FC2ブログ

「貧乏神・・・?落ち武者!」 記事・イナリダイジ

イナリダイジです。 
今日の配信内容は「貧乏神・・・?落ち武者!」です。
皆さんは「貧乏神」って居ると思いますか?イナリダイジは人間が考えた偶像神だと思っていました。
みどり先生、イナリダイジ、現在の地に決まるまで富士市以外の地へあちこちと見てまいりました。 そうなんです。大神様から「富士の地、・・・である。」とのお言葉を戴きながらもあちらこちらと見に行きました場所は静岡県のとある場所です。
場所の方はココではお控えさせて戴きます。 宜しくお願い致します。

未だ伊東に住んでいる頃ですので伊東からの方向ですと西の方向となり良いかなと思ったのです。
大神様から「富士の地である。」とのお言葉、
みどり先生が「富士の地?どこでしょうか?」とお聞きします。
大神様のお答えは「・・・である。」とのお答え、
みどり先生、イナリダイジは物件をあちこちの見て一番最初に見つけたのが今住んでいますこの地の家なのです。

何故?直ぐにその物件に決めなかったのか?と思う方もいるかと思います。何故か?それはあまりにも荒れ果てていましたので、とても住めるような状態ではありませんでした。
もし住むとなると、この古家を取り壊し更地にしてから新しく家を建てる事となります。
浄化槽や下水等の設備も全いので一からやらなくてはならず、この土地を買っても家を建てるだけの予算が無い・・・と思った次第なのです。

02キャプチャ_convert_20180803181242


そんな事もあり一番最初に見つけた物件で有りましたが「無理!?」と思い、違う地を捜して居りました。 新たに候補に上がったこの地域は大変に物件も多く、自然豊富で私共、人間の目から見た感覚ですと、いいところなのでした。

この地域の中にとてもいい感じの物件が有り、あちこち見に行きました。
最初に見に行きました家はかなり奥まったところ、少々不便さは有ります。
でもとても良いところなのです。皆様に来て頂くのには厳しいかな?と思いました。
でも家の中を見させて戴きましたらリフォームされていてとてもキレイな家でみどり先生も気に入って居りました。

しかし・・・?なのです!

日本の戦国時代には色々な場所で戦が有りましたが戦に墜ちた武士たちは人知れず身を潜(ひそ)め見つからないよう何処かに移り静かに暮らしたようです。
今回、みどり先生イナリダイジが行きました辺りは、その様な地の一つであったようです。
日本全国、戦で色んなことがあった場所は数知れず。この地域も哀しい場所だったのか・・・と。
けれども、私共が物件を見に行った時に出逢った住まわれている方々はそんな悲しみの影もなくとても前向きで社交的な良い方々でした。

04キャプチャ_convert_20180803181256

ここでもう一回、しかし・・・!?、なのです!

物件を見た後にみどり先生に色々と異変が起こりました。

先ずは、この家に入り、中を見させて戴きました。
この物件は二階建ての物件です。一階から各部屋を見てみますとそこに住んでいただろう方が布団の中で静かに横になって居るでは有りませんか?みどり先生から「お年寄りの方がそこに横になられている?」とイナリダイジに小声で言ってきました。イナリダイジ、その場所、あちこち見ましても何も見えません、見えるのは畳だけでした。ガハガハガハ!

05キャプチャ_convert_20180803181314

そうなんですご臨終の映像がみどり先生の頭の中に入ってきたようです。このような奥まった土地場所ですので葬儀等は自分の家で行なわれた感じが有ります。 
その情景がみどり先生の中で感じられたようです。それはあまり問題では無かったのですが一番の問題が・・それはと言いますと?

先ほど言いましたが戦いに敗れ人知れず身を潜める武士達、生き残ったものも居りますが傷が深く息絶えた武士達も数知れぬこと思います。その無念の心を持ちつ亡くなられた方々がみどり先生がこの地に来られた事を感じられ「我を助けて戴きたい。」と言って来られたのです。

06キャプチャ_convert_20180803181324

それだけならば良いのですがその訴えに来られた武士が生前に切られた傷みを一緒にみどり先生に念を飛ばし来たのでした。どうやらその武士は首から鎖骨にかけ刀で切られそれが致命傷となり命を落としたようです。

みどり先生がその方を見てみますと未だ二十歳少々くらいの青年です。みどり先生の鎖骨あたりがとても痛み始めた時、不動産の方が来られ「どうでしょうか?」「そろそろお時間なので?」と言われみどり先生、イナリダイジは一旦、この家を離れ伊東に帰りました。

みどり先生も急がしく武士の事を考える暇なく神事の事、アニマル、カウンセリング、遠隔セッションと日々に追われて居りましたが鎖骨の痛みが日に日に傷みが増してくる感じが有り大神様にお伝え武士の念を切って戴くべくお願いをした次第です。
しかしここでもう一回、イヤもう二回目です。

07キャプチャ_convert_20180803181336

みどり先生の鎖骨の痛みは中々取れなかったのです。これ霊障残像と言いまして霊体に傷みの残像が残り体には傷がないのですが傷みは残ると言う厄介な現象です。私共は霊的なお仕事の関係上、色々な方を観(み)、時に除霊淨霊をする事が有ります。ご依頼された方によっては除霊淨霊をして戴いたあと、明日からスッキリクッキリと爽やかになれると思われ方も少なくないと思います。

08キャプチャ_convert_20180803181351

★これ在りえません!
09キャプチャ_convert_20180803181401

その方の体の中、霊体に入り込み、それも長い期間入ってその方の心や肉体に色々な影響を与え少しずつ変えたりします。それがのちに肉体的な病気になったりとします。霊に憑依され頭痛がひどく病院に行って検査を受けても何も異常が無いと検査報告が有りますがそういうことです。医学的科学的な検査では分からない部分があるのです。

10キャプチャ_convert_20180803181410

ですので除霊淨霊をされた後もその霊障残像が残りある程度の期間が過ぎませんと完璧に抜け切れないのが殆どです。


少々お話がずれてしまいましたがお話を元に戻します。

11キャプチャ_convert_20180803181420

結局、この地区の家はやめた次第です。 

いよいよ本題に入りますが次の家も静岡県西の方向で先に見に行った家は山の方でした。
今回の物件の家はもう少々手前です。
「まあまあの不便かな~」と思う感じです。 早々に行って物件を見に行く事にしました。 
周囲は小高い丘に囲まれ静かな地でした。

その物件に到着、不動産の方がもう既に待って居り、家の中を早々に拝見する事としました。
ドアーを開け、不動産の方が「失礼しま~す。」と言い世帯主の奥様に声がけをしドアーも開け中に入り、私共も「お邪魔します。」と声をかけ入る事にしました。


声がけの言葉に私共は何の返事も無く「違う場所に行って居ないのかな?」と思いきや!
玄関中すぐ右側の部屋、カーテンを閉め切りにし女性の後姿が見え返答するでもなく無言で洗濯物をたたんで居るのです。 イナリダイジは「なんだ奥さんが居るんだ!」と思うと同時にとても全体的な暗く良い感覚が有りませんでした。 みどり先生も当然、感じていたと思います。

12キャプチャ_convert_20180803181429

一階の各部屋を見て二階を見る事とし階段を上がり踊り場のところ左側の洋室に入りイナリダイジ、洋室から見える風景を見たりし窓からほんの少し富士山の頭が見え「みどり先生!富士山が見えますよ!」と少々喜んでいましたところ、みどり先生の方に顔を向けますと、

みどり先生が「そなた何ゆえにここに居る?」と言っているでは有りませんか?
イナリダイジ????です。周りを見ても何も見えません?
みどり先生、洋室角に一点に目を向け
「そなた、もしや?」と言いますと
その邪神は「わたしは世に言われます貧乏神です。」
みどり先生「そなた私共の邪魔立てをするようであったならばここで切る!」
(※ここでの切るは九字切を切る、つまり、除霊など時に使う術です。)

貧乏神「そのような事はしません。」「わたくしはここのご主人様についていくつもりで御座います。「わたくしを切らないで下さい。」

この物件、のちに不動産の方から教えて頂いたのですがこの世帯主のご主人様が傾きお仕事事業が上手く行かずに倒産となった倒産物件でした。 その為、割りと安価な物件だったのです。

みどり先生からの貧乏神の事をお聞きしその姿をお聞きしますと、それはやせ細り足はとても細く見るからにみすぼらしい姿だったそうです。身をまとっている服も服というより布を首の部分を切って穴を開けかぶったような服と言えるものではなかったそうです。全体的にみえた姿がねずみ色のようで色彩で首から上、顔がはっきりと見えなかったと言う事です。

13キャプチャ_convert_20180803181439

その貧乏神、世帯主のご主人様について廻るとの事、この先、この家の方はどうなることやら?
しかしあの奥さん、ホントに暗かったです。返事をするわけでもなく何を言っても話す事は無かったのです。因(ちなみ)に私共はあの物件は止めました。
が、2018年の夏頃、何気にその後、その物件がどうなったか気になりネットで検索して見ましたら・・・ あの家、売れていました。 少々心配です!!

あの物件、廻りが「小高い丘に囲まれています。」と書きましたが家に着きましてから大神様に物件のお話をお伝えした所、「四の大神様」がお出ましに戴きました。

14キャプチャ_convert_20180803181448

「四の大神様」から「みどりよ、あの丘の上、竹やぶに何か見えぬか?」との問いです。
みどり先生「はっ・・・?」
「四の大神様」「今一度、観て見なさい。」
みどり先生、イナリダイジがあの物件の場所を何枚か写真に収めて居り、幾枚かの写真の中、小高い丘の写真も有ります、それを見てみますと
みどり先生「あっ!」
「四の大神様」から「分かったであろう。」

そうなんです。何がそうなんですかって?
あの丘、武者が首を切られ、竹に刺しさらしてあったのでした。「五体くらいはあった。」とみどり先生が言っていました。しかも、他にも宙に飛んでいる生首があったとの事。。。

その光景を「四の大神様」はみどり先生にお伝えしていたのでした。 近所に住んでいる方々とお話もし、とても心優しい好い人たちでした。 
しかし、でも・・・ですね・・・、 
我が大神様をお祀りする場所ではないと確信しました。

15キャプチャ_convert_20180803181458

という訳で貧乏神はしっかりと存在する事、今回の物件捜しで体験した次第です。
皆さんも安い物件、何か暗い、倒産とかマイナー、ネガティブ的なモノにはひょっとしたら、そこに貧乏神が部屋の隅に膝を抱え、居るかも知れません!気を付けて下さい。

今回は「貧乏神と落ち武者。」の体験記でした。最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。次回、我が家の直ぐ傍に有ります「お不動さん」のお話しと我が家に野生の**が来ました。結構キョワイです。・・のお話をしたいと思います。最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。
(記事・イナリダイジ)

16キャプチャ_convert_20180803181508




























関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
113位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR