お兄様の自殺、そして救いの淨霊

この度、ご家族の妹様から「お兄様の淨霊をお願いします。」との事、お兄様は自ら命を絶ってしまわれました。妹様から遠隔セッションで「天国からのメッセージをお願いします。」とのご希望でした。まずは、髙野みどり先生はそのセッションで現在のお兄様の状況を確認する事になりました。セッションの結果、未だ御仏の道に行かれて居らず、この世とあの世の狭間に彷徨う形でいます事を確認致しました。

01キャプチャ_convert_20160717170410 


そして妹様、お母様から日を改めご依頼を戴きまして、「兄の淨霊をお願いします。」とご希望され、六月二十八日に宇佐美にお越し戴きまして、お兄様の淨霊と為りました。

光明稲荷ご御神殿の部屋にてお母様、妹様そして髙野みどり先生と対座、椅子に腰掛けて戴きお兄様の淨霊の開始です。


02キャプチャ_convert_20160717170423 


03キャプチャ_convert_20160717170436 


香を焚き、みどり先生が目を閉じ集中して行きます。

04キャプチャ_convert_20160717170450 

何十秒とする間も無く、みどり先生がお兄さんの念が飛んで来られた事を確認、みどり先生が「○○様ですね?」との問いに「お兄様は戸惑いを隠せなかった様子です」とみどり先生が言って居りました。お兄さんは見ず知らずの方から声を掛けられたので「どうしたら良いか?」と思って居たようです。

05困った顔_convert_20160717170504 


みどり先生は「この度、私はお母さん、妹さんからあなた様を御仏の道にお願いしますとご依頼を戴き、そのお役目を果たす為、今、あなた様をお呼びしお話をしているのです。」とお兄様に言い事情をわかって戴きました。

06キャプチャ_convert_20160717170516 


みどり先生が中執り持ち役と為り、お母様、妹様とお兄様とのお話をが始まりました。

お母様は事前に我が亡き息子に手紙を認(したた)められお持ち戴き、それをゆっくりと愛する息子様に話しかけらる様に読み上げました。


お母様、妹様は目に涙を浮かべて居ります。みどり先生からお兄様が何度もお母様妹に迷惑を掛けてすまなかったとの事を只々、お母さん、妹さんに謝れて居ります。


お兄様が亡くなられた原因、それはお兄様がご結婚されて持たれたご家庭、お仕事の事等悩まれ、ご自身が全て責任を取リ、償わなければいけないと日々、自分を追い詰めて仕舞われた事、お兄様の純粋で正義感が強く、思いやりがあり心優しい御性格が結果、死という道を選ぶしか余地が無くなってしまったのでした。

07背負う2_convert_20160717170529 


みどり先生から「首が痛い」「苦しい」とか、お兄様のお言葉を伝えていきます。

みどり先生がお兄様の体の痛い部分にエネルギーを入れ痛みを軽減出来る様、みどり先生が手を左右上下に振って気を入れています。


お兄さんも体の痛みが和(やわ)らいだのでしょうか、お母様、妹様の事をとても心配し家の財産の事等、色々と話して居りました。

又、自分の嫁、つまり奥様の事は「気を付けろ!」との事、只、我が子が心配だという事をしきりにみどり先生からお母様、妹様に伝えて居りました。


自分の遺骨の件もお兄様は分骨の意向を言われて居ましたが財産の問題等が有り、今、この場で結果を出せる状態では有りませんでした。


お時間も経ち、お兄様を御仏の道にお導きしなくてはいけません。 

髙野みどりが改めお兄様の体を見ますと足元に蛇のようなものが足元に絡(から)まって居りました。それが何なのかと更に深く観てみます。

・・・すると、それは、何と、お兄様の奥様の執着が蛇のように足元に絡まり財産等を奪い取ろうとし、足元に強く絡まって居たのでした。

08キャプチャ_convert_20160717170540 



お兄様の足元に絡まっていますものを取り外す術(すべ)をし、絡まった廻りが奥様の執着で黒なって居りましたのでその黒い部分を取り払う術をみどり先生がして居ります。

そして、足元の絡まったものは取り払われ黒い部分も消えていきます。

絡まりついた蛇が外れたようです。


安堵して、みどり先生は先ずはお兄様に「どこの仏様が良いですか?」とお聞きします。

お兄様は「お釈迦様です。」と言われました。


お兄様が命を絶たれてから未だ一ヶ月しか経って居りません。未だこの世に対しての未練も残って居ります。お母様、妹様、子供たちの事がとても心配のようです。

しかしお時間です、みどり先生がお兄様に「御仏の道に逝く心の準備をして下さい。」と言われます。

みどり先生がお兄様を見ますと未だ現世に対して執着が取り払われていません。

菩薩様が「いまだ執着がある。」とのお答え、

みどり先生がもう一度お兄様に説得をします。

09お釈迦様と私2_convert_20160717170551 

みどり先生がもう一度、菩薩様に「御仏の道にお願いします。」とお願いします。

10_convert_20160717170601.png 

すると暫くしますと天空高く扉が見え明るく光り輝き扉が開いて居ります。

お兄様に「菩薩様と共に上がって扉の方に行きなさい。」と言います。

みどり先生はその方向に強く気を入れ、お兄様が行きやすい様に気を送っています。


お兄様が振り向こうとしています。「戻ってきてはダメです。」

みどり先生「振り向かず上がっていきなさい。」強い口調で言ってます。


お兄様は菩薩様とゆっくりと扉の方に導かれています。

菩薩様も扉の方に行かれ中に、最後の別れです。

お兄様から「ありがとう御座いました。」の念が伝わって着ます。

11_convert_20160717170612.png 


みどり先生は気を抜かず扉の方向を見ています。

みどり先生「扉の中に入って下さい。」と言います。

扉が閉まっていきます。

扉が閉まり辺(あた)りが光輝き一瞬にして扉がなくなりました。


その最終確認をし、みどり先生が見つめ、みどり先生はそっと目を開け自分に戻ります。

自分の心と体が元に戻りお母様、妹様に

「お兄様は御仏の世界に行かれましたよ。」


お母様、妹様もとても安心されお兄様が

御仏の道に行かれ成仏された事、安堵の気持ちで

心満たされました。


最初に宇佐美に来られた顔の表情とは違い

穏やかに為られ本当によかったです。


しかし現実的にはお兄様のお嫁さんと財産の事等

問題が山積して居ります。みどり先生からのこれからの

事等、アドバイスと大神様からのご神託をお伝えし

無事、お兄様の「淨霊」は終了と為りました。


最後までお読み戴きましてありがとう御座います。

又、妹様からこの度のレポート掲載、ご協力して

戴き誠にありがとう御座います。

(みどりの杜 スタッフ記)

12キャプチャ_convert_20160717170624 










関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
182位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR