「○○家御霊所跡報賽御祭並清祓御祭」

今回、墓所の清め祓いの神事をしますご依頼者様とは
「ご息子様の御仏へのお導き」
キャプチャ0_convert_20150807124059


「宅神の清め祓い」
キャプチャ1_convert_20150807124110


因縁霊の除霊淨霊 「サダさん女性十六歳」
キャプチャ2_convert_20150807124122


キャプチャ3_convert_20150807124134
 「又左衛門さんと丁稚奉公はちとへい」

キャプチャ4_convert_20150807124145
 「おさよさん女性」
キャプチャ5_convert_20150807124201
 「梅さん女性16歳」



「叔父の御仏へのお導き」レポートの方、まだ出来上がって居りませんが・・(^ ^;)。後日、リポートさせて戴きます。
「○○山清め祓い」
キャプチャ6_convert_20150807124215


「○○山古墳一族御祭鎮魂」
キャプチャ7_convert_20150807124225

「新居の清め祓い御祭」
キャプチャ8_convert_20150807124238

と私共を信頼信用して頂き今回、○○山の墓所清め祓い」がこのお山での最後のお役目となります神事です。

キャプチャ9_convert_20150807124249


大神様からのご神託で「八月三日午後三時に執り行いなさい」のお言葉で私共は一週間前からの潔斎です。

キャプチャ10_convert_20150807124300
      
          「八月三日午後三時に執り行いなさい。」

この時期の外祭は神職にとってとても大変な時期です。外祭という事ですから夏の昼下がりは大変な気温で昨今、熱中症がこの時期とても多いのですが
そのような事が無いように水分、塩分(梅干)を補給しながら土からの照り返しを浴びながらの作業となります。
キャプチャ11_convert_20150807124309


八月三日、当日、朝から天気は大変に良く、晴天。気温も既に朝七時ごろには三十度に近くなってきてました。
前日に神事の為の神具等、既に車に運んでおりましたので神事に必要なもの、準備は整っております。
朝の神事を終了後、大神様からの「しっかりと執り行いなさい」お言葉を戴きまして私共は神様のお使いの者としてそのお言葉を心に刻み、お昼前に自宅を出発。

普段の日と言う事も有りまして道路の渋滞も無く、東名高速に入りご依頼者様の○○山に昼過ぎに到着です。
外の気温はと言うと。。。。軽く三十度以上は行ってます。

キャプチャ12_convert_20150807124322


私共は汗をかいてもよいように着替え等を万全にし、塩分補給を怠らないようにし、炎天下の中、神具の設置等を粛々と行いました。
神事の用意も終了。私は装束に着替えまして準備完了です。

ご依頼者様ご出席の中、午後三時定刻通りに「○○家御霊所跡報賽御祭並清祓御祭(〇〇け みたまところあと かえりもうしのみまつり ならびに きよめはらいのみまつり)」の神事を執り行う事となりました。

この炎天下、ご依頼者様のご家族も大変です。私共も大神様の言われましたお言葉を思いしっかりと神事を執り行う事に集中です。

神前拝礼から始まります。

キャプチャ13_convert_20150807124333


修祓、鎮魂と進んでいきます。祝詞奏上では今までの事をお詫びさせて戴き、清め祓いをさせて戴きます。

散供ノ儀では、私とご依頼者様とで○○家の墓所の清め祓いです。
まず、私が大麻での清め祓いさせて戴き、大神様が「この墓所に念が残って居る」との事、その残った念を取る、祓いを私の身体を通して色々と所作を致しまして、最後にはそれらを天空に上げました。

その後、ご依頼者様に私の方から所作をご説明させて戴き、それぞれに清め祓いをして戴きまして墓所の清め祓いは終了致しました。
さて、神事は進みまして、最後、神前拝礼で無事終了致しました。

キャプチャ14_convert_20150807124345


ご依頼者様もこの炎天下、ご苦労様でございました。
空を見上げますと雲は有りますが空は真っ青、太陽がギラギラと「どうだ!参ったか?」と言うばかりに強い日差しです。
ご依頼者様とこの○○山での神事最後に成りますので記念のお写真を撮りまして、先にご依頼者様に自宅に戻って戴き、私共は神具の撤収です。

私は装束を着替え、神具の運びを手伝いました。
作業の最中、今までの晴天の空に雲が広がり、太陽は雲に隠れ、私共に気持ち良い風が吹いて下さりとても助かりました。
大神様が「お前達、大変であろう。少しの間、雲を出し、風を起こしてあげよう」と私共に日陰と風を恵んでくれたのではないかと思うくらい風が私共に吹いてくれまして神具の運びをするのに大変身体が楽でした。
「大神様、ありがとうございます」ですね!!!

キャプチャ15_convert_20150807124356


神具の撤収も無事終了致しました。ご依頼者様のご自宅に向かい、ご依頼者様の○○家のご先祖様に今回の神事無事終了した事をご報告致しました。
すると、ご先祖様であられる祖父様が「誠にご苦労さまでした。ありがとうございいました。お手数をお掛け致しましたがホッと致しました。色々と苦労を掛けました。」と私にお礼のお言葉を戴き私も無事にお役をさせて戴けたことに安どの気持ちで一杯となりました。

ご依頼者様から心からのおもてなしを戴きました、またまた色々なお話しで盛り上がりました。
キャプチャ16_convert_20150807124410

            心安らぐおもてなし

さて、そろそろ私共はお暇(いとま)をさせて戴く事としました。
ご依頼者様から大神様にご奉納のお玉串を戴きまして、又、お礼のお玉串も戴きご依頼者様のお見送りの中、私共は自宅に向かいました。

自宅到着、大神様に早々にご報告と共にご依頼者様からのご奉納のお玉串をご神前にご奉納です。
「今日の神事のお役目しっかりと果たさせて戴きました。」又、大神様に「雲を出して戴き風を起こして戴き誠にまことにありがとう御座いました。」と大神様にお礼を申し上げました。

キャプチャ17_convert_20150807124424

さて、これからが又、大変です。もう私のブログを読んで居る方ならお分かりだと思いますが、そうなのです!! 我が家の愛するチビ達が先程から声高らかに待っています。
私は急いで我が家の子供達の好みをそれぞれに分けて「ちょっと待ってね~はい、お待ちどうさま!」とチビ達のそれぞれに ご飯を上げます。
みんなこの暑いのに美味しそうに食べています。

キャプチャ18_convert_20150807124437

その食べている間に私共は清めの湯に入り大神様との対座です。
大神様から「今日は大変であったの、ゆっくりと休みなさい。」のお言葉を戴き私共の心は「ホッ」と致しました。
私共は今日の神事の事についての色々な反省点などを話し、今日の神事のレポートは終了です。
キャプチャ19_convert_20150807124449

           「ゆっくり休みなさい」
キャプチャ20_convert_20150807124502

最後までお読み戴き誠にありがとう御座いました。




関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
338位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR