死のうと思っていなかった・・けど!?

先日7月8日、ご依頼者様(仮名)Sさんから自殺をされました淨霊のご依頼を戴き、御自宅にお伺いました。そのご報告レポートをさせて戴きます。Sさんとは以前よりワンちゃんのセッション、又、神事、神棚奉斎と髙野みどり先生、私共を信頼信用して戴きご縁を戴いて居ります。

Sさんから「寝て居る時に女性の声が聞こえ、何か言っていて気持ち悪く、みどり先生、見て頂けませんか?」とのご依頼でした。Sさんは霊媒体質の方で霊的なモノに敏感なタイプです。今回の淨霊をする御霊様とは身内関係でもなく全く無関係の女性の御霊様お二人です。
01キャプチャ

現在のSさんのご自宅は新しく新築されました時、「新室奉方位避清祓御祭(にいむろ ほがい ほういよけ きよめはらいのみまつり)をさせて戴き新築の家の清め祓いの神事等させて戴いて居ります。悪いモノが侵入しないよう、みどり先生も周到に結界等も張り、新築のお祝いをしまして新しき住まいでの生活が始り日々穏やかに過ごされている次第です。

02キャプチャ


「新築等の清祓い関係レポート」
これから新築を購入されます方、ただ今、思案中と言う方、家、マンションを購入されるという大事なイベントです、是非一度、読まれ参考にされて下さい。
下記をクリックされますとご依頼者様の「新室奉方位避清祓御祭」レポートの内容を見る事が出来ます。
⇒ http://anitanchuchu.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

本題
Sさんからのお電話の内容をお聞きしみどり先生も「えっ!」という感じでした。

03キャプチャ

しかしその原因がみどり先生の霊視で分かりました。今回の御霊様お二人女性の方で、一人の女性の方は、Sさんと同じ年齢、同じ学年の方で飛び降り命を絶たれてしまわれました。
もう一人の女性の御霊様はSさんのお母様と同じ年代の方でご近所の方だそうですが近所のお付き合いは有りません。その女性の方は病院で薬を大量に飲み命を絶たれてしまわれたそうです。

04キャプチャ

その御霊様一人はS様の同じ学校の出身という事、でもSさんはその方との面識は無く話した事はないそうです。もう一人は御霊様はSさんのお母さんの年代と同じ女性の方、Sさんが引越しをされる前に住んで居りました家のご近所の方でお付き合いというものは無かったそうです。

以前、住んで居りました家にSさんとお母様がお掃除や片付け物などの用事が有り幾度か行きました時、Sさんのエネルギーを感じSさんの傍について来られたという事です。

霊的な事にお詳しい方は、「おかしいんではないですか?」「自殺された方は、その自殺された場所から動く事が出来ないのに何故、Sさんの所にいけるのでしょうか?」と思われる方も多いかと思います。・・・ですが今回、最初に淨霊をされます女性、飛び降りて命を絶たれた方は確かにその亡くなられました場所からは自由に動く事は出来ません。

05キャプチャ

確かにそうなのです。しかしその亡くなられました「思い」「念」は、その亡くなられました場所からSさんの所に「思い」や「念」を飛ばす事が出来るのです。それはあたかも、その方が傍に居るかのような感覚を覚えるのです。あちらの世界は複雑多岐です。

06キャプチャ

私共はSさんのご自宅に着き、部屋の中に案内され、みどり先生はあちこち霊視をします。応接間、寝室と観て行きますとみどり先生「鬼門の方角、壁に重たいエネルギーを感じるね!」「何かベタッとしたモノがカーテンのように垂(た)れて居る感覚?」と早速、色々と感じて来ました。

のちそのカーテンのように垂(た)れて居るものとは彼女が飛び降り地面にたたき着けられた時、飛び散りました自分自身の血をそのような形で念を飛ばし続け、重く暗く垂れて居る感をみどり先生は感じていたのでした。
07キャプチャ

その他、各部屋は、大きな問題も無く、その問題のエネルギーを調べる為、早々に応接間の部屋で淨霊の為の準備をさせて戴き、Sさんの近くに潜(ひそ)む女性の霊を呼びました。


「飛び降り自殺をしました女性を呼ぶ」
みどり先生が蝋燭(ろうそく)に火を灯(とも)し目を閉じます。邪気を祓う数珠を腕に巻き暫く無音です。するとみどり先生が「そこに居るあなた誰なのですか?」との問いかけ間も無く、今度は違う方向からも「あなたはSさんとは関係があるのですか?」との問いかけに、その女性の御霊様「その方のお母さんと知り合い。」との返事、みどり先生、先ずはお母様との知り合いの御霊様に
「あなたは暫くお待ち下さい。」とお話をし、先ずは飛び降りて命を絶たれて仕舞われた女性の御霊様とお話をする事にしました。
08キャプチャ

みどり先生が早速、飛び降り自殺をしました女性の方とのお話をしました。
「あなたは何故Sさんに憑いて来ようとしてしているのですか?」
「羨(うらや)ましい思ってる。」

先ほどにも書きましたがこの方、Sさんとは同じ学校で同学年です。Sさんはこの方の事など知りませんでした。しかし亡くなられたこの女性の方はSさんの生活、人生が羨ましく常に思って居たようです。何かSさんに対して遠巻きに羨ましく思っていたのでしょう。

それからSさんに何か「ひもの様なもの?」とその女性の方は言われて居り、その御霊様は又、こんなことも言って居りました。「それは神様、仏様に守られご縁でつながれていると思い、この方についていければ功徳がもらえる?」と思ったようです。

「赤い糸?霊線」
このひもとは世に言う「赤い糸」と言われるもので私共人間は皆、霊線という糸のような線で繋がれていきます。この霊線は親子関係、夫婦関係、友達関係等「赤い糸」、つまり霊線で繋がれていきます。その霊線は絆が強く為れば為るほど太く強くなっていくと言われて居ります。親と子の関係は強く太い絆で結ばれていきます。やがてその子供が成長をし人生の伴侶と結ばれ夫婦という契りを結ばれますとその互いの関係は親子以上の太い霊線で強く結ばれて行きます。

ですので夫婦関係に問題が出来てきますとその霊線から伝わり色々な事が起こり始め問題が生じてきます。ココで霊線のご説明は長く為りますのでココまでとします。

Sさんの霊線とは神線「しんせん」といい、神様との強い神線で繋がれている証拠です。Sさんは私共の神事で「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)様」「稲荷の神様」「稲ダマの神様とも言われて居ります。「神棚奉斎」をさせて頂きました。

Sさんは「宇迦之御魂大神様」の御神縁、神線のご加護を受けていると言う事です。その為に霊的問題が有りましても大事に至らないと言う事でも有ります。
09キャプチャ

「稲荷の大神、宇迦之御魂大神様」神棚奉斎レポート
ご依頼者様の神棚奉斎をされましたレポートを掲載して有ります。稲荷の大神「宇迦之御魂大神様」に御神縁深く今もしっかりと守られているう事、これから神様をお祀りする事を考えて居られます方、参考にされて下さい。

下記をクリックされますとご依頼者様の「神棚奉斎」レポートの内容を見る事が出来ます。
⇒ http://anitanchuchu.blog.fc2.com/blog-entry-286.html


本題
その亡くなられました女性からお話をお聞きしますと進学の時、ご両親がご自分の選択方向に賛成をして戴けなかった事に対し、大変に怒りをあらわにして居り、みどり先生がそのようなお話をしています時、その女性は「お母さんなんか大嫌い!」との言葉が出てきました。
みどり先生「人を恨むような事はいけませんよ。」とその女性の御霊様に心穏やかに為るよう説いて言って居りました。
10キャプチャ

「他の人に憑こうと思った、やり直したい」
みどり先生が女性の御霊様に質問をします。「あなたは他の誰かにもこのような事をしたのですか?」との問いに、その方は「他の方に憑こうと思ったけどうまく出来なかった」との答え、「もう一度やり直したい。」「動けない」「痛い。」みどり先生がその方の周りを深く霊視して行きますとなにやらベタベタとし気持ちの悪い環境の中、この方は居る感じでした。
進学進路を受け入れて貰えず、ビルの屋上、手すりの所を長く歩き遺書を書く事も無く、衝動的に飛び降りてしまった事に後悔の念がとても残って居り、その場所から抜け出る事も出来ず、何年も何年も膝を抱え、クモの巣だらけのような場所で耐え難い状態で居りました。

「黒いスーツを着た男」
みどり先生は又、質問をします。「あなた!誰かお迎えにきましたか?」女性「黒いスーツを着た人が来た」。「黒いスーツを着た男の人が”向こうです”と言うので私は”違う”と答えると黒いスーツの男は消えて居なくなった」との事です。

11キャプチャ

「川のようなエネルギーを送る」
みどり先生は、その方の良き思い出のお話をするよう話を変えました。その女性の御霊様は「ドーナツが食べたいな?」「白い数珠が欲しい。」「川で遊んだ。」「Sさんに悪い事をしました。」とお話を心が少々平穏に為られた所、みどり先生は自分の腕にまわして居ります数珠をゆるやかに左右に振り流れるような手の動きをしました。すると川のようなエネルギーが女性の御霊様に伝わり心地よい気分になられたようです。
「あなたは何か信仰して居られますか?」
「分からない」
「お釈迦様、阿弥陀様、観音様、それとも好きな神様が居ますか?」
「天照皇様」
「うん~、天照皇様は今のあなたには無理です。観音様はどうでしょか?」
「宜しくお願いします。」

「淨霊開始」
みどり先生は観音様に念を送ります。すると「左側に黒いモノが残って居る。まだダメである」とのお言葉。みどり先生、その方の左側を霊視、左手でその曇りを祓い清めるかのように上下に鋭く振っています。

観音様の道が天高く見えてきました。天高い道の先に門が見えてます。その道には白く輝く数珠のような球が道に引き詰められその女性はその上に乗り観音様の扉に向かっていきます。

みどり先生、「そのまま行かれて下さい。」「振り向かずにいくのです。」と彼女が扉の中に入るのを確認するまでズッと観ています。彼女が扉の中に入って行きます。「しっかりと扉の奥に行って下さい。」と伝えます。彼女は扉の奥に入られ扉は消えていきます。
みどり先生、あちらの世界から自分を現実の世界に戻します。そっと眼を開け何回か瞬(まばた)きをし飛び降り、命を絶たれました女性の霊は無事、御仏の世界にお導きしされ終了です。みどり先生、ご依頼者S様の優しいお気持ちのお陰で御仏の世界に行かれよかったです。
12キャプチャ

次回の方も自ら命を絶たれて仕舞われた当時、中高年の女性の方です。大変な邪気と取引をしてしまいました。それでは次回、又、宜しくお願い致します。
タイトル「黒蛇との取引き」です。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
306位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR