「この方が好きで傍にずっと・・・」

今回のご依頼者であるお嬢様のお母様に憑いてしまいました男性の御霊様の淨霊の御役をさせて戴きました。

お母様はお嬢様の近くのアパートの一階をお借りしてワンちゃんと一人で住まわれて居りました。今秋の10月にはお嬢様と一緒に住む予定で居られたその矢先の出来事でした。

お母様のお母様がお借りしていますお部屋の真上、つまり二階に住まわれて居ります方の職業は看護師だそうです。

看護師という職業柄、病院では日々、色々な方々の死に直面されて居る事と思います。 
そこで自ら命を絶ってしまわれました男性の方が看護師の方に憑いて来られ、たまたま下に住んで居りましたお母様の存在を知り大変に気に入られ憑いてしまわれたという事です。

01キャプチャ_convert_20170830093938

通常、自殺をされました方は動ける範囲は限られ自由に動き回る事が出来ないはずなのですが、この男性の御霊様は看護師に憑き、そしてお母様に憑いたと言う事。最近のレポートでも同じ様なケースがありました。 

自殺者の方が自由にあちらこちらに移動し誰かさんに憑いてしまう、という様なケース。 レポートでも書かせて戴きましたが、「自殺者が一つのところに留まらない事が結構あるんだなあ・・・」と、みどり先生、わたくしどもはビックリして居ります。

しかし、どの道を辿ってもそのような御霊様は御仏の道に行く事は出来ないのです。 そこには色々と罠があったり、駆け引きがあったりと普通ではあり得ない事が有るのです。

それでは今回はみどり先生と男性の御霊様の状況レポートを書かせて戴きましたので、是非お読み戴きたいと思います。

みどり先生、テーブルを挟みましてお母様と向き合う形で御霊様をお呼びし淨霊と為ります。
お母様、お嬢様とお話しを進めながらテーブルに半紙をひきロウソク、香炭を焚き、御霊様のお呼びします準備が整いました。 みどり先生、軽く眼を閉じ合掌、暫くの間、静寂が有ります。

02キャプチャ_convert_20170830093958

みどり先生がお話しを始めました。
●みどり先生「あなたがお母様に憑いている御霊様ですか?」
■御霊様「そうです。」

その御霊様はお母様の横に現れました。

●みどり先生「首が苦しいのですね?」
みどり先生が自分の首も御霊様の波動を受けて苦しい事を少し口にされました。

●みどり先生「何故、あなたはお母様のそばに憑いてくるのです?」
■御霊様「お母さんが可愛かった。」
●みどり先生「あなたがお母様のところにいつまでも居ると言う事は良く有りません。」
       「いつまでもこの世に居ては行けないのです。」
       「あなたはどうして亡くなられたのですか?」

御霊様は亡くなられた時は中高年以上のお歳、病院の入院治療中に御病気で亡くなられた、と言うより自殺をされてしまい命を落とされたようです。病名は胃がんで入院。 御霊様も胃がんという事、当時の医学では今より未だガンの効く薬等があまり無く御霊様は心も落ち込み、自ら命を絶とうと最初に首に針の様な鋭利の物を刺して命を絶とうとしたようです。 しかし死ぬ事が出来ず、最後にはとうとう首を吊り自殺をされてしまわれましたようです。

03キャプチャ_convert_20170830094013

この度は淨霊終了のあと、神事をする事となって居りました為、みどり先生、私共はこの度の淨霊の前日に神事進行の最終確認の為、神事の流れを確かめて居りました。 その時には気付かなかったのですが、神事の流れの確認の最中にわたくしは首の中と言うかノドの奥が痛くなり唾液を飲み込むの事もとても辛くなってしまい、明日の淨霊と神事に体調を崩してはまずいと思っておりました。 確かではありませんが、今思うと浄霊する御霊様の波動を受けてしまっていたのでしょうか…。心配だなぁと思っておりました。

04キャプチャ_convert_20170830094023

さて、お話しを戻しまして、みどり先生と御霊様のお話が続きます。
●みどり先生「あなたはお名前、言えますか?」
■御霊様「○○ノボルと申します。」(ココでは名前、一部のみとさせて戴きます。)
●みどり先生「あなたはご自分がお葬式をされ火葬された事を知っていますか?」
■御霊様「分かっている。」
●みどり先生「あなたがお母様の傍に居る事は良く無いのです。」
       「何故、お母様の傍に来る事が出来ました?」
■御霊様「そこの場所は沢山、亡くなられそこに門があった。」
     「その亡くなられた方がその門を開けてくれた。」

05キャプチャ_convert_20170830094037

この場所とはカラオケ等を楽しむ場所のようです。そこに地縛霊が居たようです。その地縛霊がその門を開け、御霊様、ノボルさんがその扉を潜りお母様の所に更に近づき憑いたようです。その詳しい経緯(いきさつ)は御霊様に深くお聞きする事はしませんでした。因(ちな)みにお母様は健康を兼ねとても歌うのが好きな方でカラオケの場所に良く行かれるそうです。

そのカラオケのお部屋では不思議な事が起った、とお母様のお話しがありました。何もスイッチを入れてないのに(リクエストしていない)同じ曲が何回も掛かったそうです。それも男女恋愛に関する曲だったそうです。恐らくこれは御霊様からの愛のメッセージだったのでしょう・・・。気分の良く無い事が起こりましたので違う部屋にして戴いたそうです。お部屋を変え移ったそうです。すると何も起こらなかったとの事でした。

06キャプチャ

しかしこ御霊様、ノボルさんも同じように本来、動けない場所から地縛霊の力を借りて自由に動けるようになり最終的にお母様に憑いたという事、自殺された方でも他霊の力を借り、その場所から自由に動いてしまう現実があるんだと実感しました。

しかし何度でも言いますがそのような御魂は浮遊霊となり霊界に行けず幽界と私共の現界の世界を彷徨(さまよ)う事、やがてはその御霊は色々な問題等を起こし、自らの御魂が変わり果てて行く事となり、その先は邪霊、邪鬼と変り果ててしまうのです。

07キャプチャ_convert_20170830094102

みどり先生と御霊様のお話が続きます。
●みどり先生「あなたは何の病気だったのですか?」
■御霊様「胃がん」「病気は遺伝。」
    「親父は早く亡くなり、自分は馬車馬のように働いた。」
●みどり先生「あなたはいつ頃に亡くなりました?」
■御霊様「昭和46年頃だと思う。」
●みどり先生「あなたは仏様は好きですか?」
■御霊様「阿弥陀様が好きです。」
●みどり先生「阿弥陀様ですか?」
       「それでは阿弥陀様にノボルさんの事をお聞きしましょう。」

みどり先生は改め手を合わせ阿弥陀様に念を送ります。暫くの間、静寂が有ります。

08キャプチャ_convert_20170830094113

●みどり先生「阿弥陀様から”あがる気が無い”と言われ断られてしまいましたよ。」
       「あなたは未だ、お母様に未練が有りますね。」
■御霊様「お母さんに嫌われたく有りません。」
      「僕の事、好きですか?」

ノボルさんはお母様、お嬢様にもこの度の失礼を謝られていました。そしてそのあとの言葉に私共はビックリしました。その言葉とは・・・?

■御霊様「この方の後ろに沢山の白狐様が沢山憑いていて、この人は怖い人だと思った。」とのお話し。この人、とはお嬢様の事でした。
09キャプチャ_convert_20170830094128

実はお嬢様の今住まわれて居ります新しい家には神棚が有り、京都伏見稲荷大社から分け御霊を戴きまして、みどり先生、私共は光栄にも神棚奉斎の御役をさせて戴いていたのです。 話は少々、反(そ)れますが神棚奉斎をされてからお嬢様が膠原病(こうげんびょう)で悩まれていましたがすっかりと治ってしまったのです。 ご本人も大変にビックリされて居り、みどり先生、私共もとても嬉しく「大神様のお力は凄い!」と只々ビックリするだけでした。

そんな事も有り、亡くなられたノボルさんはお嬢様が眷属神である白狐様にしっかりと守られている事を目の当たりに見たのでしょう!

みどり先生と御霊様、ノボルさんのお話が続きます。
●みどり先生「どうですか?」「心の気持ちに整理がつきましたか?」
■御霊様「大変に申し訳有りませんでした。」
      「母に会えるかな?」

ノボルさんは生前、母に大変イジメられていたそうです。それでもお母さんの事が大好きだったようです。

■御霊様「お医者さんになりたいです。」とお聞きしたあと、
みどり先生が再び手を合わせ阿弥陀様に念を送ります。

10キャプチャ_convert_20170830094144

暫くしますと天空から仏様が長い茎のついた蓮の花を手に持ってお二人現われノボルさんをお招きまして居ります。ノボルさんはみどり先生、お母様、お嬢様を見て居ります。軽く会釈し仏様の方に向かいます。

11キャプチャ_convert_20170830094156

●みどり先生「分かりました。しっかりとされて下さい。」
       「後ろを向かず仏様と一緒に上がられなさい。」
       
みどり先生が仏様と共に行かれますノボルさんを見送って居ります。 天空の空高く上がり扉の中に入っていきます。みどり先生、再び手を合わせ拝みます。 最後に阿弥陀様からお言葉を戴きました。「この者を鍛えてあげよう。」とのお言葉を戴き、扉は「スッ~」と閉じられ消えていきました。

12キャプチャ_convert_20170830094210

無事に御霊様、ノボルさんを御仏の道に導く事が出来、お母様、お嬢様、みどり先生、わたくし共はとても安心し安堵しました。 

そして浄霊の後、霊障神除清祓(みたまさわりかむよけきよめはらい)の神事をさせて戴きましてお部屋の中隅々まで清め安心安全の結界を張り無事に終了させて戴きました。


お母様、お嬢様の温かいおもてなしを戴き、お話しも色々と盛り上がりましてついつい、長居をしてしまいました。そろそろおいとまさせて戴きます。手厚いお見送りの中、わたしどもは帰路に向かいました。

この度はお嬢様から光明稲荷様にご奉納の品を戴きました。帰宅後、早速にご奉納させて戴きました。誠にありがとう御座います。

「あっ!そうです!」
言い忘れました。私のノドの痛い理由ですがやはりノボルさんが首を刺した時の痛みがわたくしの方に来たようです。神事終了後、痛みが全くなくなりました!! みどり先生はそのような事を言ってしまったら気にするからと何も言いませんでした。でも無事に痛みも無くなり、おノドすっきりです。
あ~良かったぁ。

最後までお読みお戴き誠にありがとう御座います。

13キャプチャ_convert_20170830094221





























関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
274位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR