お稲荷様の神棚や祭壇での御神札の祀り方

皆さまからのご相談にもありましたお稲荷様の神棚や祭壇での御神札(おふだ)の祀り方についてお話ししようと思います。
まず神様をご家庭でお祀りする場合、北向きを除いて清浄な場所などに神棚や祭壇を設置致します。

012_convert_20120313145540.jpg

良く皆さまから御相談される事は「いろいろな神様のお神札を神棚やお社に一緒に祀っても良いのか」と言う事ですが、これ等の事を「雑まつり」「重ねまつり」と言います。
同じ棚の上に様々な神様の御神札を一緒にお祀りされても差し支えありません。
けれども、あれもこれもと言う感じであちこちの神社から戴いた御神札をお祀りするのはよろしくありませんね。
神様にも気持ち良くいらして戴ける様にきちんとしたお祀りの仕方をされてください。これは、以前に書きました記事にも書いてございますのでそちらを御参考にされてください。
http://anitanchuchu.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

さて、お稲荷さまの場合でお話し致しますと基本的にこれも他の神様の御神札と共にお祀りして戴いて差し支えはございません。
但し、御神体が何かによってお祀りの仕方が変わってきます。

まず、お稲荷様の御神体が御霊(桐の箱に入って金襴がかかっているもの)の場合は他の神様のお札と一緒にお社に納めることはできません。
この場合には、別々のお社をそれぞれの棚を作るか、又は同じ棚の上にそれぞれ一つずつのお社を並べお祀りするということになります。
お稲荷様のお社の前には必ず鳥居、神狐は付けてお祀りしてくださいね。

御神札の場合には先程も申しました様に同じお社にそれぞれの御神札を納めて一緒にお祀りされても大丈夫ですし別々のお社で祀られても三社宮で別々の扉に納められて大丈夫です。

お社を別々にして並べてお祀りする場合も御神体によって変わってきます。
基本的には、向って右側に位の高い神様がきます。
どちらも御神札でお祀りの場合、例えば天照大神とお稲荷さんでしたら天照大神の方が位が上となりますので向って右になります
けれどもお稲荷さんを御霊でお祀りの場合は、御霊は御神札よりも格が上となりますので、一緒の棚に置かれる神様がたとえ天照大神(一番位が高い神様)であってもお稲荷様が右になります。
三社宮の場合は、真中が一番高い位で、向って右が二番、そして左となります。

この様にお祀りされる御神体によって又、お社の位置や御神札の順番が変わってまいります。

お祀りする御霊、御神札を戴く場合、お社の大きさ等「値段の高いものが良い」「大きく立派なのが良い」と言う事では決してありません。
大切なのは真心です。
背伸びをせずにご自身が出来る範囲で神様に失礼のない様に真心を込めてお祀りされて下さい。
お祀りされてご自身が神様から御守護戴き何か良い事、願いがかなった時等に神様にお礼として御神具を新たになさるとか、五年ほど経たれ後、神様の大神徳を戴き無事に過ごせていらっしゃる事が出来た時には感謝の意を込めて御霊のお位上げなどされる事もよろしいかと思います。

神様と皆様とのご縁が固く結ばれ、末永くお守り戴けますように御祈念いたします。


024_convert_20121212182906.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
155位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR