FC2ブログ

令和元年五月十五日 光明稲荷大神 月次祭

修正01_convert_20190515104149


本日は、令和元年五月十五日。
光明稲荷大神 月次祭、執り行わさせて戴きました。

薄曇りではありますが、陽射しも少し差して風も心地よく吹く中、
鳥のさえずりがあちこちで聞こえます。
やや、湿気も混じり梅雨まじか?を感じさせるような朝となりました。
こんな当たり前の朝、、、
この度も無事に月次祭を執り行わさせて戴ける幸せを噛みしめております。
本当に、生かされて戴けている事、ご縁ある方々はじめ、動物達、
そして私共家族も無事に過ごせていられる事に感謝です。

今朝は、ある記事を見て今まで眼を伏せていた事、古傷をえぐられたような
辛いエネルギーがわき起きてしまいました。

「命」は、どんなに小さくとも「命」。
神様はこの「命」を全てのものにお与えくださっております。
一つたりとも「無駄な命」はありません。
神様はこの宇宙に「共存共栄」の中にそれぞれが命をはぐくむものたちをたくさん、お作りになられたと思います。
確かに「恐いモノ」「毒をもつもの」もいますが。。。
それもこの宇宙のサイクルには必要な存在なのでしょう。

生きとし生けるもの達は、この「命」の尊さを深層心理、心の奥底から
深く知っております。
ですから、どんなにささやかな小さな存在のものでも一生懸命に己のすべきこと、己の命を全うしようとします。

むやみなやたらな私利私欲、勝手な都合、悪戯快楽などのことでは
言葉を発せないような弱い無抵抗な相手の命を捨てたり殺めたりは
決して致しません。

家族として迎えたのに、役に立って貰えたのに、いつも癒して貰えた存在だったのに「いらないから捨てる」「面白いから殺める」。
人は、どうして、この無抵抗な弱く小さな「命」に対して
悪魔の様な、愚かな事をするのでしょう。
これは、今に始まった事ではありません。
哀しい歴史はずっとずっと昔から変わらずに続いています。

自分たちの都合だけで、小さな命、無抵抗な命を取らないで戴きたい。
怒りはとっくのとおに、通り越しています。

以前にも同じ様に憤りを感じ、怒りに押しつぶされたことがありました。
私が一人、相手に怒りをぶつけても、自分が相手を裁こうとする事をしても、
決して終わらない。治まらない怒りです。

伏見稲荷大社に上がらせて戴いた際に、大神様に稲荷山での虐殺について
悲しみと怒りで懇願した事がございました。
「こんな悲惨な出来事がございました、何とかして戴きたい」、と
畏れ多くも大神様に涙ながらにお伝え申し上げました。

すると、宇迦之御魂大神様がお出ましになられ、
「これが、人の世だ。。。そなたたちがすべき事」と。
その時は、大神様なんて突き放したことを仰るのか、と愕然としました。

けれど、、、その通りなのだ。
私達が作りだした事。
神様はそれをするように望んでお作りになった訳ではない。
しかし、過ちが起る事も分かっていらしてお作りになられた世。。。
学べよ、と。

可哀相、可哀相、と言っているだけでは被害を被った弱いものたちは
救われず命を落とし続ける。。。、
そんな世の中は変わらない。底辺のものたちを救いきれない。
非力な私には何が出来るのでしょうか。。。
出来る事を一つ一つ、何かお役に立てる事をする。それしかないのです。

法律でその悪の存在を消し去るような保護法が出来ない限り。
法律改正ししっかりとした保護法を作り世の中の人に知って戴くしかない。

法律で裁かれたとしても、魂の犯した罪は人が人を裁くのではない。
神様に委ねる。
仏様に委ねる。
きっと、裁きをしてくださる。
人の命、言葉を発せない無抵抗な生きとし生けるもの達を殺めた罪穢は
きっと、巡り巡って罪をあがなう時が来る、と。

月次祭の朝。。。自分自身が当たり前に幸せに過ごす陰では、命を落としている生きとし生けるもの達がいる事を決して忘れてはいけない、と。
改めて、「命」「生かされていること」について思いました。
日々、これからも感謝の心を大神様にお伝えさせて戴きたいと思います。


さあ、五月も後半、いよいよ、初夏??に続く季節となりました。
爽やかな風に乗って、元気よく進んでまいりましょう。
皆様の元気は周りの生きとし生けるもの達へのエール、亡くなって旅立ってしまった大切な存在達へのエールとなって届きます。

大神様の元、今日も己を信じて進みましょう。
皆様、心身、健やかであられますように!!

スポンサーサイト



夏越大祓祭のお知らせ

新緑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃は光明稲荷神社タカノオフィスみどりの杜、に格別のご高配を賜り、
厚く御礼申し上げます。

さて、新しい年の令和になり初めての夏越大祓祭のお知らせです。


茅の輪01


知らず知らずのうちに犯してしまった半年間の罪(つみ)穢(けがれ)を
人形(ひとがた)に託し祓い清め、残る半年を清々しく迎えていただきます。
また、茅の輪をくぐっていただき暑い夏を健康に過ごせるように願います。
ぜひ、ご家族皆さまでお参りください。

令和元年六月三十日 日曜日 午後一時より斎行いたします。
神事参列ご希望の方は御早めにタカノオフィスまでご連絡ください。






令和元年五月一日 光明稲荷大神 月次祭

01修正_convert_20190501092211


本日は、令和元年五月一日。
光明稲荷大神 月次祭 執り行わさせて戴きました。

平成の世から新しい元号、「令和」となりました。

昨日までシトシトと降り続いた雨は、明仁天皇皇后両陛下が日本国を始め
全日本国民、世界平和を願い、いつの時も私達にずっと寄り添って下さってきたことへの
感謝と共にその御心身労を労うかのように、
そして今まで国民すべてが背負った哀しみ苦しみを洗い流してくれました。

今朝は、御退位され上皇上皇后陛下となられました明仁様、美智子様への感謝と共に
新しく御即位された天皇皇后両陛下、徳仁様、雅子様の令和の世を祝うかのように
久しぶりに気持ち良い陽の光が差しその清涼感に包まれ
新しい世に相応しい清々しい朝となりました。

私共、光明稲荷大神 月次祭、大神様に
今まで廣く大きな大御神徳を賜りました事への感謝と共に、
新しき元号となりました令和の世に明仁様、美智子様の御心が引き継がれ
弥栄、平和で安寧の世となります様に日本国民のみならず、全世界の人々、
ならびに動物達を始めとする生きとし生けるもの全てが
幸せの日々を過ごせます様、御祈念申し上げさせて戴きました。

この度も崇敬者様方より大神様にご奉納の品々、
ナチュラルスィートカンパニーポワポワ代表 袖山様より ご奉納米
植松様よりご奉納酒賜りました。   
誠にありがとうございます。

      
さあ、いよいよ五月、新緑の季節。新しい世の始まりです。
大神様の御守護の元、元気に一歩一歩、進んでまいりましょう!!
         


sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
290位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR