七月一日 御祭り

007_convert_20120701091658.jpg


七月一日、本日は御祭りです。
上半期が過ぎ、いよいよ後半ですね。
梅雨明けまでは日が少しありますが体調に気を付けて元気に参りましょう。

今日は言霊についてお話したいと思います。
以前にもブログで書いた事を改めて掲載させて戴きたいと思います。
と言いますのも、近頃、この「ことばによる暴力が私の周りで頻繁に起こっているからなのです。

言葉には魂が宿ります。
そして、この魂の宿っている言葉を投げかける事でどうなるか、想像された事はおありでしょうか・・・。
必ず、良い波動、悪い波動に関わらず影響が出るのです。


それでは「言霊」について少しお話させて戴きたいと思います・・・。

「言霊の大切さ」

「言霊」って、皆さまも多くの方が一度はお聞きになられた事があると思います。
サザンオールスターズの歌にも確かあったような??私は特にファンではないのですが(^o^;)
読み方は、「ことたま」と濁らずに澄んで発音したり、「ことだま」と読んだりします。濁って読むのは間違いではありませんが、神道では澄んで読む事が多いですね。

さて、「言霊」とは一体、何でしょうか?
日本古来から、言葉の中に宿るカミ、精霊、または言葉そのものが持つ神秘的なパワー、生命力の事、また、このようなパワーが宿ると信じられ日本文化の特徴の一つとする説があります。

神事で神々と向き合う時、この言霊の霊力を借りて、言葉の中に潜んでいる不思議な力によって人の心を動かしたり、モノ(物)やコト(事)の中に宿っている精霊、神に働きかけて自分達を取り巻く状況や起こっている現象を変えようとする精霊信仰の一環として捉えられたりする見方もあります。

また、本来は咒文(じゅもん)、咒詞のみが神の威力に裏付けられた権威を持っていたとされたりしていました。

言霊信仰が歴史的に自覚されたのは万葉の時代になってからとされる考え方もあるようです。
和歌の世界では「言葉が、あめつちをうごかす」ものという考え方が伝統となり国学者や神道家においても言霊は重要な観念となりました。

万葉の歌人、柿本人麻呂が、「敷島の日本(やまと)の国は言霊の佑ふ(さきはふ)国ぞま福(さき)くありこそ」と詠み、その一方で「葦原(あしはら)の水穂(みずほ)の国は神ながら言挙げ(ことあげ)せぬ国然れ(しかれ)ども言挙げぞわがする・・・」と一見して見ると相矛盾したようにみえるけれども、つまり、「日本は言霊によって栄える国だから、むやみやたらに言葉を発してはならない」、と言霊の大切さを言っているのですね。

諸説あってどれが正しい、とは断言はできませんが・・・
要は、「言葉」と言うものにはパワーがあると言う事は理解できます。
喜び、悲しみ、怒り、・・・様々な感情と共に発せられる言葉には見えないパワーが秘められているようです。

むやみやたらに人を傷つける言葉、愚弄する言葉、汚い言葉は聞いていても言っても後味が悪いものです。
できれば、気持ちの良い清流のような気分になる言葉を発したり、戴いたりしたいものです。
この素晴らしいポジティブな言葉の持つエネルギーは人を動かす事も出来るように思いませんか? 
もし、落ち込んだりした時、「よーし、大丈夫!! 出来るぞ!!」みたいな前向きな言葉にはポジティブなパワーがあります。凹んだ人を見た時、「皆がついてるよ、一人じゃないよ。元気出して!!」て言うと励まされますものね。

言葉がやたらと簡略化されメールの絵文字などが文字や文章の代わりに使われています。楽しくてそれはそれでよいのですが。。。
若い人たちの間で使われている日本語??のような日本語でない言葉が氾濫している昨今・・。
古き良き言霊…日本人の心…大切にしたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【七月一日 御祭り】

七月一日、本日は御祭りです。上半期が過ぎ、いよいよ後半ですね。梅雨明けまでは日が少しありますが体調に気を付けて元気に参りましょう。今日は言霊についてお話したいと思います...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
449位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR