稲荷神、狐の祟り!??

お稲荷様って恐いんじゃないのか、祟られるって聞くけれど??等などの事を聞かれる事が
あります。

これは神様に対して知識が殆どない御相談者様からに限らず、神様に関して専門家である神職、神道関係の方からもそんな声があったのにはびっくりと言いますか、
とにかく残念な気持ちで一杯です。
以前にもこの事をブログ記事として掲載したことがございます。
けれども、未だにその事が払拭されていないのだと言う事を改めて知りました。

皆様は伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社、笠間稲荷などにはいらしたことはございますでしょうか。もしも、お稲荷様が邪神、祟りの神だったとしたら、このような壮大な素晴らしい神社として存在していないはずです。
そして、神様から尊きご守護を戴いたとして感謝と共にご奉納された多くの崇敬者の方々が名を連ねていらっしゃいます。
これは古くは平安時代にも遡り天皇を始め貴族、清少納言もご参拝されております。
そして、かの豊臣秀吉公も母君の病気平癒祈願成就のお礼にと伏見稲荷大社の楼門を寄進されました。これらの数多くの方々に崇敬されている神様、稲荷大神様が「祟り神」であるなどと言う事は言える筈はございません。

002_convert_20110921085200.jpg


世間一般で広まった間違った知識、偏見的な考え方、風評が今の状態を作り上げてしまったのでしょうか。
私達にとても身近なお稲荷様だからこそ、この様な誤解が生じてしまったのかもしれません。

確かに「狐さま」と呼ばれているお稲荷様を祀って様々な恩恵があったにも関わらず、
その後、感謝の意もなく疎かにしたり祀らなくなった、神様に断りなく祠を自分達の都合で勝手に取り除いてしまったり壊してしまった後、様々な禍が起こった、というような事をよく聞きます。

この様な状況になった場合ですが、神様の立場になってよくよく考えてみれば「今までちゃんと守って来て散々、福をもたらして来たのにこの仕打ちはなんなのだ!?」と、祠などを何の断りもなく壊されて行き場を失った神様が怒り暴れるという事も理解できなくはありません。
ご利益を戴いているのに自分たちの都合で祠を壊したり祀りをいい加減にしたり疎かにする行為の方が問題だと思います。これは喩、正神界の神様であられても、禍を起こさないまでもきっとお怒りになられ気づきをお与えになろうか事かと思います。

けれども、ちゃんと礼節を守り一生懸命に祀って来た。お陰様で商売も軌道に乗り何店舗も増やす事が出来た。が、転げ落ちる様に急に商売がうまくいかなくなってしまい倒産、一家離散、家族は訳の分からない奇病になってしまった等の禍が起こってしまった。そんな事例もよく耳にしました。
この場合には別に神様の機嫌を損ねるような事もしていない無い筈ですし、決して祀る側には落ち度はない筈ですから神様の事を疑っても仕方ないかと思います。

これら異なるケースにおいて、それぞれに共に禍が起こってしまったのはなぜ?
何が原因なのでしょうか。

この禍は本当に神様がした仕業なのでしょうか。
神様と呼んでいた存在は本当に正しい神界にいらっしゃる霊格の高い神様だったのでしょうか?


稲荷大神様にかかわらず神様にはそれぞれに霊格があり、そして喜怒哀楽等のような様々な面の性質をも持っていらっしゃいます。道理に合わない事、正義でない事にはお怒りになられる場合もございます。私たち人間は皆が聖人ではございませんからちょっとした事で魔が差したり過ちも犯します。そんな時、何か間違った道に行こうとした時には正しき道に戻れるように、厳しい助言をされたり、敢えて過酷な状況に敢えて身を置かされて気付きをお与えくださる場合もございます。

033_convert_20120111131546.jpg


けれどもその怒りとは、一生懸命に努力している人達に向かって仰られる事。
何か改善の余地がある、見込みがあると神様が好まれ選ばれた方のみに対してしてくださる、謂わば、「愛の怒り」であると私は思うのです。
神様がどうでもよい、と判断されればソッポを向かれてしまいます。
これは、人間でもそうですがどうでも良い人間に対してわざわざ説得ようとしたりアドバイスしようなどとは思いませんね。改善の余地の無い様な人、私利私欲の塊のような人ならば、無視をしてこちらからは何も言わないでしょう。それと全く同じだと思います。

しかし、ただ単に神様がその人を守護するのが途中で嫌になったり神様のご気分で止めてしまう等という様な低レベルな自分勝手な事は正神界の神様は決してなさいません。
もしも、それをするとしたら邪神邪霊の低級な存在、神様になり切れない中半端な存在がする仕業なのです。正しい神様、霊格の高い神様である邪神、邪霊、低級霊でない神様は祀る人に対して悪さをする、と言う事は決してないのです。

さてそれでは、祀っている側の気持ち、の方はどうだったのでしょうか。
神様をお迎えし祀る事・・・それはとても大変な事です。
その時だけ何となく祀る、単に商売繁盛、ご利益を貰いたいから自分の私利私欲だけの為、願いを叶えたいからと言う事だけ安易にお札を貰って来る、お札よりも効果がありそうだから御靈を戴こう、では神様に対して失礼であると思います。

「祀る」と言う事は、神様の存在に感謝し日々、真剣に神様に向き合い生きていくという事なのです。
神様に対して礼節を持って祀る。神様に御守護戴いて日々、正業させて戴ける事の感謝と共に日々、誠心誠意、益々、向上すべく一生懸命に努力する。
「祀り」は尊い「信仰心」の現れです。
神様を祀る、と言う事は唯、祈願を叶えて戴こうとする、唯、神様に縋るという事ではないのです。
感謝を込めて素直な気持で真摯に向き合う事こそ「祀り」であり、「信仰」であると私は思うのです。

私のブログ記事に稲荷大神様に関しての記事がございます。
もう少し、稲荷大神様について紐解いてご覧になられたい方はこちらをご覧くださいませ。

http://anitanchuchu.blog.fc2.com/blog-category-16.html

http://anitanchuchu.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

c0067040_2222819_convert_20120112183448.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
208位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR