双子の水子様、母の水子様淨霊

先月、1030日、日曜日に私共の神事の部屋にて水子様の淨霊をさせて戴きました。ご依頼者様は家の「宅神清め祓い」「野弧遷座の儀」又、伏見稲荷大社より分け御霊を戴き、めでたく「神棚奉斎」の神事とそのお役目をさせて戴いた方です。今回も大切なお役をさせて戴きまして大変に光栄です。

01キャプチャ_convert_20161121135407 


今回、ご依頼者様から「私共の水子の淨霊をお願い致します。」とのご依頼、ご依頼者様の水子様は双子だったのです。医学の発達で生まれでる前にそのような事実が分かるのですね!

02キャプチャ_convert_20161121135419 

そしてご主人様から「わたくしの母に水子様があり、その母の水子様も一緒にお願い致します。」との事、三人の水子様をみどり先生、私共はお受けし大神様のご神託を戴き1030日の午後一時より御神殿の部屋にて淨霊をさせて戴きました。


未だ、名前も無い水子様です。淨霊をさせて戴く前にご依頼者様にみどり先生から御用意して戴く品としまして「菊の花、オモチャ、果物をご用意下さい」とご依頼者様にお伝え当日、ご用意戴きました。

お持ちくださった品々をテーブルの上に並べ浄霊の御用意し、ご家族が見守る中、先ずはご神殿前、みどり先生、ご家族の皆様、座礼となり「大祓詞」「稲荷大神秘文」をみどり先生奏上、そして終了ののち、テーブルに戻りまして淨霊の開始です。

03キャプチャ_convert_20161121135433 

ロウソクに火を灯し、香炭に火をつけます。香炭の香りとロウソクがほのかに揺らぎ、みどり先生が合掌をします。

04キャプチャ_convert_20161121135445 


腕に巻かれた数珠がさらさらと音がすると同時にみどり先生が水子様が降霊し、こちらに来られた事を確認、「あなた様はご主人様の子供たちですか?」、双子で生まれ出る子供たちは「そうです。」と言われご主人様、奥様にその事をお伝えしました。


暫くしますとご主人様の母のお子様が降霊して戴きました。「あなた様はご主人様の弟となる方ですか?」「はい、弟です。」双子の子供たちは未だ幼稚園くらいの姿で現れて戴きました。ご主人様の弟になる水子様は小学校の低学年位のお姿で現われて戴きました。


みどり先生が中執り持ち役と為り、ご依頼者様のご主人様、奥様が双子の水子様とのお話が始まります。ご夫婦お二人が双子の水子様に「このような状態になってしまい誠に申し訳ない。」と痛恨の極みを我が子供たちとなるべき双子の水子様にお伝えしました。


みどり先生は双子の水子様がまるで生きている子達に話しかける様に優しくゆっくりとお母さんの思いを含めてお伝えしました。双子のお兄ちゃんが眼が大きくクリッとして少し後ろに恐がるように恥ずかしがるようにいる妹の手をお兄ちゃんとして幼い妹を守るかのようにしっかりと握っている姿、妹さんは両方の髪を左右に可愛く結んだ女の子、口はきっと真一文字にしていて一生懸命にお話を聞く姿・・・、何ともいじらしく愛くるしいお姿をお伝えしてくださいました。

05キャプチャ_convert_20161121135505 


顔の表情、髪の毛の事等、まるで自分の幼い頃の事の様、と奥様がビックリされておられ、御自身の我が子である事、そしてこの手に抱く事も出来なかった亡き幼子たちと益々、絆が深まる瞬間でした。


さて、お話は進んで様々な事をお話しいたします。「何が好きなの?そう」とその度に幼子に優しくお話をします。目の前にある御供物を指さしながら、果物が好き、リンゴが好き、と答える女の子。

小学生の弟様は「野菜を色んな形に切ったカレーライスが好き」と申されました。すると、ご主人様はご家庭でそのように切ったカレーライスを食べた事を覚えていらっしゃいました。きっと、一緒に食べたかったのでしょう。

06キャプチャ_convert_20161121135518 

そして本来ならばご主人様の弟となり、この世で苦楽を共にし互いに助け合い、互いに励まし合い、時に兄弟げんかと兄弟の絆を築き、生きて行くはずの弟が母の苦渋の選択により水子の選択を取らざるを得なかった事、弟様は我が母の心の心情を汲み取リ分かっていたのでした。


水子と為った弟様もお兄様で有りますご主人様の事が心配でお兄様を見守るように傍に居たそうです。みどり先生は普通の小学生の男の子にお話する様に聞きます。

「そう、おもちゃで遊んでいたの。何が好きなの?飛行機!!車とか?そう、乗り物が好きだったのね。お兄ちゃんと一緒に遊んでいたの、そう」


ご主人様にこの事を改めてお伝えすると、御主人様も乗り物が好きで子供の頃は車などの乗り物のおもちゃでよく遊んでいたとの事でした。亡くなられているとはいえ、本当に可愛い盛りの普通の子供達です。会話をお聞きしていると今、ここにいるような、そんな感じがしてきました。

07キャプチャ_convert_20161121135531 


ご夫婦お二人と三人の水子様のお話しも進まれ、そろそろ淨霊の終わりのお時間が近づいてきました。


みどり先生が水子様に「そろそろあなた達は御仏の道に行かなければ為りません。」とお話をしますとみどり先生、暫く無となります。すると天空上空から使いの方が蓮に乗って現れ「われらと共に上がりなさい。」とみどり先生にお伝えが有りました。

08キャプチャ_convert_20161121135544 


天空の空間に扉というものではなく絹のカーテン、絹で出来た美しい御簾(みす)とでも言い換えれば良いのでしょうか?キラキラと輝くその絹の扉はひらひら揺れながら光って居り、天空よりお釈迦様のお声が聞こえてまいりました。


綺麗な蓮の花が咲き誇っています。「我の元に来なさい。」と心温まる慈愛のこもった言葉がみどり先生に聞こえました。お釈迦様の前には七色の虹、五色の美しい絹の様な帯が流れて落ちてきます。そしい、お使いの方々が降りて見えてまいりました。みどり先生は三人の水子様に「使いの方が降りて来ています。その方々と一緒について行きなさい。」とお伝えしました。

最後に水子様の為に三つ用意されていました馬のオモチャを一人ひとりに「どれがいいですか?」とみどり先生がお聞きし、それぞれに好きな色の馬のオモチャを持ち、三人の水子様はお迎えに来られましたお使いの方と共に絹のような扉の方向に上がられていきます。

09キャプチャ_convert_20161121135556 



11キャプチャ_convert_20161121135611 


みどり先生、「後ろを向かなくて良いですよ。」「お釈迦様の元に行かれて下さい。」蓮の花と共に三人の水子様はお使いの方と天上高く、輝く絹の扉の中に光に包まれながら消え、絹の扉も少しずつ形が見えなくなり、最後に一点の小さな光となり消えて無くなりました。みどり先生、お釈迦様の元に行かれた事をしっかりと確認、自分の意識を、この世の世界に繋(つな)げゆっくりと目を開けます。みどり先生、ご家族の皆様に「お釈迦様の元に往かれましたよ。」

12キャプチャ_convert_20161121135623 


13キャプチャ_convert_20161121135635 


ご主人、奥様、今回の淨霊に一緒に同行されましたお嬢様も心安心されたご様子です。

みどり先生も今回のお役目をしっかりと果たせた事に安堵の気持ちで心落ち着き、ご家族の皆様と少々の歓談をされ、最後に御神殿前、みどり先生、家族の皆様、立礼(りゅうれい)にて大神様に今回の淨霊のご報告をお伝えし、この度の水子様の淨霊のレポートを終了とさせて戴きます。


最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。


14キャプチャ_convert_20161121135647 







関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
145位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR