八月三十一日 伏見稲荷大社 月参拝

キャプチャ伏見1


今月も神事、セッションと立て込んだ日々でした。30日は富士市ポワポワさんでの出張セッション。その翌日、31日は午前中、遠隔セッション等をさせて戴き当日中に八月の月参拝をと願い夕方5時に自宅を出発致しました。

東名高速に入り所々で強い雨。京都はどうだろうと思いつつ、大神様が守ってくださっているから安心とばかり車を走らせました。

いつもより早い時間に伏見稲荷大社に到着しました。早く、と言いましても夜10時です。けれども、結構、参拝されていらっしゃる方、先達さんと共に信者さんが稲荷山を上がられたりといつもよりも参拝の方がいらっしゃったようです。

私共はいつものように、本殿前の拝殿で宇迦之御魂大神様、その他五柱の大神様にも参拝させて戴き、お玉串奉納と共に八月、皆様、そして動物達の御無事の感謝と共に来月も又、心身無事に過ごす事が出来ます様、御祈願させて戴きました。

又、命婦専女大神様、稲荷山一の峰に御鎮座されていらっしゃる末廣大神様、お掃除の後、ささやかな御神饌をお上げさせて戴き、お玉串奉納、大祓詞、祝詞を奏上。皆様が八月を心身ご無事でお過ごしになられました事、動物達の御無事の感謝と共に来月も心身無事に過ごす事が出来ます様御祈願させて戴きました。そして大神様からのご神託も賜りました。

大神様と対座させて戴く時間は私に取りましてとても大切なひと時でございます。古いエネルギーが浄化されて元気なエネルギーを戴けます。
軸を整えて戴きますと、背筋がピンとしてとても気持ち良く元気になります。

穢れを祓って戴き神様の清々しい気で心身を清め元気で満たして戴ける。
何とも勿体無い、有難い事でございます。

「祓い」とは単に知らず知らずに身についてしまった汚れや罪穢れを祓う、と言う事だけではなく、「穢れ」が変化して「気枯れ」(きが枯れる)、つまり元気を失ってしまった状態の意という説もあるようです。その「気が枯れた」状態の古い「穢れ」を祓う事で神様の新しく清々しくも素晴らしいエネルギー、元気の気を戴き元気に成れると言う事。こじつけ、と仰る方もおいでかと思います。けれども私はこの意に深く納得致します。日本語と言うものは何とも奥が深いですね。

さてさて、話は脱線いたしましたが無事に月参りを済ませまして無事に帰宅致しました。家のドアを開けると我が家の愛猫達が次々にお出迎えしてくれました。無事を確認して、まずは神様にお上げするための一番水を取りました。
そして猫達の世話、片づけ、お掃除お洗濯等・・・お風呂で身を浄めて
本日、九月一日、御祭りの御用意を開始です。

九月も素晴らしい月となりますように。



関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
367位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR