神祠取除清め祓いの儀

「霊孤」遷座の儀を執り行いました依頼主様から「神祠取除清め祓いの儀」お願いしますとのお電話を戴き、大神様に「神事」等のご神託を受け「潔斎せよ」との事、時間のご要望はご依頼主様のお店の営業時間、解体業者様のご都合も考慮しまして午前9時半から神事を執り行う事と成りました。

7月、梅雨時と言う事も有り当日の天気が気になりましたが、大神様が「我らが守る故、安心しなさい」とのお言葉。私は「神祠取除清め祓いの儀」の祝詞を作成する事、潔斎等神事の準備に専念致しました。

前日、天候が不安定で雨が酷く降って居り、ご依頼主様からご心配のお電話で「明日の神事はどうしますか?」のとご連絡を戴きました。
私は「決めさせて戴いた日程に予定通り執り行わせて頂きます。」とお話しをし、さて、いよいよ当日と成りました。
やはり私共の地域は雨模様。昨日、祭式用具等は車に運んでおいてあり用意も済ませて置きましたので、朝の神事をいつもの時間よりも随分と早い時刻の午前2時頃に執り行いまして、午前4時半に出発しました。

小田原厚木道路を走る中、雨はザァーザァー降りに近い状態。
大神様に「安心せよ」のお言葉が少しずつゆらぎ始め「大丈夫かな~?」と言う気持ちが心の中にムクッともたげてまいりました。
東京インター、首都高速に入り時間も早いので車の走る台数もかなり少なくて何事もなくスムーズにご依頼主様のご自宅に向かいました。
まだ雨は少し降っているものの、小雨になり、ご依頼主様の近く辺りで雨は止んでくれてましたが相変わらず空は黒い雲が辺り一面に覆ってました。今にも降り出しそうです。

ご自宅に到着。ご依頼主様にご挨拶、早々に神事の準備、案等の組む作業をしながら空を見ますと相変わらず黒い雲が覆って居り雨が降ってもおかしくない状態です。只々「降らないで下さい!!」と大神様に祈るだけでした。

神事の準備が整う頃には空の雲があちらこちらと途切れ、薄日が射し始めました。
ご依頼主様のご家族、お店の料理長、解体業者社長様、従業員の皆様が揃い、いよいよ神事開始となりました。神事の最中は暑い日差しが照りつけて今までの雨模様が嘘の様でした。
大神様の仰ったとおり、雨に降られる事もなく途中、風が強く吹き始めた為、風で(実はそこに厄介な御霊様、のちにお話しを?)大麻、榊立て、真榊等が倒れましたが(外祭ではよくある事なのです・・・^^:;) 大きなアクシデントも全く無く、無事「神祠取除清め祓いの儀」を終える事が出来ました。

修正5_convert_20140723151817

天候も神事の後半は晴れてきまして神事に参加されましたご家族、他皆様、大変ではなかったかと思われます。「暑い中、誠にありがとうございます。」

神事終了後、早々に神事等それぞれの祭式道具の案等を撤収し片付けを終了。
いよいよ解体業者さんが神祠の解体に取り掛かりました。
解体業者社長様が「神祠をバラバラにして取り壊す、と言うよりも、できるだけそのままの状態で移動という形で運び出す様に」と作業で進めて戴き、私もその流れを見ましてとても安心しました。
神祠の上の部分をそのまま取り、下の土台はコンクリートですので重機による取り壊しと言う事になるのではないかと思われます。

神事終了後には、ご依頼主様からの手厚いおもてなしを受けました。
料亭という事も有り懐石の料理をご用意して戴き感謝に耐えません。心身身体の疲れが一気に取れる感じでした。ご依頼主様のお父様からの大変良いお話も色々とお聞かせ戴きありがとうございました。

ここで神祠の「本当にあった怖いお話、本怖です。」を少しお話したいと思います。
とある地方のゴルフ場建設の際に重機が稲荷を祀る祠を引っ掛けてしまった事があるそうです。数日も経たないうちに重機の運転手と作業員が、事故と急な身体の変調を訴え相次いで亡くなったそうです。神社に三度もお祓いを頼んだけれども、結局その後、四人が病気などで廃人同様となり再起不能となり工事も半年以上遅れたという事です。

この話は実際あった怖いお話です。この稲荷の神祠を引っ掛けた事故に限らず神様をお祭りしてあります祠、お社、依代「よりしろ」等を粗末にしたり勝手に動かしたり「簡易な清め祓い」で取り壊しをした場合、いくら正神界の神様と言えども、どの神様も黙ってはいないのでは無いかと思います。

家の御札も置く場合にも、たかが御札、とぞんざいになさらない事です。
神様に失礼無い様にキチンと方位、場所等を調べて清浄な場所に置かれてください。
置かれる場所等が決まりましたら家内安全がしっかり守られるようにしっかりと心を込めて御祈念をするように致しましょう。

以上を「肝に銘じ」いつも神様に素直な感謝の心でいらっしゃれば、大神様に守って戴き「鬼に金棒」ではないかと思います。
皆様はどうでしょうか・・・。
自分の身近に有りましたら少しお気に掛けてみてくださいませ。

さあて、美味しいお料理を戴き、お腹も満足顔です。
天候もすっきりと晴れまして暑いくらいに成りました。
ご依頼主様からのお見送りをして戴き、大神様に感謝し自宅への帰路に向かいました。

「サァ~てと、ワンちゃんネコちゃんのセッション、ガンバ。」
本日もお疲れ様でした。(m_ _m)


料亭中庭の松、樹齢150年位だそうです。
とても立派な松です。
松さんとはお話はしませんでした。

修正12_convert_20140723151838

依頼主様からの暖かな「おもてなし」で
ホッと一息です

修正14_convert_20140723151855
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
208位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR