FC2ブログ

令和二年三月一日 光明稲荷大神 月次祭

01_convert_20200301105711.jpg


本日は令和二年三月一日、光明稲荷大神 月次祭 執り行わさせていただきました。
昨日からの雨はやみ、薄曇りの朝となりました。

色んな不安、怖れが渦巻く中、雨で様々な私たちを取り巻く
穢れ「気枯れ」を浄化してエネルギーを一生懸命に戻していただいているかの
ように、感じられた朝です。

この度のコロナウイルスの感染によりお亡くなりになられました方々の
ご冥福をお祈りさせていただくと共に
今、感染と闘っている方々を始め世界中の方々の平安が
一日も早く訪れますことをご祈念させていただきました。

本日の月次祭に皆様からの数々のご奉納の品を賜りました。
誠にありがとうございます。
皆様の弥栄をご祈念申し上げます。
藤井様
田中様
ナチュラルスィートカンパニーポワポワ代表 袖山様

皆様も本日は朝早くから月次祭のご神饌をお上げされて
にぎやかな朝となられましたことでしょう。

ご神饌。ごしんせん、とお読みいたしますが、簡単に申し上げますと
神様にお上げする神様のお召し上げる食べ物、の事でございます。
このご神饌のあげる順番というものが正式にはございます。

まずは、「お米」「お酒」・・・と続きます。というように一番最初に「お米」が来ます。
何故、お米が一番なのでしょう。

私たちが生きていくのに一番不可欠なのは? 「水」・・・なのに、なぜ、一番は「ぉ米」??
確かにお米は大事ですが、神饌とは神様に私どもが感謝と共にお上げする品物ですので、
やはり、最優先は「お米」となります。

でもなぜ??

皆様は「庭の稲穂の神勅(ゆにわのいなほのしんちょく)」という出来事を
ご存じでいらっしゃいますでしょうか。

これは、天照大御神が、孫の邇邇芸命(ににぎのみこと)に斎庭(ゆにわ)の稲穂を
お任せになられた、ご命令になられた、ことをいいます。
※斎庭(ゆにわ)とは、高天原にある、神々に捧げる神聖な田のことです。

天照大御神は、神道で最も尊いとされておられる太陽神であり、
神々の住まわれる天上界の高天原(たかまのはら)を治めておられる神です。

天照大御神は、日本を治めることを邇邇芸命に託しました。
その際に、天照大御神は邇邇芸命に稲穂を授け、それを地上で育てることをお任せになられたのです。

ということは・・・
今、農家の方々が田んぼで稲を作られていらっしゃるお仕事は、つまり、
「神様のお仕事」をしていらっしゃる、ということなのですね。

貴い神様のお仕事を神様の代わりにしていらっしゃるのです。
ですので、お米はとても尊いもの、なのです。
そして、神様の詔のとおり、一生懸命に育てたわわに実り、収穫した
素晴らしいお米を先ずは神様にご奉納させていただく。
喜んでいただけるように、とご神饌としては最優先の順となった、のではなかろうか、
と私的見解ではございますが思うのでございます。

そんな古代の時の流れ、いきさつを想像するとご神饌をあげつつ、ひとり
ワクワク、ドキドキ、感無量になったりしてしまいます。(笑)

そして、、、先月も色々とございました。今月も何も心配なことはない、とは言い切れない中、
ともかくも、今回のみ祭りも無事にこうして家族そろってご用意し
執り行わせていただくことができたこと、感謝でいっぱいとなりました。

皆様は、どんなお気持ちでご神饌をご用意され、お祭りをされましたでしょうか。。。

さあ、いよいよ三月です。
不安なこと、これから起こってしまうかも!?と考えていても始まりません。
大神様の元、必ずや、お導きがございましょう。
しっかりと、いつものように一歩一歩、元気に進んでまいりましょう。






関連記事
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
798位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
197位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR