お日供の仕方

「お日供」というのは、毎朝、毎晩、神様にご奉仕する、つまりご神饌をお上げして日々、御守護戴いている感謝と共にご挨拶をすることです。
今日はご家庭での簡易的な「お日供」の仕方についてお話ししましょう。
                         
                           
まず、窓を開けて、新鮮な空気を入れ替えましょう。
そして、神様のお住まいであるお社とその周辺をお掃除しましょう。
榊のお水を新しいものと取り替えて枯れた葉は取り除きます。
神様がいらっしゃる場所は常に清浄にしておいてください。
お香などを焚いても大変、結構ですね。
                    蜀咏悄a+017_convert_20110927103639
      

そして、神様にお上げする御神饌、つまりお食事をご用意いたします。
御神饌と言うのは、生饌のことで、お水、塩、洗米を日々、お上げします。

また、その時々で戴いた物、初物などもお上げしても神様に喜ばれます。

さて、まずはお水ですが、神さまには朝の一番水をお上げください。
朝起きて一番先に出すお水、又は深夜零時を過ぎた時に出すお水です。
お塩、お米(洗米)は出来ましたらうず高く円錐形に盛ってください。
これらを三方(ヒノキなどで出来た脚の付いたお膳)などに乗せてお上げいたします。
神饌用の小さな三方は神棚をご購入する際には一緒に買い求める事が出来ます。
乗せ方はその神社さまや新興宗教、教派神道など方式に依って違いますので、その方法でされてくださいね。
また、お酒などは毎月、一日と十五日には必ずお上げください。余裕があられる場合などには毎日でも結構ですよ。

それから、朝の神事をさせて戴きます。
まずは自身の身を清めます。
これは、正式には潔斎(けっさい)といい、神前に向かう前には必ず身体や口を水で清めますが、ご家庭での日々の事ですので、口を濯ぎ、手を洗えば大丈夫です。
もちろん、衣服はきちんと着替えて下さいね。
正装でなく普段着で結構ですがパジャマのままでは神様に失礼ですね。(苦笑)

そして、神前に向かいます。
まず一拝(一礼)します。神様におはようございます、と申し上げましょう。
そして、神前にあるお燈明に右側から灯を燈し、御神饌の水玉(水の入った器)を開けて手前に蓋の表を向け、蓋の中側を神様の方に向け立てるようにします。
それから、二礼二拍手し、日々の感謝と今日一日の無事を祈願いたします。
一拝(一礼)します。
(大祓詞や祝詞を奏上される場合には、まず二礼の後、奏上し終わりましたら二礼二拍手一礼されてください。)
この拍手などの回数も神社、教派神道系により異なりますのでその旨に従ってされてくださいね。

そして、軽く一礼してからお燈明を左側から消燈します。この際には決して息を吹いてはいけません。必ず、指で消すか、手で消すようにしてください。
神様にとって失礼にならないような消し方でなさってください。
次に軽く一礼して水玉の蓋を閉めます。
最後は改めて神様に一礼して下がります。

この作法はあくまで簡易的で一般的なものですので神社、新興宗教、教派神道などによっては事なりますのでそれぞれの作法でされると良いと思います。
いずれにしても「神様に失礼の無いやり方」、と言う事が大前提です。
毎日のスタートを神様と清々しく向き合う事で今日も一日、がんばりましょう!!

              蜀咏悄a+011_convert_20110927103509
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
145位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR