相応の理 今世でのご縁

人とのご縁、動物たちとのご縁…
この世に生まれ出でしものには必ず、ご縁があって結ばれています。
良いご縁もあれば、悪い縁もあります。
これは、霊的な繋がりのご縁なのです。

「何で自分ばかりがこんな目に逢うの?」「夫のせいで、こんな風になった」
「妻があんなだから・・・」「こんな親の所に何で生まれてきたんだろう」
みな、この世に生まれる時には、どこに生まれるか予め決まっています。
厳密に言えば、今世での課題を背負って自分自身が選択して生まれて来ます。
これはご自身の前世でのカルマも影響し、もちろん前世から現世に渡ってのご一族やご自身の霊障等もご縁に影響を及ぼす場合があります。
様々な原因に依ってご縁ができるのです。

蜀咏悄a+047_convert_20111012102335


ご夫婦になられた。これも、この世で一緒に学びをしなくてはならない、ご縁で結ばれています。この広い地球上でたった一人と一人が結ばれたのです。
考えたら、とてつもない奇跡ですよね。(笑)
縁あって好き合って夫婦となっても、生活しているうちに少しずつ心のすれ違いなどが出てくる。
慣れ合いの中で、お互いが段々我がままになって、やって貰って当たり前のようになっていく。
お互いを思いやる気持ちが段々、薄れて行ってしまう。
価値観の違い、溝がどんどん深くなり、相性が合わないと気付く…
あれ??こんなはずじゃなかったのに…・。
ご相談をお受けすると、このような思いを抱えていらっしゃる方の多いこと。

「こんな相性が悪いのに我慢して離婚せずに一生を添い遂げるのが学びなの?」「別れちゃいけないの?」

いいえ、そうではありません。

私は良く、「エネルギーを共鳴させる」と言う事を言います。
自分を押し殺して「我慢し続ける」。つまり、自分と言う存在を否定し、消してしまう。
または、ご自身の「我」を通し、相手の立場では考えられない。いつも自分の物差しで価値観を決める。
これでは、少しも前に進んでいませんね。
自分のエネルギーを相手のエネルギーに合わせ過ぎたり、自分自身のみが中心とするエルメギーの中にいると、結局、自分を見失う結果となってしまうのです。

何故、このような相手が自分の傍に現れたのだろう?
自分は何をすべきなのだろう?
自分自身を見つめ、どのように生きたら良いのか?
それにはまず、自分の立ち位置をしっかりとすること。
自分の存在を認めること。
流されないこと。巻き込まれないこと。
そして相手の存在をも尊重し、理解する器を持つということ。
お互いがきちんとそれぞれのエネルギーフィールドを保つことが大切なのです。

そして、今、置かれている困難な状況から逃げるのではなく、その状況から何を学ぶ事ができるのか?
精一杯、努力してみるのです。

けれども、決して、無闇に無理やり事を動かそうとしないでください。
流れのままに任せてみるのです。
宇宙の流れが出て来ます。その流れのままに任せて下さい。

そうして行くうちに、自分がどうしたら良いのかが道が見えて来ます。
光が見えて来ます。「自分がどうしてこのような事になったのか」「正しい経験だった」「決して遠回りではなかったんだ」と理解できた時、初めて学びが終わりを告げる時です。

様々な人間関係、夫婦関係…人が生きて行く上で必ず人と人との繋がりがあります。
それは、人は決して一人では存在できないということ、
みな、生きとし生けるものが全て繋がっているのだと言うこと…宇宙の一部なのだということなのです。
050_convert_20111012102923.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1022位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
208位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR