○○様神璽奉鎮祭


三月十日、○○様のご 自宅にて神棚奉斎のお役を戴き、奉鎮祭の神事を執り行いました。 ご依頼者様とはワンちゃんのセッションに始まり髙野みどりという人間を信用信頼 して戴きまして今まで数々の神事のお役を戴いてまいりました。
今回も しっかりと大神様の元、その神事を果たさせて戴きました。

01キャプチャ_convert_20160313173302

ご依頼者様の御神縁あ る神様という事で以前にご本人様の霊視と共に大神様からご神託を賜りましたところ、「宇迦之御魂大神様」との御神縁がとても強いとのこと。生まれた時から守護していた」 とのがあられました。「我が守る故、安心せよ」 とのとても心強いお言葉を戴きました。とても有難くも嬉しい事で有ります。

02キャプチャ_convert_20160313173316

本来ですと昨年中に神棚奉斎が執り行われる予定でありましたが昨年の暮れ叔母様が亡 くなられ喪に服す期間という事、神棚奉祭はご遠慮して居りました。
年明け春節を過ぎた良き日に御依頼様が伏見稲荷大社に上がられて分け御霊を戴き、ご自 宅にお祀りされる事となり今回、目出度く神棚奉斎と為りました。


03キャプチャ_convert_20160313173326

ご依頼者様とお日にちの打ち合わせをさせて戴き、そして大神様のご神託を戴きまして神棚奉斎の日時が決まりました。 一週間 前より当然ですが私共は潔斎をし、神事の為のあらゆる準備をさせて戴きました。

私はこの度の奉鎮斎に奏上致します祝詞の文を書き始めました。
この祝詞文はご依頼者様それぞれに合わせた内容を入れ込んで書き上げますのでその方々、神事の内容に依って文面は変わります。 又、祝詞の文は現代語では有りません。当然、昔からの古語で書かれます。(たまに現代文で奏上される神職もおられるようです) 叙情的でありながらも簡潔にと、その文の内容を考えに考え書き上げてまいります。 まずは大神様はご依頼者様が常日頃、御守護戴いてる事の感謝を申し上げ、畏れ多くも伏見の里の大御社に鎮まります大神様の分け御霊を戴き、ご依頼者様のお宅の新しき御社にお鎮まりになられて戴きますこと、そして今後も益々、御守護賜ります様に心ばかりの品々をお上げさせて戴きまして御祈願致します。大神様が心穏やかに私が奏上させて戴く祝詞をお聞きして戴ける事がとても大事なので有ります。 
私は心 を込め厳(おごそ)かに奏上させて戴きました。
悠久の昔、その時代でも同じようにされていたと思うと、何とも雅、ですね。。。
私は平安時代の優雅な風習がとても好きです。
香を焚き、和歌を詠み、楽を奏で、花を愛でる…何とも優美です。。

04キャプチャ_convert_20160313173337

さて、奉鎮祭前日、雨が強く降りまして当日の神事にも大分、影響があのでは!?と正直の処、心配でした。 しかし、我らには大神様がついていてくださいます。しかも、ご依頼者様も大神様の御守護があられます。 
思った通り、明けには曇りながら雨の方は何とか止んで、無事にご依頼者様ご自宅に到着です。 今回はお家の中での内祭ですので、神具類を搬入出する時に大雨では大切な道具が濡れてしまいます。 大神様の御守護の元、このように丁度良い天候となりましたこと、本当に感謝でございます。

ご依頼者様のご自宅は未だ出来立てホヤホヤの新居です。私共はご依頼者様の新居完成された時、宅神清め祓いの神事もさせて戴きました。 
今回、久々にご依頼者様のご新居にお邪魔をさせて戴きとても安心いたしました。
家が新しい、素晴らしい内装具等などという外観の見た目、現世的な事だけでは無く、家の中はとても清清(すがすが)しい気で包まれて居り、清め祓いの神事でさせて戴いた後も気持ちの良い状態であられました。本当に良かったです。

早々に神事の用意をさせて戴きました。今回、神棚奉斎という事もあり、御神饌、一番水、特に大神様の為の真鯛、お餅等は御依頼様にご用意をして戴きました。
すべての御神饌が整いまして、午後一時になるところ御依頼様とお母様ご参列の中、いよいよ、『神璽奉鎮祭』です。
高野みどりがゆっくりと神前に向かいまして神前拝礼から始まります。

05キャプチャ_convert_20160313173346

式次第が読み上げられていき、神事は進みます。
「鎮座の儀」 、警蹕(けいひつ)の時でございます、「宇迦之御魂大神様 」が淡い桃色を背景、揺ら揺らと柔らかい絹の布が緩やかな風に優しく揺れるような感じです。まるで御簾が絹の布のようになったかのようです。そして、その桃色の中と申しましょうか、包み込まれているその奥から、キラキラと光輝いて現れ、お出ましになられました。 
私は「宇迦之御魂大神様」 のエネルギーをとても強く感じ背景の淡い桃色が風にたなびく様でとても美しくも優美な情景でした。
何とも言葉で表現する事がこんなにも難しく、稚拙な文でとても歯がゆい感じでございます。皆様にこの素晴らしい情景をお見せできない事がとても残念でなりません。いつも神事をさせて戴いた際、神様がお出ましになられた時、私はこの様な素晴らしい情景を皆様に見せて上げられることが出来るならばどんなにか良いだろう、といつも思うのです。

06キャプチャ_convert_20160313173355



式次第が読み上げられていき、神事は進み滞りなく執り行われ無事に終了致しました。 直会とさせて戴きまして御依頼様、乾杯の音頭で御神酒を戴き『神璽奉鎮祭』の終了です。 
ここで御依頼様にお詫びを申します。髙野彰によります『大神讃歌』御奉納歌奏上を忘れてしまいまして誠に申し訳有りませんでした。

07キャプチャ

さて、神具の撤収等、早々にさせて戴きまして、御依頼様、お母様からの手厚いおもてなしを戴き、色々なお話しで盛り上がり楽しいひと時を過ごさせて戴きました。
そろそろ私共はお暇する事と致しまして自宅に帰宅です。
光明稲荷御神前、この度、『神璽奉鎮祭、お役目を果たさせて戴きました。』とのご報告とご依頼者さまからの御奉納の品、お玉串を大神様に御奉納させて戴きました。

神棚奉斎神事レポートはこれて゛終了です。
最後までお読み戴き誠にありがとうございます。

2_convert_20160301165202.png




関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
145位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR