FC2ブログ

平成二十九年八月十五日 光明稲荷 月次祭

修正01_convert_20170815104332


本日は、平成二十九年八月十五日 光明稲荷 月次祭です。
昨日から雨が降ったりやんだり。 御祭りの今朝も雨模様です。
梅雨の時期、あまり雨が降らず日照り続きだったのに、
梅雨が明けてから雨の日が多くなり変な気候ですね。。。
日照時間が作物に影響するのではとちょっと心配しております。

今日は終戦記念日です。
多くの尊い命が失われた戦争が終わった日。
現在の幸せ、当たり前の日々が送れるのは世界中の尊い命の犠牲があってこそ。
多くの犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。

「命」・・・
最近、この言葉がいつも私の脳裏に浮かびます。
歳を重ねたせいなのか、生死の境に立ち大神様の尊き御役をさせて戴いているせいなのか、大切な人、大切な家族の旅立ちの時が重なっているせいなのか・・・

生かさせて戴いている事の意義、どうしてここにいるのか。今、何をすべきなのか。残された日々、どう生きていったら良いのか・・・
皆様からもその様なご相談を承る事が多くあります。
あまりに近すぎて、されど、とても難しい課題です。

夏は花火の季節。お盆には盆踊り、花火大会。。。
先日、ちょっとした会話から花火大会をする意味、というようなお話が出ました。

戦時中、戦前と戦争で亡くなられた方々、火から逃げようとして川で亡くなられた方々を川で荼毘したり流したりしたことがあったとの事。
その魂を追悼する、慰霊する意味で花火を上げる、花火大会をしている、という事を聞きました。
おそらくは、花火を見物に来る殆どの人がこのことを知らないでしょう。。。

そういえば、戦国時代に城主である主の命を取られてしまい、いよいよ城が落城してしまうギリギリの時、奥方が召使の女性たちと責め来る敵勢と闘い命を落とし、追い詰められた者たちは姫共々、自決されたとの出来事があったそうです。その魂を癒すべく慰霊の為の盆踊りと花火を上げてさしあげる地域があるとの事を聞いたことがあります。
祭り、花火…日本のあちこちで多く夏に関わらず四季を通じて楽しいイベントとして開催されています。 勿論、唯単に楽しみのための行事としての祭り、花火もあるでしょう。けれども、それだけではないものもあるのです。

日本の風習として昔からの祭りや花火が残っている事は大変に良い事と思います。
けれども、単なる夏のイベント、楽しみというだけで終わるのは場合にっては開催する意味、本義ではないのでは?などと一人思ったりします。。。

もしも、何か伝えるものがある大事な行事だったとしたら、少しでも昔の日本古来からの良き風習、大切に若い世代に語り継ぎ伝えて行ってほしいと願うばかりです。

そして今、私達が生きているのは遠い時代からのご先祖様ありきだからこそ、です。 
慰霊に関する事。
単に慰霊に関する為の式典、だけではなく、もっと身近な行事、親族、ご遺族の気持ち、そして行事として皆で慰霊される事が大切だと思うのです。


さあ、八月も後半です。まだまだ暑さは続きます。(^ _^;)
体調を崩さない様に気を付けて元気にまいりましょう。







関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
199位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR