「水子の淨霊」


本日は「水子さまの淨霊」をさせて頂きました。以前に『井戸の清め払い』の件でご依頼を頂き、お役させて戴きましたご親族様の妹様ご夫婦、ご主人様からご依頼を頂きました。ご主人様のお母様が息子様(御主人様)を出産された後の事、実は流産をされていたとの事があったそうです。しかし、それがどの様な状況、状態だったか、男の子か女の子かも存じなかったそうです。お母様も御家族には詳しくは語らずに今日まで至ってしまったようです。
しかしならがら、お母様はお子さまを流産されたと言うその哀しみ辛さがあられたのでしょう。ご供養を兼ね、お知り合いのご紹介で、とある宗教団体にご縁を頂き水子様の御供養という事で水子様の像をお作りしてお母様なりにそっと、ご供養をされていたのでした。

01手を合わせる


息子様であられる御相談者、ご主人様は自分の母がこのような事の経緯、ご供養をされていた事など何十年も知らなかったのでした。
そのお母様も現在はご高齢になられ、御病気の為、介護施設にご入所される事になったある日の事、ご実家にある御仏壇の中を整理していた時、御仏壇の奥に何か仏像の様なものが置いてあるのに気づいたそうです。
奥から取り出して確認してみますと、何と水子さまの像だったのです。
お母様からのお話しによりますと御親族?、お知り合い?からのご紹介で新興宗教団体に霊視して戴いた際に水子がいること、水子が供養を望んでいる事を仰られたため、水子供養をして頂く為、水子様の像をお作りしたと話されていたという事です。
しかしながら、詳しい事はお母様もご高齢で御病気の為、お聞きすることが叶わない状況で、どんな経緯だったのかははっきりとした事は分からないとの事でした。

ご主人様、つまり息子さんはその『水子の霊が御仏の道にいかれて居るのかな〜?』とご不安になりこの度、高野みどりに霊視のご依頼を頂きました。

02_convert_20160610164858.png

ご成仏されていらっしゃるか否か、ということで、先ずは『天国からのメッセージ』でセッションをさせて頂きました。その結果、この水子様の霊はまだ御仏の道にはいかれて居られませんでした。愛しい母を頼り、ずっと傍に居たようです。しかしながら、亡くなられてあの世に旅立つ事もせず、母恋しいあまり、この世とあの世の狭間にいらした水子様、御位牌も無く、きちんとしたご供養もされておらず、御供物も戴くことなくこの世を彷徨われていたのです。

霊視の結果をお伝えさせて戴き、改めてご主人ご夫婦からのご希望で『御仏の道にお願い致します。』とのご依頼を受けました。

早々に大神様からの御神託を頂きご依頼者様とのお日にち、お時間を決定させて戴きました。そして『水子の浄霊』をさせて頂く事となり、今回は私ども大神様の部屋での浄霊とさせて頂きました。

ご依頼者様、遠方よりお越し戴き誠にご苦労様でした。
私どもの自宅到着、少々の休息の後、水子様の浄霊を執り行わさせて頂きました。 髙野みどりがご夫婦の前に小さなお膳を置かせて戴きしまして水子様の降霊です。

水子様の霊には名前がありません。髙野みどりはご主人様のお母様の念、又、息子様であられるご主人様の念を執り持ち大神様の御守護の元、水子様の霊に念を送ります。するとご主人様の足元に水子様の霊が現れました。
と言う前に、高野みどりは既にその子をその前より感じわかっていたのです。

年齢は小学1〜3年位でおかっぱ頭の可愛い女の子です。髙野みどりはそのおかっぱ頭の可愛い女の子とお話しをしました。

03.png

『あなたはお母様の子供でここに居られます方(ご主人様)の妹さまですか?』
おかっぱ頭の女の子は可愛い声で
『そうです。』としっかりとした口調です。
女の子はお話しをします。
『お兄ちゃんのそばにいるの。』
どうやらこの女の子とお話しをしていきますと何十年もご主人様の傍にいた事がわかりました。ずっとお兄ちゃんの事を見ていたそうです。

ご主人様はお歳を取りましたがこのおかっぱ頭の女の子はずっと小学生のまま、
ご主人様、つまりお兄ちゃんの傍に居たのです。ご主人様とおかっぱ頭の女の子とのお話しは昔、懐かしのお話しを色々と話されて頂きました。
ご主人様も妹様がお兄様を愛おしく思う念が通じていたのでしょうか、「妹が欲しいな、いたら、本当に可愛がったろうな、と思ったことがあります」と仰られていました。

04.png

時間も経ちそろそろ妹様には御仏の道に行かれるようにしなくてはいけません。

髙野みどりは妹様に
『あなたはいつまでもここに居てはいけないのですよ。』
『御仏の道に行かれなくてはいけません。』
『菩薩様は分かりますか?』
『観音様、お釈迦様、阿弥陀様、どの菩薩様が良いかな?』
『わからない・・・』
髙野みどりは大神様にお聞きしました。
『それでは阿弥陀様をお呼びしますね。』
高野みどりは阿弥陀様に念を送ります。

05.png

すると脇侍の菩薩様が両手を広げ『こちらに来なさい。』とお導きして頂きました。
おかっぱ頭の可愛 い女の子は菩薩様に導かれ遥か天上界にと導かれ消えて行かれました。

06_convert_20160610165152.png

07_convert_20160610165241.png

髙野みどりは最後を見届け霊界の世界を閉じ意識を現世の世界に戻します。
ゆっくりと目を開け『水子の浄霊』終了です。

ご依頼者ご夫婦とその後の供養の方法などお話しましてご夫婦共々安心されご自宅に帰られました。以上、『水子の浄霊』のレポートを終了します。
最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

08.png


関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
155位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR