拍手って何?

019c_convert_20121203194251.jpg


今日は神前の作法の一つ「拍手」についてお話ししたいと思います。
皆様が神社、ご家庭の神棚で神拝に際して両手のひらを打ち合わせて鳴らす事を「かしわで」と言います。
「かしわで」は「拍手」と書きます。
漢字の書き方には諸説ありますが「拍」(はく)の字が「柏」(かしわ)と混同されてしまい用いられた事から生じたという説もあるようです。

ヒラデ(開手、平手)、八開手(ヤヒラデ)ともいわれるようです。
又、上代にカシワの葉を笥(ケ);容器としてケ(食物)を盛った事に由来するとも言われています。
このように諸説あってどれが本当かは分かりませんが、いずれにしても「拍手」という作法はただ単に手を叩くと言うものではありません。拍手は神様の御出現を願う為の作法の一つです。
歓喜、喝采、誓約、感謝などを現す事から発したと言われています。
神さまに対する敬意を表す厳かな作法の一つなのです。

神前での敬礼作法の一つであるこの「拍手」は「拝」(はい)・ (腰を九十度に折った深いおじぎ)と共に神前での敬礼作法の中で最も敬意を現す作法です。
この敬礼作法はニ礼二拍手一拝というのが良く知られていますが、この作法が確立したのは明治以降だそうです。
それぞれの神社、教派神道などによっても異なり三拍手、四拍手、五拍手、八拍手等様々です。伊勢神宮では「八度拝」と言って起拝を四度繰り返しますし、出雲大社では「四拍手」と言って古来からの伝統的拝礼作法を行っております。

また、神葬祭、年忌祭などの場合には「忍手」(しのびて)と言って音を立てずに拍手を打ちます。


よく神社で雑にパンパン、と叩くように適当に拍手されたり音を立てずに拍手されていらっしゃるのをお見かけする事があります。
これから年末年始と神社に参拝される機会もあられるかと思います。
是非、神社、ご家庭の神棚で礼拝をされる時には、神様に敬意を持って拍手はしっかりと気持ち良く音を立て神さまにお出まし戴けるように願い礼拝されてくださいませ。
きっと皆様の御心が神様に届く事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
145位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR