「○○家霊障神除清め祓いノ儀」        「鎮魂、浄霊除霊」

ご報告記事リポートアップが遅くなり、去年からのリポートがまだまだ沢山アップ出来ずにあります。今回もかなり前に下書きをしていたもので、随分と時期が遅くなってしまいましたが、昨年からの神事、除霊浄霊などのリポートも少しずつアップさせて戴きたいと存じます。
皆様、どうか今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

さて、前回のブログを読んで戴きました皆様、ありがとうございます。
今回は以前にご自宅の「土地の視察と霊視」をさせて戴きました神祠(ほこら)、白龍大神様、井戸の件等をご相談をお受けし、土地浄めの神事をする為、
ご依頼主様宅での「○○家宅神御祭清め祓い儀」を御奉仕させて戴きました。

ご依頼主様との最初の出会いは、世田谷区Roomerさんでの緊急セッションでのお写真の鑑定から始まり、そして横浜スペースでのセッションと、その時から「あるモノ」がずっと私共の身辺に近づき様子を伺って居たようでございます。そのモノは私共に気づかれずにそっと近づき何食わぬ顔で様々、惑わす事をして来たようでした。しかし、私はその事に気付くまでにはそんなに日にちが掛からず、そのモノのシッポを掴む事が出来ました。

キャプチャ1_convert_20150406183922
そして今回、いよいよ「霊障神除清め払いの儀(鎮魂、浄霊除霊)」と相成りました。
その時の模様をレポートにまとめさせて戴きました。今回、ご依頼主様のご了承の上、私のブログに記事の掲載をさせて戴させて頂きました。
キャプチャ2_convert_20150406183935
度々、邪霊の邪魔が入り、御神前で大神様からのお話を御伺いしご神託を戴く事も審判(さにわ)もままならない中、「よし」と思われるお言葉をこころに停め、神事を執り行うように努めました。

鎮魂 除霊浄霊、そして神事の時間は夜10時からとなりました。
あいにく、夜遅い時間ではございましたが御依頼者様のお出迎えを頂きまして早々に神事等の準備をする為、祭式神具等を運びまして、ご神饌等、準備を整え私も白衣に着替えを致しまして「心の軸」をしっかりと整えて問題のある御部屋へご依頼主様と共に入りまして「鎮魂、浄霊除霊」の運びとなりました。

今回、その問題と思われますお部屋、以前に御伺いさせて戴いた最初の「視察と霊視」の時、非常に悪い霊気を感じた時とは違いまして、何か妙に静まりかえり奥の方でジッと私の行動の一部始終を伺って居る様な気味の悪い静けさでした。さあ、気にしていても始まりません。私は部屋のほぼ真ん中あたりに香炭、ロウソクを置き御霊との話しを始める事に致しました。
キャプチャ3_convert_20150406183945
私は目を閉じてしばらく様子を見て居ました。「あれ、何も来ませんか・・?」
私は神通力の扉を開け「そこの居るモノ出て参れ!」と申しますとわたしの前方右の方から、何と申し上げて良いのか。。。。顔がトグロを巻いた蛇て゛蛇模様、目が金眼で初めて見るモノでした。とても人霊とは言えない、魑魅魍魎(ちみもうりょう)なのか何なのか、得体の知れないモノでした。これは何も言わず現れて黙って私の前に居ました。そして今度は、左の方からは顔が真っ黒で地中の奥深くに居たのか全身が真っ黒。何を言うでも無く私の前にいきなり現れました。そして次は動物のようなモノが現れました。一見、イノシシのように見えますがイノシシとは違う霊です。
キャプチャ4_convert_20150406183957
「まだ居るであろう!」と私が申しますと、私の前方右側、後方からも天上からもカラスのような形ですがカラスではなく、またコウモリのようなモノも出てまいりました。このモノもこうもりのようですがコウモリではなく、皆、現世の生き物とは全く違うものでした。その邪霊等がドンドン次々と現れるではないですか・・・!!
その数、何頭、何十頭所では有りませんでした。私は「これはまずい」と思い、この魑魅魍魎たちを大神様の御力を頂き止めました。何百と後ろのまたその後ろそしてまたその後ろにとドンドンと寄って来るのですからたまりません。

そして、その魑魅魍魎たちが何故、ここに居るのかを聞いて見る事にしました。そうしましたら、顔の黒いモノが「その事は口が裂けても言えない」と言ってきたのでした。私は、誰か奥の方で指示して居るものがいるなと?!思い、奥の方を「ジッ」と見ておりました。しばらくすると今度は又、違う人の御霊が前に寄って来ました。見るからに古い時代の方で先程の魑魅魍魎たちとは時代が違う御霊でした。お侍様のようです。
このお侍様が現れた途端、私の首が苦しく右腕がとても痛く感じ始めました。尋常ではない痛さでした。そして、このお侍様、首がありません。そのお侍の方とその横に居られますお方は、お侍様の奥方様ではないかと思われます。奥方様も首がありませんでした。そして、お侍様御夫婦の首でしょうか?見ると、お二方の首がお二人の横に有りました。又、お侍様の後ろに控えるように少し何か俯(うつむ)いたお方、お侍様の家臣でしょうか?じっとお侍様の後ろに付き添うように居られました。
キャプチャ5_convert_20150406184009
このお侍様と話をする事にしました。「あなた様がこの魑魅魍魎たちを操って居られるのですか?」するとお侍様は「私はそのような事をしておらぬ」「ではあなた様はこの○○家に何か恨みとかがあるのですか?」「私は何も悪い事はしておらん!」「私は誰かにはめられたのだ」私は「腕を切られましたね?」お侍様の利き腕しょうか?肘からし下が切り落とされていました。なるほど。だから、先程、私は物凄い痛みを感じたのです。これはお侍様の痛み…本当に痛みが強くて辛かったです。

お侍様は「私は誰かにはめられたのだ」「何も悪い事などしておらぬ」私はそのお侍様に色々とお話しを御伺い致しました所、この依頼主様の○○家に仕えて居たお侍様であられたとの事。お金の帳簿とかの責任を一手に任されていたそうです。しかし、仲間の誰かが裏で帳簿を操作されてしまい、その帳簿が合わない事が発覚。お金を騙(だま)し取ったと言う濡(ぬ)れ衣を着せられ、その責任を取らされる破目になったそうです。腕の傷は奥方と帰り道に、何者かに寄って不意打ちに遭い切られてしまったという事でした。
キャプチャ6_convert_20150406184019_convert_20150406184624
「何かお申し出になられたい事はありますか?」と私がお聞き致しますと、
お侍様はこの「○○家の方に伝えて欲しい。私は悪い事は何一つしておらぬ」との事でした。私の後ろには、ご依頼者様が座って私共のこのやり取りをジッと聞いておられました。私は「あなた様がお怒りになるのは大変分かります。しかし、このご依頼主様は同じ○○家の子孫であられても勿論、その時の方とは違うお方です。けれども、このご依頼主様のご長女様も先祖が大変悪い事をされたとの事、お詫(わ)びを申し上げたいとお願いして居(お)られます。お許しして頂けませんか?」

このような問答がしばらく続きました。私は「もしも、あなた様が許すというお気持ちになられたならば、その時にはあなた様の首は戻りますよ。いつまでもそのような事では辛いのではありませんか?」しかし、お侍様も中々、心の整理がつかず私との問答が又、しばらく続きました。ご依頼主様のご長女様も一生懸命にお詫びの「念」をそのお侍様に送りました。お侍様にご依頼主様の気持ちが伝わったのでしょう。
見る見るうちに首がお侍様に戻り奥方様の首も戻りました。やっとこれで私は御仏の道にお侍様達を導いて差し上げる事が出来ると思い「ホッと」致しました。

私は最後にお侍様のお名前をお聞きしました。お侍様は「私の名は彦左衛門と申す。妻は、ひらの。後ろに控えて居る者は平八郎と申す」と言われました。 
私は彦左衛門様に「どの仏様にお導きを頂きたいですか?」とお聞きしました。彦左衛門様「観音様にお願いをしたい」と仰(おっしゃ)いました。私は観音様に念をお送りさせて戴き、観音様にこの方々を御仏の道にお導きをお願いしますと申しました。

空間に光が放たれ、お侍様達に光が届きました。キラキラと美しいその光の中に彦左衛門様、奥方のひらの様、後ろに平八郎様が光の道に入られました。そして、彦左衛門様、奥方のひらの様が私に丁寧に会釈をされ、上の方に上の方へと上がられました。この方々たちの魂は元々はとても良いお方でしたのに色んな理不尽な事が起り命を絶たれてしまった。その事に恨(うら)み辛(つら)みはあられたにしろ、怨んでしまったというご自身の罪を悟られ、改心されやっと元の清らかな御魂(みたま)のお姿に戻られる事が出来、御仏の道に無事に行かれ良かったと心から思う次第です。
キャプチャ7_convert_20150406184030
さて・・・、お侍さま方をお導きさせて戴いた後、私は少しばかり息を整え目を閉じて居(お)りますと未だ右奥の方から魑魅魍魎たちを動かしてい居るモノがこちらの様子を伺っている気配をとても強く感じました。確かに大神様が仰られて居りますように五体、私を睨(にら)みつけて居る念、感覚を感じます。私も先程、鎮魂、除霊浄霊を終え、精神の集中力が難しいと感じ、今日の除霊浄霊はここで止めさせて頂きました。
キャプチャ8_convert_20150406184040
次回、このモノたちと懇々と話をして、大神様が仰られて居りますように「遷座の儀」を執り行う事となろうかと思います。この後、「○○家の霊障神除清め祓いノ儀」の神事を執り行い、大神様を始め、神々様の御力の元、各部屋の清め払いをさせて戴きまして無事に終了となりました。
キャプチャ9_convert_20150406184051
お時間も真夜中をとおに過ぎ、私共も祭式神道具を撤収しまして、ご依頼主様の心温まる「おもてなし」を戴き、ご長女様とこれからの事等、色々お話しさせて戴き、又、雑談等ではお話も盛り上がりましたが、お時間も夜中を過ぎて居りましたので早々に引き上げる事としました。ご長女様様から大神様へのご奉納の品を頂き、ご丁寧なお見送りを頂きまして私共は「感謝感謝」の気持ち一杯で帰路へと向かいました。帰宅後、早速に大神様にご奉納の品、お玉串等をご奉納させて戴きまして無事、お役目をさせて戴いた事をお伝えいたしました。
キャプチャ10
そして、浄めのお風呂に入りまして、やっと一件落着です。あのモノたちの事は又、考える事とし今日は無事終了となり、私共はやっと「ホッと」一息です。
「さ~てと、少し気分転換をしなくては・・・」いえいえ、まだ色々と神事が続いてますのでお酒は御法度。お肉もダメです・・・が「甘~いものでも食べて少し心を落ち着かせようかな?」
キャプチャ11_convert_20150406185104
それでは皆様、今年もあと僅かです。良い年を迎える為にも気を抜かず身を引き締めていきましょう。(※記事作成が去年のお話しですので、時差がありますことをご了承くださいませ。)
キャプチャ12
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
145位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR