平成三十年四月二十二日 稲荷の神を知る会、第五回神道セミナー終了しました


平成三十年四月二十二日 稲荷の神を知る会、第五回神道セミナー、
横浜市神奈川区にて開催させて戴きました。

01キャプチャ_convert_20180423120643


今回で第五回目となりました、稲荷の神を知る会セミナー。
第一回目から御参加の皆様は勿論の事、遠方からそして初めての方もお越し戴きました。
素晴らしい御魂の皆様とのご縁を戴きこの度も大切な御役をさせて戴けました事、心から嬉しく感謝でいっぱいです。誠にありがとうございます。
02キャプチャ_convert_20180423120653

この度の講座でも大神様の元、随神の道を進まれていらっしゃる皆様の為、
まず、神向きされていかれる中での神様の事を始めとする様々な疑問、不安点を皆様で共有し質疑応答させて戴きました。

また、随神の道で神様と繋がる為に一番の大事な事として、浄化、プロテクト法・全てに繋がる心身の浄化強化のための斎戒、潔斎、呼吸法、鎮魂法、清め祓い、等などを学び実践して戴きました。

又、日常においての霊的な事に対しての対処方法、などの基礎法を皆様に伝授させて戴きました。

今回の講座は、まさにそれらを学ぶための入り口、基礎を皆様にお伝えさせていただきました。

何事も大きな事に向かう前には基礎作りがとても大事である、という事。
基礎を学ぶ、という事は、地味で派手な事ではありません。
そして、その基礎から少しずつ体得して積み上げていく事がとても大事な事なのです。

基礎をしっかりと学ばれていれば、地に足がついて神様と繋がり、どんな境遇になろうとも振り回される事無く、たとえ巻き込まれてしまったとしてもちゃんと御自身の元の心身に戻ることができ、益々、揺るぎ無く己を律していくことが出来てくるのです。
ですから、この基礎基本をしっかりと学ぶことは後々、より大きな事にぶつかった時にも乗り越えていく事が出来るのです。

今回、お伝えさせて戴いた内容の一部として一般的に皆様が興味を引く様な呪詛、まじないの方法です。
これらをセミナーなどで直ぐに使える様に方法をお教えする事、邪霊邪神に対しての事を派手にパフォーマンスする、という事はとても簡単です。

けれど、良く考えてみて戴きたい。
大きな事を阻止したり命を守るための大事な呪詛、まじないなどはいとも簡単に真を学ぶことはできないのです。
それだけ大きな、ある意味リスクがある恐い事なのです。

何も知らない子供が面白そうだな、絶対に使いたいと思う玩具を簡単に与え、誰でもすぐに使えるよ!!と面白さ楽しさだけを教えて使い方の説明、本来、気を付けなくてはならない注意事項はそこそこに、簡単に渡してしまう様なものです。

今回はその事を踏まえ、まずは基礎をしっかりと学んで戴き自宅に帰られた後も御自身が修練鍛錬できる様お導きさせて戴き、今後あらゆる事に対処できる心身を作っていける、研鑽を積んだ後にはあらゆる手法をも使いこなせるように、その方法を実践と共に御自身に体験して戴き、大事をお伝えさせて戴きました。

御参加されたそれぞれの皆様が今回のセミナーで大きな気付き、知っていたのに忘れかけていた大事な事を改めて思い出された事と存じます。

素晴らしい御魂の皆様と共に学ばせて戴けました事、心から光栄に感謝申し上げます。
また、次回も皆様とお逢いできます事を楽しみにしております。

03キャプチャ_convert_20180423120702




スポンサーサイト

平成三十年四月十五日 光明稲荷 月次祭

修正01_convert_20180415101412


本日は平成三十年四月十五日 光明稲荷 月次祭です。
昨夜から降り続いた雨も少しずつ止んで陽射しが出てきました。
この時期にしては少し湿気がある朝となりました。

大神様のご加護の元、本日も無事に月次祭を
執り行わさせて戴く事ができました。
誠に感謝の気持ちでいっぱいです。

この春の時期は本当に心身のバランスを崩す時期なのだなぁと毎年、感じます。
これは、人に限らずワンちゃん猫ちゃん達も、です。
緊急なご相談事も増える時期です・・・。

冬から春に変わる季節の変わり目だからか?? 
いやいや、それだけではないのかもしれません。

いずれにしても、冬から新しい季節になり周囲が急に動き始める時です。
自分も右にナラエしなくては!!と焦って前に進もうとすると転んでしまう感があります。

この世は独りではなく様々なエネルギーの中に一緒に共存しています。
良くも悪しくも周囲のエネルギーの影響は受けます。

何事も周囲の動きに惑わされる事無く、己の軸を整え足場をしっかりとして
準備整えて確実に一歩一歩、ですね。

さあ、四月も後半です。
元気に笑顔でまいりましょう!!






平成三十年四月一日 光明稲荷 月次祭

修正01_convert_20180401122015


本日は平成三十年四月一日 光明稲荷 月次祭です。
暖かな春爛漫の日差しの中、月次祭となりました。
今年は例年よりも十日も早い桜の開花。
温かくてい~なぁ、綺麗な桜・・・と喜んでばかりはいられません。
温暖化が益々、深刻なんですね。


この度も皆さまから心温まるご奉納の品々、賜りました。
誠にありがとうございました。

株式会社 夷征 代表取締役社長 井出様
静岡県 藤井様
ナチュラルスィートカンパニーポワポワ 代表 袖山様


いよいよ、四月。
皆様も職場、学校、住まい等など新しい環境の中、スタートされる方も多くいらっしゃる事でしょう。
何かと忙しい始まりの月。
海外では学校の新学期は九月なんですけれど、
やっぱり、四月の方が気持ち的にエンジンが掛かるって言う感がします。
生粋の日本人、だからかな~等と思ったりしてます。(笑)

春になると心的にも不安定になるのか心の病として鬱になったり
ひどくなると自身の命を絶ったりする事件が多くあります。
季節の変わり目、というだけではなく人間のエネルギーを惑わす何か
霊的な悪しきエネルギーが動くのかも、知れませんね。

雛祭り、端午の節句などもこの季節の変わり目の祭りです。
単に女の子男の子の楽しい祭、ということだけではなく
心身のバランスを崩しやすい時期という意図も少なからずあり元気に成長してほしい流行病にかからないように、との願いもありましょう。
太古の頃から祭とは神様に喜んで戴いて多様にある神様の顔、御魂を鎮め活性化して戴く、殊に怒りを鎮めて守護していただく祈願をしてきました。

人知では到底、守り得ない事がこの世にはあると私は思っています。
見えない力には見えない力と繋がる事でしっかりと守って戴く。
何故なら、見えないものの強さには反面には物凄い恐さがあります。
その恐い存在に守っていただく事の心強さ、であると思います。
祝詞の冒頭にある・・・「かけまくもかしこき・・・」
まさに、声にするのも畏れ多い存在。
まさに尊き存在に守っていただく事の心強さ、です。

さあ、神様の元、四月も元気にまいりましょう!!
何があろうと、真っ直ぐの随神の道、です!!


sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1004位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
234位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR