FC2ブログ

人形(ひとがた)ってバカに出来ませんね!

イナリダイジです。
先月6月30日夏越しの大祓、
「茅の輪くぐり」無事に終了しホットして
いるところです。

夏越しの大祓では皆様に人形
(ひとがた)をお渡します。

01キャプチャ_convert_20190716205704

今は人形(ひとがた)だけではなく車、
バイク等もあります。
今回は皆様ご自身の人形に各々、お名前、
生年月日、年齢、を書いて戴きました。

書き終えましたら皆様、人形に息を
吹きかけます。

普通は三回吹きかけます。
その時に「祓い給え清め給え」と心に念じるか
声を出して吹きかけます。

02キャプチャ_convert_20190716205720

人によってはご自身の身体の悪い
場所に人形を当てるかこすって息を
吹きかける方もいます。

この人形は依代(よりしろ:霊が憑依する
もの)で人の身がわりとなるのです。

人についてしまった穢れ(けがれ:
不浄なモノ)や厄(やく:災いや苦し
み)などを身代わりに移して、川に流し
たり忌み火でお焚き上げしたりし
ます。
(我が光明稲荷神社では大神様のご神託で
夏越の大祓式では川に流し、年末大祓式では
忌み火をせよとの事でございました。)

そうする事によって身代わりの
人形(ひとがた)が穢れや厄を背
負い、皆さんは災いをさける事が
出来るという事です。

03邪_convert_20190716205752

人形に息を吹きかけ終了しましたなら
ば最後に唐櫃(からひつ)に納めます。

ご出席されました全員が終了、唐櫃の
蓋(ふた)を閉めます。

その際、イナリダイジはマスクをし白の
手袋をし半紙に置かれた人形を触る
事なく唐櫃の中に納め蓋をします。

そののち、みどり先生、イナリダイジは
とある川の下流に行き流します。

みどり先生、唐櫃を持った瞬間一言。
「重い!!」
重い圧を感じた、との事でした。

04おもいぞ_convert_20190716205817

唐櫃自体は木ですので重い事は
もちろん有りませんし中身の人形も半紙です
ので重く圧を感じる事はない筈なの
ですが・・・。

みどり先生の感じる事とは、皆さんが
半年で穢れ邪の念が人形に憑依、
身代わりとなり半年もの間、積もり積
もればではないですが穢れ、邪の念
が重く感じるようです。

ブログ掲載にもみどり先生が
人形を流している写真を掲載
しましたが、
実は、川に人形を
流す際、面白いと言ったら良いの
か大変興味深い、出来事が有りました。

神事終了し皆様との直会後、皆様が退出された後
車で川の下流に向かう中、かなり雨が降って居りました。
イナリダイジ 「川岸まで行くのが大変かも?」と
思った次第です。

05_convert_20190716205834.png

橋を渡り下流、良い場所が見つかり
みどり先生が「ここで流しましょう。」と
車から降り始めた頃には雨は止み、、、

「えっっっ!!?」
「ひょえ~!雨が止んだ!?」のです。

足場の悪い所でしたが無事に行き
何とか川岸までに辿り着きました。

みどり先生、唐櫃を持ち何やら
唱えています。。。
蓋(ふた)を開け人形を二~三枚持ち、川に力強く投げます。

06_convert_20190716205853.jpg


風がとても強く、下流に投げても海
からの風で上流の方に飛ばされ
ます。(@_@;)

みどり先生の髪の毛もボサボサ
状態!!!

投げました人形の方に指先、手を向けます。
人形はすぐさま川面に飛びながらも落ち、
川の勢いある流れに運ば
れて行きます。

人形も少なくなり、終わり頃なんか
「イイ感じで終わるな?」と思いきや。。。

一枚の人形が小ぶりの石にひっか
かると言うか、石に両袖で必死にしがみ付いている
感じです。

07_convert_20190716205907.png

イナリダイジ、「みどり先生、あの人形、
流れませんね?」
「この人形、石にしがみ付いてる感じで
すね!」といいますと

みどり先生、手を合わせ何やら
唱えます・・・。
むむむむ。。。

「腹が減った。早く沈め~」 
あっ!すまんこって!
イナリダイジの気持ちを・・つい!・・・
失礼いたしました。(m_ _m)

「夏越しの大祓式」の一週間前から潔斎をして
居り久々に「牛丼もいいな~」とつい心の
内を書いてしまいました。
ガハガハガハ!!

08_convert_20190716205924.png

みどり先生、何やら言ってます・・・。
まだ人形は沈みません。
みどり先生、人形に向かって手を向け、九字切??かな??
とにかく、あれこれ難しいのを?? 切っていきます。

あらら「何と言う事でしょう!」

石にしがみ付いていましたその人形、
勢いの良い水の流れなのですが静か
に沈んで行くではありませんか!!

そして、やがて見えなくなり、
川の勢いの水に流されていきました!!
「やった~!!」

みどり先生、イナリダイジ、最後まで
しっかり流れた事、 確認!!

みどり先生も修行時代には大祓式は参員として師匠の宮司の元でされていましたが
今回、光明稲荷神社としては初めての「夏越しの
大祓式」 ずっと緊張の中、やっと大神様からの大きなお役を
しっかり果たし、安堵され「ほっと!」したようです。

しかし、、、、あの人形は誰の人形なのかな?
と未だにイナリダイジ、気になっております。。。
まあ、無事に流れたから、いいんだ~と思います。
良かったです。

09_convert_20190716205938.png

「人形」(ひとがた)って、たかが人の形をした紙に
名前、歳を書いて息を吹きかけるだけですが
「結構重いものが入るんだな~」とイナリダイジ
実感!です。
みどり先生を通してよい経験をしました。

今度は年末の大祓ですが人形を川に
流すのでは無く火による祓い清めです!!

今回、残念ながら諸事情などで「夏越しの大祓」にご参列できなかった皆様、
ぜひ、年末の大祓いはされて令和元年の穢れや色々の邪を人形に吹きかけ
すっきりくっきりしてください。

最後まで読んで戴きありがとう
ございます。

10_convert_20190716205952.png

■記事
タカノオフィス みどりの杜
・広報、営業、業務雑用、色々掃除
 :イナリダイジ









































































スポンサーサイト



令和元年七月十五日 光明稲荷 月次祭

01_convert_20190715095040.jpg


本日は令和元年七月十五日、 光明稲荷 月次祭 執り行わさせて戴きました。
降ったり止んだりの雨の朝となりました。
このところ、梅雨の時期特有のはっきりしない雨模様ではありますが
時折、晴れ間が出たりする事も有ったり、あまりじとじとした湿気が無くて助かります。
あっ!! お日様が出た!! あっ、雨っっ!! と、主婦の皆様を始め、お洗濯ものを干すタイミング、中々難しい日々ですね(^ o^;)

さて、本日もそんな天候ではありますが清々しく月次祭を無事に執り行わせて戴く事が出来ました。
祝詞にあるように、「このひと月の程は家にも身にもまが神のまが事なく・・・」
何事もなく、家族、親族、友人などご縁ある方々が無事に何事も大きな事無く過ごされる事が何よりの
「しあわせ」ですね。

「しあわせ」ってなんだっけなんだっけ? ♪ ・・・こんな歌を誰か昔に歌っていましたが。。。(^ ^;)
人にとっての「しあわせ」って、それぞれ。 千差万別、色々、ですね。

この世に人として肉体を持って生きておりますと、色んな事が日々、一瞬一瞬に起ります。
他の人に起きた色んな禍も「明日は我が身」
だからこそ、一瞬一瞬を、一期一会を大切にしたいものです。
嬉しい時も 悲しい時も 辛い時にも、どんな時にも、。。。
「戴いた己の生を大切に生きる」ことです。

さあ、七月も後半です!!
今年は梅雨明けがいつもよりも遅いとか…
明けたら、暑くなりますでしょうか!??
恐くもあり楽しみでもあり…(苦笑)

いずれにせよ、、、、
何があろうとも、ドーンと受け止めて
さあ、前に進みましょうぞ!!
大神様はみてござる、です。(^ ^)v









新車清祓安全祈願神事

7月13日土曜日、「新車清祓い安全祈願」の神事を執り行わさせて戴きました。
この度もイナリダイジ、お伝えさせて戴きます。

以前に居りました伊東でも皆様からのご希望が多々ありましたが
外で車を清め祓いする為に必要なスペースを確保する事の難しさも有り、
中々、執り行う事が出来ずに居りました。
その為、車清め祓いをご要望される方々にはご依頼者の御自宅に
みどり先生、イナリダイジ出張で御伺いし「車清祓い儀」をさせて戴く事がありました。
折角、ご依頼戴いた皆様には大変ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ない次第です。

富士市神谷に移りまして、敷地の広さも十分に確保可能となり
この度からは皆様からのご要望にお答え出来るようになり大変に安心した次第です。

そんな折、早々に新車清め祓い神事のご依頼がありまして、
今月7月13日土曜日に「新車清祓いの儀」を執行させて戴きました。

この度のご依頼者様とは遠方にかかわらず、以前より御家族様を始めワンちゃん、
猫ちゃん達と共に東京横浜、神谷でのセッションにお越し戴いたり、
又、様々な神事等の御役をさせて戴いております御家族様からのご依頼でした。
ご家族の皆様はとてもワンちゃんネコちゃん達を愛し、真摯に神向きされておられ
真心ある素晴らしい方々です。
長きに渡り、みどり先生、イナリダイジ、ご縁戴いております事を誠に有難く光栄に存じます。

01キャプチャ_convert_20190714144502


02キャプチャ_convert_20190714144658

さて、今回の神事は御神殿前だけではなく、外での清め祓いも執り行う神事。。。
梅雨時の事もあり天候が大変に気に成る所でしたが、
神事の式次第の中、外で「車清祓いの儀」させて戴く際、
その時になるとパッタリと雨が止んだのです。
03キャプチャ_convert_20190714144752

本当にこれは御守護戴いた感じでした。
お陰様で雨に濡れる事無く新車の内外、隅々まで清め祓いをさせて戴くことが出来ました。
誠にありがたい限り。大神様に感謝でいっぱいです。

04キャプチャ_convert_20190714144829

05キャプチャ_convert_20190714144941

06キャプチャ_convert_20190714145014


無事に新車の清め祓いも終了致しまして、みどり先生との少々のお話等、
お茶を飲みながら楽しいお話に盛り上がりました。
ご依頼者の方は遠方からお越し戴いた事も有り、
みどり先生イナリダイジ、ご依頼者を大神様から御守護戴いた新車に
順調な道のりで自宅まで安全に送ってもらえるよう、しっかりとお見送りさせて戴きました。

ご依頼者の帰路を見届け、大神様に今回の「新車清祓いの儀」無事終了しました旨、ご報告です。

皆様、最後までお読み戴き誠にありがとうございます。
(イナリダイジ 記)

■夏越の大祓「茅の輪くぐり」■  光明稲荷神社夏越大祓式

■夏越の大祓「茅の輪くぐり」■
 光明稲荷神社夏越大祓式

皆様、今年、初めての光明稲荷神社夏越しの大祓「茅の輪くぐり」
の神事をさせて戴きました。


01キャプチャ_convert_20190704131900

六月三十日、日曜日午後二時より
夏越しの大祓「茅の輪くぐり」高野みどり宮司
の先達で斎行させて戴きました。

台風の狭間ではありましたが大雨に降られる事なく無事に終了しました。
この度も崇敬者様始め、近隣の皆様、ご参列いただき、遠方の方々も
お越し下さり誠に嬉しい限りです。
また、大神様へご奉納の皆様から心温かきお玉串料、品々賜りました。
この皆様、この度も誠にありがとうございました。

02キャプチャ_convert_20190704131929


03キャプチャ_convert_20190704131945


04キャプチャ_convert_20190704132001


05キャプチャ_convert_20190704132017


06キャプチャ_convert_20190704132046


今回、茅の輪作りに縁起の良い竹という事で
ご近所の方が所有されておられます竹林から何本か
立派な真竹を頂くことが出来ました。
イナリダイジ、誠心誠意、真心こめて、頑張って作りました。
お写真掲載しましたのでぜひ、ご覧ください!!

茅野(かや)は愛鷹山は大棚の滝近くの茅野の葉を
刈り取り、大棚の滝の川の水で一本一本を
丁寧にきれいに洗い、茅の輪を無事に作りました。

光明稲荷神社として執り行うのは初めての経験です。
イナリダイジも茅の輪を作る事、初めての経験で少々
心配でした。

6月上旬に形になるようにと準備をする予定で
いましたが色々と用事が出来、中々、茅の輪作り
に取り掛かる事が出来なく6月も中旬過ぎになって
しまい、段々焦りが来ました。

茅の輪の輪っかをホームセンターで購入、その輪っか
を支えます骨組みを今回は普通の角材ではなく縁起の
良い竹ですべて組む事にしました。

幸い、ご近所の方が神谷の山に竹林を所有しており
「自由に取っていいですよ。」と嬉しいご返事、
早速、真竹を取りに行く事にしました。

お忙しい中にもかかわらず、御一緒にご同行戴いて
軽トラで案内して頂きました。
神谷の山奥、奥の奥です。
農道の道を行き、以前は茶畑をしていらっしゃったんだろうなと思う所・・・
今はお茶が伸び放題でジャングルの様に農道の道を覆(おお)っています。
奥に進んで行くに従って杉木立ちでとってもいい感じでした。
まさに、別世界。。。幻想的な感じで、シーンと辺りは静まり返り
鳥の声だけが響いていました。
清らかな山のエネルギーに包まれた、そんな空間でした。

「ここよ!」と軽トラを停めてご近所さんがおっしゃっいました。
周りは杉木立ちと真竹、そしてそこには天沢川の源流が有り
イナリダイジは益々、とても心洗われる、清々しい、いい感覚を感じました。

都会を好む人は「こんな山の奥の山中、何にもない、不便、怖いし、ヤダ~!」
と思うかもしれませんが・・・。

早々に軽トラから降り、勇んで真竹を切り始めようと、、、
「おっ」とその前に!!

竹の神、森の神に一礼し、
「夏越しの大祓い神様の為、大事に使わせて
頂きます。」と丁重にお伝えしました。
そして、いよいよ、竹に刃を入れました。

竹を切り自宅に無事に持ち帰ったのも束の間、
その後また急用が次々に出来、すぐに取り掛かる事が出来ず
イナリダイジハラハラドキドキでした。

正直、茅の輪作りは結構大変でしたが、
無事に立派に出来上がりました。
早速、みどり先生にお伝えし、大神様にご報告戴きましたところ
なんと、「オオミヤノメノの大神様」お出ましいただきました!!
十二ひとえの着物、髪の毛は漆黒の黒髪、真ん中で分け
キリッとした目でお出まし戴いたとの事です。
「よろしい」
「頼む。」
とお言葉を頂き有難くも畏れ多い御言葉賜り
とてもとても感無量・・・。大変にうれしく思った次第です。

「オオミヤノメノの大神様」って
とてもきれいな神様ですが、男っぽいというか。。。と、
みどり先生が言ってました
「ジャンヌダルクみたいです。」と。
先陣先頭を切り、剣を片手に向かい風に向かって突き進み。。。
少々怖い時もあります。

夏越の大祓「茅の輪くぐり」の模様、
お写真を掲載させて頂きます。
ご出席者のお顔等はプライバシーの関係上、
ボカシを入れましたのでご了承ください。よろしくお願いいたします。


07キャプチャ_convert_20190704132103


08キャプチャ_convert_20190704132116


09キャプチャ_convert_20190704132130


皆様、誠にありがとうございました。




令和元年七月一日 光明稲荷神社 月次祭

01_convert_20190701120238.jpg


本日は令和元年七月一日 光明稲荷神社 月次祭 執り行わさせて戴きました。
今朝もあいにくのシトシト雨ではありましたが、時折吹く風と気持ち良く囀る鳥たちの声が
心地良く響いておりました。

昨日は我が光明稲荷神社、令和初、当神社初の夏越の大祓式、執り行わさせて戴きました。
遠方からもご縁深き崇敬者の方々、ご参列いただきました。
誠にありがとうございました。
この詳しい模様は、茅野輪くぐり、大祓式、河川にての人形流しの儀まで、
後日、イナリダイジからアップさせて戴きます。
お楽しみに。。。

さて、本日は今年後半期初の月次祭でした。
皆様も今朝は梅雨の雨の中、誠心誠意真心込めた御神饌を御用意され
お忙しい朝、御祭りされた事と存じます。

日本のみならず、世界中で、神々の祭り、という儀式は春夏秋冬、何かの折、
もちろん日々の生業の始まり終わりにと日常的に執り行われております。
特に日本では、年の初めの元旦に始まり、春は田植えや畑の種の時期、山開き、
海開き、稲刈り作物収穫の時期、そして年末大晦日まで、
季節ごとの疫病厄祓いなども含め季節ごとに様々な祭りがございます。

日本古来から自然は神々そのものであるの考え方があります。
収穫、心身無事など恩恵を受けたりする反面、災害をもたらす恐ろしく恐い両面も
兼ね備えている存在である神々に畏敬の念と共にその自然界に生かさせて戴く事への感謝
と共に自然災害がない様にという願いをお伝えする「祭」が太古より先祖代々から引き継がれてまいりました。
暮らしの中に祭りがありました。

しかしながら、昨今では「祭」が独り歩きをして自分達が楽しむためのもの、単なるイベント、
昔からやっているから単にやればいい、的なものになってきている風潮がある事が
とても残念に感じる事でごさいます。

「祭」は神々に喜んで戴くもの。
そして、神々が喜んで戴けることは我々、人間を含め生きとし生けるもの達をも
喜びの気を戴けて、更に幸せに導いて下さる、という事に繋がっていくのです。

とはいうものの・・・
現代社会、生きるために日々、私達の日常は仕事、家事、子育て、介護等など、忙しく目まぐるしい毎日です。
そんな神さま事になんか関わっていられない。
朝は少しでも寝ていたい。 とりあえず町内でやるから夏祭秋祭りにやればいいんでしょ?
やったからって何もいいことないし、変わんないもの。 お賽銭? お玉串? いくらかかるの?
悲しい限りです。。。涙
まあ、人それぞれ、です、ね。
神のみぞ知る、ですね。( ^ ^ )

さあ、今年も後半です!!
梅雨空を味方にして元気にまいりましょう!!








sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
290位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR