FC2ブログ

平成三十一年二月二日 光明稲荷 初午祭

修正01_convert_20190202072143


本日は、平成三十一年二月二日 
光明稲荷 初午祭、執り行わさせて戴きました。
この度も崇敬者の皆様方から沢山のご奉納の品々、
また、お玉串料を賜りました。
誠にありがとうございます。
大神様に日々の感謝と共に皆々様の益々の弥栄を御祈念させて戴きました。


二月と言えば「初午」。
お稲荷様の御祭りの一つして、立春から初めての午の日に行う
特にお目出度い祭事があります。
それが「初午祭」です。
今年は二月二日。一日に執り行われる月次祭の次の日となります。
二月はお目出度い祭事が続きますね。^ ^

さて、南日義妙氏の著書「稲荷をたずねて」によりますと、
「初午の日の起こりは、稲荷大神が初めて伏見稲荷山の三つ峰に鎮座されたのが
和銅四年二月七日で初午の日に当たり、前日の宵宮が初巳の日となり。。。」
などなどと書かれております。
大神様が稲荷山に御鎮座されたとてもお目出度い日、という事なのです。

伏見稲荷大社では今年の初午大祭は本日、二月二日、午前八時より執り行われます。
また、この初午の日に詣でる事を「福詣」とも言われており、
この目出度い日に詣で、大神様の深く温かな御守護賜れます様にと
多くの参詣者がお詣りに行かれます。

お稲荷様をお祀りされていらっしゃる皆様は本日は誠にお目出度い日ですね。
心づくしのためつもの、御神饌をお上げして、
お忙しい平日の朝ではございますが暫しの時間、御家族で和やかに賑やかに
お過ごしになられた事と存じます。

よく皆様にお聞きされるのですが、大神様にお上げした御神饌類は全て戴いて召し上がられて下さい。
お塩、お水、お神酒は戴いても又、お清めにお使いになられる事も宜しいです。
兎に角も、尊き大神様のお下がりですから一日おいて置くとか、
次の御祭りまでそのままにしておくとか放って置く事はされずに
御祭りが終わりましたら直会(なおらい)として大事にお召し上がり戴き、
又、お使いになられてくださいませ。

さあ、初午祭も無事に執り行わさせて戴きました。
春はいよいよ、もう、すぐそこでしょうか・・・? ^_^






関連記事
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
245位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR