セッションリポート 横浜スペースにて2014.10.5

この度、御相談者様の愛あるお申し出に依り「横浜スペースでのご自身のセッション体験談」を掲載させて戴く事が出来ました。御相談者様、自ら書かれた文章、心の声です。
文章は何も加えず何も引かず、で御相談者様のエネルギーを崩す事無くそのままの形で掲載させて戴きました。
この場をお借り致しましてこの貴重な体験談を勇気を持ってご自身自ら語り掲載させて戴きました事、御相談者様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
少しでも同じ様な辛い日々を送られていらっしゃる方々の明日への幸せの第一歩に繋がります事を心から願います。

007_convert_20120401104742.jpg


我が家には4匹のワンちゃんがいます、この子達は定期的にセッションをうけ、先生に何度も救っていただきました。
今回もみどり先生に救って頂きました!

私は、小さい頃からのトラウマを抱え、ずっと引きずり生きてきました。
セッションを受けてトラウマが解消できるなんてあるのだろうか…と自分のこととなると二の足を踏んでいました。
今回、セッションを受けて、そのトラウマの原因、過去との因縁、そして、その意味がわかり、これから自分がすべきことがわかり、生きていく意味を知ることができました。今、何かのトラウマで悩まれてる方の救いとなればと書かせていただくことにしました。

私の幼い頃の記憶は、「お前さえいなければこの家は幸せなんだ」と日々殴られ、蹴られた記憶しかありません。多分、怒られるには理由があったのだと思いますが、その記憶はなく「お灸だ」と言われ、口、背中、指、怒られるたびに御線香を押しつけられました。

小1の時の遠足の朝、理由は覚えていませんが、蹴られ、目の周りにあおたんを作り学校へ行き、友達に「どうしたの?」と聞かれたことをはっきり覚えています。

夕飯の後片付けを手伝っていて、お皿を割ってしまって、謝る前にストーブの上の煮えたぎったやかんが飛んできたりしました。手で殴ると手が痛いと布団たたきで叩かれました。机の上が汚い、学校へ行く資格がないと土手の下にあるゴミ焼き場にランドセル、教科書、全て捨てられ泣きながら何度も拾った覚えがあります。

私の親は謝っても決して許してはくれませんでした。障子の向こう側で、父母、妹が食事をしています、私は廊下に正座をし、泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝り続けます、すると、「うるさい!」とまた殴られます。
それでも父母の笑う顔が見たくて、褒められたい自分がいました。

今から14年前に母がくも膜下出血で倒れました。介護はすべて私一人にのしかかりました。父母のことは憎んではいるけど、どうしても嫌いになれない、過去、自分がされた数々の暴力、なぜ、私はこんなにいじめられるのか、板挟みの中の介護、そして、うつ病に。

セッションを受けて、何を言われるの?言われてできなかったらどうしよう、その気持ちが強くてあと一歩が出ませんでした。
私には娘がいます、その娘にセッションを受けてみたらと何度も何度も背中を押され、娘の思いを受けとめ、もの凄い決心を持って受けてみようと思いました。
セッションを受けて本当に良かったです。

今回、セッションを受けて衝撃的な事実が分かりました。
まさに、輪廻転生、前世で、私は父母の母親、父母は兄弟だったのです。犬を殺し、その肉を売って生計をたて、子供に虐待を与えていたのです。先生には、私が川に子供を放り投げ、子供が流れていく映像が見えたそうです。前世の私は成り上がりで学がなく、また一方で子供達はとても頭がよかったそうですが、学校にも行かせてもらえなかったそうです。今の時代では考えられない状態だったそうです、それが残っていて、今、私はその償いをしていると言われました。それも、私がそれを選んでこの世に生まれてきたそうです。

私は何度も生まれ変わり、輪廻転生を繰り返す中で命の尊さを学び浄化されていったそうです。が、私の父母は、虐待をうけた恨みつらみを浄化されることなく、輪廻転生を繰り返し、私の親としてこの世に生を受け、三人でやり直さないといけないというこで生まれてきたそうです。
だから、私は何度も踏みつけられても母についていきたかったのだということがわかりました。そして、私が亡き父母に感謝の気持ち、ありがとうっていう気持ちが出てくれば消化できる、だけど、父母は分からない、まだ、足りない、まだ足りないぞって憎み続けたままあの世に行っていると聞かされたときはショックでした。

では、どうすればいいのか…私が切り離せばいいと言われました。
父母に最善のことをして見送った、私が分からないままの中で本能で面倒をみた、無償の愛、もうそれで十分なのだと先生がおっしゃってくださいました。
私が、「ありがとう、産んでくれてありがとう」っていう気持ちになれないから生きている意味が分からない、に繋がるのだそうです。
色々な困難を乗り越え、それを愛に変えることができ、今があり、私は愛を与えていく存在だということが分かりました。これこそが私が生きている意味だったのです。

先生からのお言葉です、「私の父母はやりたい放題やって逝ってしまったのは前世からのもの、だから、私がいまだになんで?なんであんなにいじめられたの?と思ってしまったら、また、元に戻ってしまう、辛いながらも色々やってあげた、それで帳消し、プラスマイナスゼロ、そして、ありがとうって言ってあげることで完結する、これで本当の親子になれたね、産んでくれてありがとう、お父さん、お母さんの子でよかった、じゃなかったら完結しなかったね、ごめんね、そう言ってあげることでそれで完結する」。

私が霧が晴れた思いでいっぱいになりました。
色々なトラウマを抱えて辛い思いをされている方に伝えたいです。
必ずそこには意味、原因があること、そして、これを読んで下さって、一人でもトラウマから解放、救われればと願います。

先に記述しましたが、うちには4匹のワンちゃんがいます、なぜかその中の2匹のワンちゃんに対して愛しさが強く、先生に霊視していただき、「?」が「そうだったのか!」に。

1392981833483_convert_20141008120155.jpg

前世で会っていたのです。
前世でその2匹のワンちゃんは親子で母親は目が見えなくて乳飲み子を抱え、私が(この時は男性だったそうです)牧場の納屋に隠れていた親子をみつけて、かわいそうで面倒をみてあげようとしたのだけれど、奥さんがすごく意地悪な人で頭があがらず、奥さんの言いなりになって、その親子を川に捨てに行って、「申し訳なかった、もしこの子達に出会ったならば、一緒に住みたい、今度は暖かいところで何不自由なくさせてあげたい、ごめんな」と言って連れていったそうです。そして、今一緒にいる2匹のワンちゃん達にはその記憶が残っているそうです、今度はこのおじちゃんの所に行くんだ!って思って亡くなったそうです。
DSC_0845_convert_20141008120228.jpg

前世で、目の見えない母親犬が先に我が家にきました、その1年後、何気なく寄ったペットショップでみたワンちゃん、どうしても家に連れて帰りたくなり、連れて帰りました。それも、先にきたワンちゃん、母親犬が呼び寄せたこともわかりました。
捨てなければならない、どんなに辛かったろう、捨てられたあと、その子達はどうなったのか、泣きました、そして、再び会えたこと、今一緒にいられることへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今は、買ったはいいけど、思ったのと違うと返品したり、処分したいのだけれど、どうしたらいいのかとペットショップに問い合わせをする方が実際にいるのだという現実があります。吠えるには必ずその子の思い、意味があります、「?」がそうだったかに変われます、なんで?なんで?と悩まれてる方、みどり先生にその子の気持ちを聞いてみてあげてください。そして一つでも消えなくていい命がなくなるよう願うばかりです。



関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
145位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR