私の浄霊、除霊

憑依ではないか・・・とのクライアント様からの依頼。
憑依で特に多いのは地縛霊の霊障です。
浮遊霊などの場合は通りすがりの霊が何となく悪戯に憑いた場合なので
そんなに不快感も無く、あれっ?という間で気付かない事もあります。

けれども地縛霊の場合にはちょっと違ってきます。
昔からその土地に憑いている場合、その土地には縁もゆかりもない霊が居つく場合など様々な場合がありますが、今回は縁もゆかりもない霊の場合、特に自殺の場合をお話ししたいと思います。

先日、ご自宅のマンションで連続して自殺があった後からどうも身体の感覚がおかしい、霊視して欲しい・・・とのご依頼でした。
お電話でお話しを伺っている最中、どうも背中がザワザワしていらっしゃるように感じたので、その方にお聞きすると、「まさにそのような感じです」との事。
早速、日程を調整してご自宅に伺うことにしました。

今、思えば、その日からです。
毎晩、気味の悪い夢を見るようになりました。
血がバ――ッと噴き出る、散らばる。
突然、海がとても暑くなって、ひえ上がり、どす黒い血の様な色になって・・・
必ず、血が飛び散るのです。
何とも気味の悪い夢。こんなような夢を毎晩見ました。
朝、いつも起きる間際に観るからタマリマセン(* *)
朝から、何か気味が悪くてテンション落ちる。
嫌だなぁ・・・しっかりとチャクラ浄化して調整しなくては!!等と思っていました。

そんなある日、お風呂に入っていると、知らない霊体がジッと佇んでいるのです。
「あ~、なるほど…。あなたね」
どうやら、その霊体も夢もクライアント様のマンションで自殺された方の仕業でした。
「もう少しで話をしに行くから心配しないで待っていてください。」
すると、すーっと消えて、気味の悪い夢もその日を境に全く見なくなりました。
私は霊体の影響で夢を観るような事は今までに無かった事でしたので初めての体験でした。ある意味、貴重な体験ですね・・・(^^;)

006_convert_20120309164942.jpg

さて、いよいよ浄霊、除霊にクライアント様のお宅に出向き、自殺現場を霊視に向かう日が来ました。
クライアント様に導かれ、自殺現場を確認しに行くと・・・
気配が後ろの領域に入っているようです。
分かりやすく言いますと、良く、パソコン上でデザインをされる方は良く分かると思いますが、絵の下にもう一つの絵が重なってレイヤ―になっている場合、それを一番前に出さない限り、一番下の絵は見えませんよね。
まさにそれと同じような状態だったのです。
ですから、本来は観える霊体なのですが、見えにくくなっていました。
これはどうやら、姿をくらましているようです。
まあ、いいでしょう、とご自宅に行き霊視を開始すると霊体が入ってくる方向が分かりました。私の傍に呼び、霊視を開始しました。

いろいろと話す上でどうやらこの方はもう一人を連れ込んだ様子。
でも、その連れ込んだ方とは縁もゆかりもないとの事。
恨みも特にない。引きずり込んだものの、相手とは相性が良くなかった…。
それで、私のクライアント様に憑いたのかな?
この人ならば同じような仕事なので自分の気持ちが分かってくれて友達になれそうだった、恨みはない。唯、羨ましいと思ったそう。
だから、こちらの世界に引きずり込もうとしたらしいのです。

では、そもそも何故、自殺したのでしょうか?
すると、この場所には元々、違う霊体がいて、自分も引きずり込まれたとの事。
もちろん、何の縁もゆかりもない。
ずっと霊視すると、かなり古い霊体で三体観えて来ました。
けれども、ずっと奥に引っ込んでいて中々、出てこないのです。
これは性質が悪そうです。
こういう、主犯格の霊体は中々、霊視しても出て来てくれないのが常。

更に観て行くとどうやら、このお宅の場所は霊道となっていて自殺現場に続いていました。
これを見れば次から次に入ってきやすい場所である事は一目瞭然。
もっと言えば、住んでいらっしゃる方が霊媒体質であればあるほど厄介です。

取りあえず、今回の浄霊はこの方に憑いた霊体を浄化して身体から外してご成仏させて上げることをさせて戴きました。

「それでは浄霊しますね。」と言うと、クライアントさんは「えっっ除霊はして下さらないんですか?」と言われる事がよくあります。
もちろん、霊体を外すこと、つまり除霊という処置は最終的にしますが
私は最初から決して巷で除霊と呼ばれている事のような強引に霊体を追い出して外すというはしません。
例えば・・・
もしも、怒っていたり思いを伝えようと必死になっている人を無理やり締め出したりしたらどうなるでしょう・・・。
返って逆上して、恨みが倍増してしまうでしょう。
それと同じ事が霊体にも起こってしまうのです。
なので、決して無理強いはしない、説得して浄化の道を取る様にする事を大切にしています。これが浄霊、そして最終的に霊体を生きている肉体から外すこと、除霊をすると言う事なるのです。

けれども、時としてそんな事も聞かない強情で性質の悪い、俗に言う怨霊の場合や既に人霊としての域を超えてしまった霊体の場合には、霊界に送る事無く、ご神仏さまに委ねて魂の消滅をお願いして処理して戴きます。
でないと、自分自身の命の保証がないからです。
まさに生きるか死ぬかの戦いとなってしまいます。

さて、話を戻しますが、今回の場合も霊体が複数の為、外部から入り込まない様に結界を張る事にしました。
自殺現場の元凶の霊体の事に関しては感じるだけで三体…いや、もっといるかもしれないからです。
そうなってくると料金的にも高額となってしまうので、とても、この方の手には負えなくなってしまう。
取りあえずの処置として、この方の住まいに入り込まない様にするしかないのです。

以前にやはり浄霊除霊に伺ったクライアント様でその方の部屋には少なくても20体、そのマンション中には100体以上もの霊体が集団となっていた時がありました。その時にも、その方の部屋の霊体のみの浄霊と除霊、結界を張らせて戴いたのです。
もしも、それでも全部を対処されたい場合はマンションに住んでいらっしゃる方でやる他はないのですが霊的な事に関しては様々な考え方もあって対処は難しい。
今回の様に出来る範囲の浄霊となることが多いのです。

054_convert_20120309165329.jpg

しかし、人の念と言うものは本当に怖いものだとつくづく思います。
いろいろな波動を感じ、その人の波長の隙間を縫って入りこみ
その人を操ってしまうのだから…。
疲れていたり、不安、悩みがあったりして心身のバランスを崩している時、特に注意が必要です。
ボーっとしているとかなり危険。
かと言って、いつもビリビリ緊張していなくてはならないという訳ではないのです。
とにかく、アップダウンはあっても、いつも前向きに明るい気持ちを忘れないこと。人を妬んだり、羨ましがったり、悪口を言ったりととにかくネガティブな波動は要注意、と言うことです。
それをしないだけでも、かなり憑依は防げます。

よく、憑依霊から「優しくて気持ちを分かって貰えると思った」との事を聞きます。
こんな事からも心優しく同情する人も注意が必要だと言う事が頷けるのです。
これは決して亡くなった可哀そうな人に冷たくして知らん顔する、というのではなく、可哀そうな状況に対して自分のエネルギーをそちらに移入し過ぎてはならないということなのです。
エネルギー的な同調は大変、危険なのです。
自分の立ち位置はしっかりと定めて、その哀しみの状況のエネルギーとの距離を置き、それ自体に入り込まない事なのです。
ちょっと分かりにくいかもしれないけれども。。。

そして、浄霊、除霊に挑む私はいつも命がけ。
「浄霊、除霊、料金が高いですねぇ」
「・・・」
理解されない事は時として悲しくなる事もあるけれども・・・。
明るく、元気に日々、過ごしたいものだけれど、殺伐としたこの現代社会…。
難しいですなぁ…。
004_convert_20120309165520.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 質問をさせていただいてもよろしいでしょうか

コメントありがとうございます。

神職になられる勉強をされていらっしゃるとのこと。
日々、精進努力で邁進していらっしゃるご様子が伺えます。
頑張ってくださいね。

さて、ご質問の内容ですが、ご質問の項目も多い事、そして一般的な内容ではなく、かなり専門的な内容の様ですので個人的にお答えさせて戴いた方がよろしいかと思いますので、
ここでのコメントは控えさせて戴きたいと思います。

できましたら、ご本人様のFC2ブログのIDもしくはお名前など明記くださいまして
直接、メッセージからご連絡戴ければと思います。
専門的なお答えとなり長い内容となるかと思います。
説明の誤解が生じない為にも、その方がきちんとご説明もできますし、よろしいかと存じます。

よろしくお願いいたします。


Re: No title

きいちさん、はじめまして。
遠距離除霊浄霊の御依頼とのこと。

出来ましたらきいちさんのお名前、ご連絡先などをご明記の上、御依頼の内容と共に私のHP
みどりの杜のお問い合わせメールからお送りくださいますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
232位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR