は暫く記憶を辿られていらっしゃいました。
すると突然、「あっ!!思い出しました。石、動かしました。大きな石。自宅の家の後ろにある崖から大きな岩が顔を覗かせて今にも落ちてきそうだったので業者に取り除けて貰ったんです。他にも大きな古木があったのでそれも除けてもらいました」

「それは、ご本人が業者にご依頼されたのでしょうか?」
「はい。私が致しました」
「それです!!」
石を除けた時にはご家族の方が塩とお酒を撒いたとの事でした。
石も木もかなり古いものだったようです。
今は、家と庭があり道路を隔ててその崖があるのですが、昔はご先祖様の家の敷地だった事が後で調べて分かったとの事。けれども、その昔、その土地がどのようなものだったのか、どのように使われていらしたのか、石がどの場所にあったのか、全く分からないとの事でした。
原因は突き止める事が出来ました。ですが頭痛の最終的な改善はこれからです。まずはハンドヒーリングで今の痛みを軽減して差し上げなくてはとエネルギーを送りました。
段々と顔の色が赤らみ始め、眼がいらした時よりも一回り大きく開きました。
「段々と眼が開かれましたね」
「ええ、物凄く分かります」と「痛みも楽になってきました」
セッションが終わり帰られる時にはすっきりとした表情でとてもお顔が輝いていらっしゃいました。帰られてから祀られていらっしゃる屋敷神様に深くお詫びをされる事、そして今まで御守護いだいた感謝と共に石の靈鎮めをお願いされてご家族で精魂込めて陳謝なさるようにと出来る限りの事を伝授させて戴きました。
まさか、石が原因だったとは・・・しかし、たかが石、されど石、なのです。

043_convert_20140423204610.jpg


この様な石の事以外にも池、古い樹木、井戸などのことが原因となって霊的な障りがある事が多くあり、私の処にも様々なご相談がございます。
以前に建てられていた家を取り壊し整地、分譲された土地をご購入されて新築で家を建てられる方から土地に合った古井戸の清め祓いをご依頼され神事に向かいました。

私は神事を始める前には直ぐに祭壇を設置して神事の準備、そして神事、と言う事を決して致しません。まずは必ずその場に立ち土地全体の霊視をさせて戴き問題が無ければ祭壇を組む場所を決めていき神事の準備を開始します。何故なら神事には目に見えない事、霊的な事が最も大切だからです。ですので、まずは神事には何が必要かを観るのです。

勿論、神事を執り行う前にどのような土地なのかという事で写真鑑定の霊視をご依頼される方もいらっしゃいます。これならば何をすることが必要かが事前に分かりますので本当に安心です。けれども、「そこまでする必要はないんじゃないのか?」と神事を形だけのもの、世間一般がやっているからとイベントの様なものとして捉える方も多くいらっしゃいます。
しかし、私は神事を執り行う以上は霊的な障りがあり今後も禍として影響が出てしまうだろう事を見て見ぬふりをして形だけの神事する事は出来ません。
将来的に禍が起こる可能性が多々あるのならば起こらない様に鎮めなくては神事をする意味がありません。この様に事前の霊視が出来なかった、霊的障りがあった場合にも最善を尽くす事が本当の神事であると私は思っております。

017_convert_20140423204853.jpg


さて話を戻しまして、実はこのご依頼された古井戸は勿論のこと、敷地内には古井戸よりももっと大きな霊的な障りのある穴の様なものがあったのです。
現場にいらした不動産業者にその穴の事を伺いましたら「後で他にも井戸の様な穴がある事が分かったんですがかなり古いものらしくて…」と困ったご様子でした。
もしも、このままこれを鎮める事をせず、他の場所の井戸清め祓いのみの神事にしてしまえば間違いなく土地の障りが後々、出て来る事でしょう。
勿論このご依頼者の神事ではこの穴を含めて土地全てを鎮め、清め祓いをさせて戴き、
ご家族家居のご無事と弥栄されていかれる様、神様に御祈願させて戴きました。

今までこの様に様々なご相談を戴きましたが、特に自然なもの、土地、石、池、祠などそれらを設置される場所、日時、方位などは勿論のことはしっかりと観る事が大切です。
又、土地の神様に断りなしに掘ったり埋めたりすることも決してなさらない事です。
もしも何かおかしい事、病気や仕事、家庭内での不運が続くなど、現世的、医学的等、人知の域では原因が思い当らない場合には霊的な障りがあるかもしれないという事も考慮し何か気づいた事があった場合には決してそれを無視してはなりません。

自分達が買って住む土地なのだから、何をしようと構わないじゃないのか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。けれども、その土地は人間だけの土地、ましてや貴方だけのもの、現世の方だけの土地では無いのです。時の流れ、長い年月は今の世に繋がって続いていて思いや念は決して消える事無く滞る事ではないのです。

眼に見えないもの、言葉を発しないもの、話せないもの、と言って何事も侮るべからず、ですね。




スピリチュアルと医学、両面から観る大切さ

私は神職、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラー、として皆様、そして家族の一員である動物達のお悩みなどを解決させて戴くお役を戴いております。

042cc_convert_20130922114055.jpg

いつも私が神事、除霊浄霊等、人や動物達のセッションに於いて心に留め気を付けている事は神様の御力、御守護の元、「自分を中道に置く事」です。
スピリチュアルカウンセラー、神職だからと言っても全てを霊的な観点のみでは決して判断いたしません。これは当たり前のこと、なのかもしれません。
けれども、人は時として自分自身の体験経験から判断、価値観、思い込みなどで気付かぬうちに自分の思い通り、都合よく好きな方に偏った見方をしてしまう事があるのです。

スピリチュアル的な面だけ、又は医学的な面だけと言う様にどちら側だけが原因、と判断する様な偏った見方は決して良い結果を得られませんし、時には危険な事、取り返しのつかない事にもなり兼ねないのではないかと思うのです。
ですから、私は「中道」。
この事をいつも心に置き生業をさせて戴いております。

しっかりと身体内部を霊視させて戴き何が原因か突きとめて行き、どちらの面に於いてより比重があるのか、どちらかに原因があるのか等、何が根本原因なのか突きとめ、最善なる改善策を見つける事こそが大切だと思っています。

018_convert_20130922113207.jpg

人のセッションの御相談では皆様から「原因が分からない症状」について、特に心の病といわれる事等で御相談を受ける事が多々あります。
御相談される御本人はどれが理由であれ一刻も早く改善策を見出し楽になりたいと思われていらっしゃる事でしょう。
症状として幻覚幻聴、激しい喜怒哀楽、対人恐怖、拒食、過食、アルコール依存、閉所恐怖、自殺願望、殺傷願望等など一般的には精神的な疾患として捉えている症状です。

これ等症状の原因を「病気」とするのか、霊的つまり霊体の憑依による「霊障」と捉えるのか、「他者から受けたネガティブエネルギーに依るものなのか」、ご本人の「前世や現世でのトラウマ」、はたまた、「御本人の思い込み」とするのか。どう判断したらよいのか、御本人にとられてもとても難しい事だと思います。

また、ワンちゃん猫ちゃん達の様々な疾患の原因を探る時。
何が原因?とした時に「周りの人や家族のネガティブエネルギーを受けている」又は「何かに憑依されている」等、この様に外的からのスピリチュアル的な波動を受けたという事だけが原因と決めつける事はできません。
確かに置かれた環境が心地良くないものであればストレスとなりそれが疾患の引き金にはなる事もあります。けれども、それだけが根本原因と言う事ではないのです。
元々ある遺伝的な要因がある場合や様々な生活習慣、食生活など後天的に加えられた要因に依って元々、弱い部分にストレスが掛かってしまった結果、疾患となってしまったと言う事もあるのです。
喩え同じ症状、疾患だったとしてもそれぞれの方、動物たちによって原因理由が違う、と言う事なのです。一般論も確かにありますし目安になりますがそれが全てではないと言う事を私の体験からお話しする事が出来るのです。

025c_convert_20130922113434.jpg

これらの事で大事な事は、改善を焦って無理に近道をしない事。
自分では解決できない事に遭遇してしまった時には、結論を急ぐ事に対して決して無理をしない事です。
ご自身だけで判断するのではなく、偏見なく霊的、科学的の両面から判断出来る専門家、信頼出来る方に御依頼され適切なアドバイスを仰ぐ事が大変、肝要かと思われます。

焦って近道をすれば、必ず副作用で心身に様々な痛み等が出て来る事になり、かえって遠回りとなってしまいかねません。
後で振り返ってみると遠回りの様に感じても結果、近道であったと思われる事でしょう。
「セッションは一回で完結したい!!」「一回やったから、もう大丈夫」「そんなにまだ長く掛かるの?」等など・・・。お気持ちは分かります。
確かに一回で済む場合も勿論あります。が、そうではない事が多い、と言うよりも「セッションを受けた時からが始まり。スタートラインに立った」とお考えになられた方が良いと思います。これから御自身を新しく構築、あるいは本来の姿に戻っていくプロセスの始まりなのだと。そして根気よくご自身と付き合って行かれる事だと思います。

霊的な事、又は医学的な事が原因であれ、原因を突き止める為の冷静な眼を持つ事、
そしてどちらも改善にはじっくりと時間を掛けて心と身体の両方の患部を癒して行き、
確実に改善させていく事が大切であると思います。

時空を超えて存在する魂って不思議…

私は神様から尊い神通力と透視力、心眼を授かったお陰で、亡くなった方や動物たちとも生きている方や動物達と全く変わらない様な会話をさせて戴けるというお役をさせて戴いております。
024_convert_20120921195311.jpg

最近、ハッと思った事がありました。
とある友人が何気に話しくれた事でした。
「どうして肉体が無くなったのに、つまり、脳がない状態なのに会話が出来て、亡くなった方や動物達の思いが分かったり出来るのだろう。特に水が飲みたい、とか、何が食べたい、何処に行きたい、誰かに逢いたいという欲求が起こっていて五感があるんだよね。 てことは?? 脳が無くても感じたりする事が出来るってこと??? う~ん・・・」

確かにそうなんです。
霊体でも感じたりする事、思いがしっかりとあるのです。生きている時と同じ様に…。
そして、亡くなった時点での過ぎ去った記憶、だったとしても記憶として存在しているのです。
つまりは生きている時に脳がしていた事を同じ様に出来ているという事なんですね。
脳は既に無くなっているのに時空を超えてオンタイムで会話が出来ること。

084_convert_20120921195922.jpg


私も様々な不思議な体験をしていますがその霊体験の中の一つをお話ししましょう。
若かりし頃、祖父が亡くなり葬儀の準備をしている時の事。
その当時は葬儀専用ホール等で葬儀などと言う事はよっぽど特別な方以外はせず、殆どが御自宅で葬儀をしている時代。
私達の家も田舎ですので祖父の時もご先祖様達と同様に自宅で葬儀をする事になって準備をしておりました。
いつも使わない様な照明などで大きな電圧が必要となり電源を離れから取ることになって親族が慣れない作業をしていました。

すると・・・いきなり祖父が私の見ている前にいつもの寝巻き姿で(浴衣姿)腰に手を当てて仁王立ちして現れました。
そして、現場監督だった祖父は生きている時と全く同じ様に皆にあれこれと偉そうに(笑)指示していました。

私はあまりに突然のことでびっくり!!
まさにこの世の空間に亡くなった祖父がそのまま存在し、生きている人間に向かって話をしているのです。
時空の違う存在が同じ時間に存在していました。
もちろん、身体はやや透けていましたし、もちろん親戚の人達には祖父の声は聞こえなかったのですが。
祖父はそんな事は気にせずに皆にあれこれと笑いながら指示していました。
そして、ひとしきり話すと私の方を振り返り、目の前を通り過ぎて行こうとしました。

私は慌てて「おじいちゃん!!」と叫びました。
周りは私に気付き、びっくりした様な表情で変な事を言うな!と言う様な表情で私を見ました。
そりゃそうですよね、祖父は亡くなっているんですから・・・。
祖父はにっこりとしてスーッと陰干ししてある祖父の浴衣の方に消えて行きました。

この蔭干しした浴衣というのは亡くなった人が迷わないようにするこの地方の弔いの方法の一つです。
浴衣のすそを少し湿らせて陰干ししてつるしておくのです。
祖父はその浴衣の方向に消えて行きました。
この時の体験は私にとってとても貴重なものとなりました。
この世は表裏一体であると、この時、身を持って学び、そして昔からの弔いの方う穂と言うことは決して迷信では無く意味のある事だったのだということを知りました。

004_convert_20120921200133.jpg

私も今回の友人の何気ない発言で自分がさせて戴いているセッションで起こっている事。
肉体、脳が無いのに起こる不思議な事。時空を超えた不思議な力を改めて感じました。人は固体ではなく、エネルギー体だからという説はもちろん知っていますが、
改めて思うに、これは言葉で言うのは簡単ですが、ものすごい事です!!(@o@;)
この様な事は今まで考えた事が無かったのですが。
そして、まだ今はこの不思議をどうやって証明すればいいのか分からない私です…
(^ ^;)

根本原因を突き止めると・・・遺伝、心的、憑依、カルマなどなど

スピリチュアルカウンセリングなどで精神的な事に関して健康を害されていらっしゃる、鬱、精神分裂、二重人格、自閉症の症状などのご相談が多くなってきました。
恐らく季節は関係ないとは思いますが、六月、十二月の大祓祭付近、お盆お彼岸の前後などには特に多くなりがちです。

まず、精神疾患として現れる事の原因を突き止めると主に二通りの原因があります。
一つは、遺伝子の異常などでの先天的に生まれつき持っていた事が原因の場合やご自身の心身がストレスが重なり環境等に適応できなくなってしまった等の後天的な原因の場合があります。

もう一つは霊障と言われる憑依現象の場合です。
この場合、軽い場合の憑依と重篤な憑依のケースがあります。
たまたま憑いた浮遊霊の仕業、土地や家、部屋に憑いている地縛霊、怨霊となった集団霊、先祖代々の因縁霊、恨みの霊、生霊など軽いものから重いものまであります。ご本人とは全く縁もゆかりもない霊が憑く事も場合によってはありますのでたまりませんね。
これら様々な原因があるので霊視し何が根本原因なのかを突き止めて行き憑いている魂を浄霊をして逝くべき所に送り本当の意味で幸せになるように導いていきます。そうする事でご本人の霊障は治まってまいります。

007_convert_20120704225849.jpg


また、不遇な事、縁に恵まれない、結婚できない、仕事がうまく行かない、病気や事故に遭うなどなど・・・不幸が重なってしまうと何故、自分ばかりがこんな目に・・・と誰しも思いますし、「これは自分のせいではない。きっと霊障に違いない」と思ったりしても決して不思議ではありませんね。
このような問題等の根本原因は何なのでしょうか。
霊的な事が原因である場合と、その他に考えられるのがご本人のカルマ(業)だったりする事もあります。
不遇な人生である事を「もしかしたら何か憑いてるかも」「自分は決して悪くないのに」とは一概に言えないのです。

この世に生まれ出でるものは、必ずやるべき課題を背負って生まれて来ます。人それぞれに違った人生となるのはそのせいなのです。
カルマを背負っているからと言ってネガティブになる必要はありません。
貴方だけではなく皆それぞれの器に応じたものを背負っているのですから。
その他の原因の一つである「カルマ」。
どうせらねばならない課題ならば、ご自身の人生に於いて今までよりも楽に早いペースでそのカルマを乗り越えて行けるようにしたいですよね。
どうせ逃げても先送りにしても、結局やらなくてはならない課題ですから出来るだけ早く楽な心身で乗り越えたいです。

では、強靭な心身でたくましく乗り切っていくにはどうすればよいのでしょうか?
私はチャクラ調整をする事をお勧めしています。
このチャクラ調整をする事によってご自身の軸を整えながら力強く乗り切って行ける心身の状態を作っていけるのです。
浄化の速度を速めて行く事ができ、今までは混沌として八方ふさがりであったとしても次第にご自身の元来持っている自然治癒力とパワーがアップして行きご自身が出すポジティブなエネルギーにより必要なポジティブエネルギーの場を作り出して行く事が可能になります。
そしていつの間にか、気付くと少しずつ改善して行く事が出来るのです。

自分自身がしっかりと降りかかってくる事に耐えられる強靭な心身を作り心身のバランスを整えて地に足が着いた状態でいつもいられるようにすること。
いつも心身をニュートラルな状態にする事がとても重要なのです。

蜀咏悄a+006_convert_20120704230204


そして、とても大事な事はチャクラ調整などして改善し正常な状態になったらはい、終了!! ではないのです。
此処からが新たな始まり、本当の意味でのスタートなのです。
喉元過ぎれば。。。で忘れてしまったら元の子もありません。
ご神仏さまの力強いご守護が戴けるように日々、感謝する心を持つ事、
精神を清浄に保つ事、ご自身のプロテクトの強化をして行く事、見えない力のサポートを戴ける事であると思います。
生きていると本当に楽しい事よりも辛い事の方が多い様な気がする事もあります。でも、どうせ同じ生きるならばいつも元気でパワフルに笑って過ごしたいですよね。


sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
245位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR