宇迦之御魂大神様とはどのような神様なのか?

以前に私の守護神様であられる伏見稲荷大社の主祭神の「宇迦之御魂大神様」(うかのみたまのおおかみさま)はどんな神様なのか簡単にお話しさせて戴いた事がありました。
記事はこちらです。

※「宇迦之御魂之大神様ってどんな神様なの?」

今日は神様の由緒来歴等についてもう少しお話ししようと思います。

015_convert_20121127232148.jpg


「ウカノミタマ」の言葉については諸説ありまして、肥後和夫先生の伏見稲荷大社・朱十号に掲載された記事の中のお言葉を少し抜粋させて戴きますと
「比較的新しい時代に作られたようで発生した正確な年代は明らかではない。稲についての嗜好の中から発生し、それが強くイナリに結びついて出来た言葉であろう。
「イナリ」という言葉と「ウカノミタマ」と言う言葉には直接の場所や結びつきはないようで祭祀関係者の間で考えられた言葉では無く外の場所で考えられたものと思われる。神の世界の整理統合が行われていくうちにウカノミタマの観念があらわれたのではなかろうか」との記述がありました。
神様の御神名の成り立ちや経緯には本当に複雑怪奇で分からない事が多々ありますが「宇迦之御魂之大神様」の御名もどうもそのようですね。

また、古事記では「須佐之男命」と「神大市比姫(かむおおいちひめ)」との間に生まれた神様と記されており、この両神様の間には兄弟神として「大年神(おおとしのかみ)」という神様もおられます。この大年神様の「年」と言う字は「稲」を意味しており宇迦之御魂之大神様の「宇迦」も稲を中心とする食物を意味しているようです。
皆さまがよく御存じの天照大御神様と須佐之男命はご兄弟神ですので「天照大御神様」と「宇迦之御魂之大神様」とはとても近しい間柄と言えますね。(^ ^)

074_convert_20121127232349.jpg


けれども「日本書紀」では、ちょっと伝承が異なっているんです。また混乱してしまいますが。。。(x x;)
ある一書には「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」と「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」が飢えて気力の無い時に「倉稲魂命(うかのみたまのみこと)」を生んだという記述があります。御神名の「倉稲魂命(うかのみたまのみこと)」に「稲」の字が用いられている事からやはり稲を中心とする食物の神様だという事が分かります。
古代の日本人の農民達はそれぞれの家にホコラを作り、その中に稲の穂を積み重ねてご神体としてみなして祀っていたのではないかと言われており、つまり「倉」の字が用いられているのは稲を収めた倉に祀る神様を意味していると考えられます。
又、このご神名は別の一書には「宇介能美柁磨」と読むべき事が記されておりますので「宇迦之御魂之大神」とは同一神のようですね。

その他の記述として「古事記」では、「伊邪那岐命(いざなぎのみこと)」が「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」に高天原(たかまのはら)を統治する様に命じられた際に御頸珠(みくびたま)を授けました。
この御頸珠は「御倉板挙之神(みくらたなのかみ)」と言う御神名である事が記されています。この「御倉板挙之神(みくらたなのかみ)」も「倉」という字がありますので倉に祀られる稲魂(いなだま)であろうと考えられます。
つまり「宇迦之御魂之大神」と「御倉板挙之神(みくらたなのかみ)」は同一神であろうとする説もあります。

080_convert_20121127232532.jpg

又、「延喜式」祝詞の「大殿祭(おおとのほがい)」では家屋を意味する「屋船」の語が附された御神名で宮殿を構成している木材の神であります「屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)」そして、葺かれている稲藁の神であります「屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)」の神々に宮殿の平安を祈願しております。
この「屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)」には「是稲魂(これいなだま)なり。俗の詞(ことば)に「宇賀能美多麻(うかのみたま)」と注記がされており
つまりは「屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)」は「宇迦之御魂之大神」と同一であるということが記されています。
これ等の神様の御名は地鎮祭の時等に祝詞で読み上げておりますのでご存知の方も多いかと思います。この際には「命(みこと)」ではなく「神」の御名で祝詞を奏上いたします。
この「命」と「神」の違いについては又、別の機会にお話しさせて戴きます。

この様に稲を代表とした穀類の神様は「宇迦之御魂之大神様」以外にもとても多くいらっしゃいます。
食物を意味する「ウカ」や「ウケ」「ケ」という語を中核とする神名を持つ神には
「保食神(うけもちのかみ)」「大気都比売神(おおげつひめのかみ)」伊勢神宮の外宮の「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」「若宇加能売命(わかうかのめのみこと)」等があります。

この様に様々な見解や伝承がありますが、お話ししましたように「宇迦之御魂之大神様」は由緒正しき正神界の神様であられる事、日本人にとってとても大切な稲の神様であられる、つまりは五穀豊穣の神様なのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
145位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR