FC2ブログ

平成三十年三月二十日 光明稲荷 遷座奉告祭並報賽祭


01キャプチャ_convert_20180320153933

本日、平成三十年三月二十日 光明稲荷 遷座奉告祭並報賽祭をさせて戴きました。

この春、私共、住み慣れました地よりお引越しをする事となりました。
お引越しするにあたり、大神様の御神殿を新居に新たに作り設けました神殿にお遷しさせて戴く事になります。
そのことを大神様にご報告させて戴き、また、今までこの地で沢山、廣く尊い御守護戴きました事への報恩感謝申し上げる神事をさせて戴きました。

大神様より「いよいよだのぅ!! 待ちわびておった。」との有難くもお喜びの御言葉を賜りました。

この地に東京より移り住んで八年目。。。
大神様の御使いの者として沢山の神事、除霊浄霊、セッションをさせて戴いてまいりました。
今回の遷座奉告祭並報賽祭の神事が月次祭以外の神事としてはこの地で執り行わさせて戴く最後の神事となり
髙野みどりにとりましても大変感慨深い神事となりました。

今後、益々、一生懸命に初心忘れるべからずの意を大切に精進努力していくことを
改めて大神様の御前にて感謝と共にお伝え申し上げました。
次は、新居の宅神祭、出張清め祓い神事、などなど・・・が続きます。

がんばります!!


スポンサーサイト

平成三十年三月十五日 光明稲荷 月次祭

修正01_convert_20180315104626

本日は平成三十年三月十五日 光明稲荷 月次祭、無事に執り行わさせて戴きました。

柔らかく暖かな日差しの中、春らしい心地良い朝となりました。
我が家の玄関前にある小さな庭の梅も周りの花に遅れつつ
可愛い花を咲かせ始めました。

IMG_1793.jpg

我が家のリビングから見える風景…
夏みかんがたわわに実り、宇佐美の海もキラキラと光っています。

IMG_1795_convert_20180315104902.jpg

こんなたわいもない風景の中にいられること・・・本当に幸せを感じられます。

先日、長野でしたでしょうか…とあるテレビ番組。
里山に暮らす村人と古くからある神社、まさに村の鎮守の神様を軸に
祭りを通じて村人同士の絆を深める。
いにしえから子に孫に伝えている暮らしを放映しておりました。
まさに、古代から伝わる日本人の、いいえ、日本人に限らず人間の暮らし方です。

自然・・・この世に存在するいきとしいけるもの、自然は神であり
そのすべての自然に敬意を祓いながら
自然の中で自然の一部として生きていく。

その報恩感謝の気持ちを込めて
神様の為に心づくしの味物(ためつもの)を捧げ
楽を奏で神楽を舞い、祭りを執り行う。

神様を囲んで村人も腹から笑い楽しむ。
益々、家族、隣人、すべての人々の絆を深めて行く。
神様の英気を戴き、これこそが本当の喜びとなって元気となっていくのです。

子から孫へ伝える事。
自然の中に生きていく人として本当に大事な事を伝えていく事は何か。。。
人が一番尊い存在ではなく、人がこの世を支配できる唯一の存在ではない。
生きとし生けるものは全て尊い。
皆、平等。どんなに小さくとも。

生きる事、食べていく事、社会的な地位獲得に追われ、利潤に追われ
上を、空を仰ぎ見る事も中々ない。
人の事より自分の事。
外にいる悲惨な犬猫より自分の犬猫・・・。

思いやりの心、ありがとうの言葉こそ減ってしまった、殺伐とした現代社会。
このところ、何気なく付けたテレビに映る映像には何かメッセージの様な事が多くあります。

これから私の進むべき道、目指す道が示されているかのように思います。
神様と人の絆を結ぶ。
いにしえの伝えを紡いでいきたいと思います。


さあ、いよいよ三月後半です。
春はもうすぐそこです!!
新しく芽吹く活き活きとしたエネルギーを心身いっぱいに
元気にまいりましょう!!




第五回「稲荷の神を知る会」神道セミナー開催のお知らせです。

いつもタカノオフィスみどりの杜のHP、ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
「稲荷の神を知る会」も第五回神道セミナーを開催する事となりました。

この度も皆様と共に学ばせて戴ける素晴らしい機会を戴けたこと、心から光栄に感謝申し上げます。

稲荷大神様を始め、八百万の神々を祀られていらっしゃる皆様、
まだ神様を御奉斎されていらっしゃらない方々、
そして外国の神様、仏様を祀られていらっしゃる方、どなたでもご参加くださいませ。
私共は宗教、国籍、老若男女、全てを越えて絆を深め、共に学ばせて戴く事を
目指しております。

皆様とお逢いできます事、楽しみにしております。

タカノオフィスみどりの杜
光明稲荷
神職 髙野みどり


01キャプチャ_convert_20180314104043

02キャプチャ_convert_20180314104058

平成三十年三月一日 光明稲荷 月次祭

修正01_convert_20180301113641

本日は平成三十年三月一日 光明稲荷 月次祭、ささやかながら執り行わさせて戴きました。

三月・・・紅梅の梅の香りが嬉しい季節となりました。
昨夜から雨風が強く、今朝は雨は止み気持ち良い陽射しに包まれました。
風は強く春の嵐といった感じです。
昨年も同じ頃、こんな風だった日に愛猫達と畑に繰り出した幸せな朝を思い出しました。
いよいよ、春ですね。

日々、平穏である事、普通であることへの有難さ。
自分以外の人々、生きとし生けるものが幸せであることへの感謝。
若かりし頃には、それなりに少しは気になっていた事かもしれませんが
これは年齢を重ねてきた今は、今まで以上にもっともっと、重き事、
大切な事と感じられる様になって来ました。
毎回、毎回、同じ事を話している様ですが、神事の度に実感する今日この頃。
この世に生きとし生ける全てのものたちの幸せと亡くなられた存在が穏やかな時間を過ごせます様にと大神様に感謝を申し上げております日々です。

私にとって動物たち、ワンちゃん、猫ちゃんを始め、鳥、魚、虫・・
全てが愛おしい存在。
そんな私が住む日本は八百万の神々を敬う神道、仏教、密教を始めキリスト教、イスラム教、その他教派神道、新興宗教など等様々な宗教を受け入れている国。
神様仏様は生きとし生けるもの全てに慈愛の心を手向けていらっしゃる素晴らしい国です。

日本はご神仏様を信仰、信心されていらっしゃる方々が多くいらっしゃる国でありながら、まだまだ生きとし生けるものへの慈愛、共存共栄の気持ちが薄い事を残念に思っております。

先日、世界の猫ちゃん達を撮影するお気に入りのテレビ番組を見ていましたらとても感動したことがありました。
ブータンの撮影の時。お寺の僧侶に限らず、村の人々、全ての人が猫ちゃんに慈愛を以て接している日々。。。
大自然中、決して裕福ではない標高が高い環境の中、村人たちは心豊かに暮らしていました。
信仰の中、同じ環境に暮らす猫達に自分達のご飯を同じ様に優しく分け与え、共に幸せに過ごしていました。
日本のように「シッシッ、毛が落ちる、汚い、オシッコしないで!!」と追い払う事等ありません。
ワンちゃん、猫ちゃんがブームだからと言って、商売に利用する事もありません。

彼らにあげる食べ物も、決して、「餌」という概念ではなく、自分達が食べる大切な同じ物、「ご飯」なのです。
大切な家族同様の彼らにあげる命を繋ぐ大切な食べ物だからです。
彼らは私と同じ思いがあるんだなととても嬉しく感じました。

僧侶たちはお寺の中に入っていても尊い一つの存在として見てくれていました。
ブータンに限らず仏教国のタイでしたか?? 東南アジアの寺院、そこでも同様でした。
まさに、素晴らしい、の一言でした。

神さま仏様に帰依されていらっしゃる方々である神職僧侶、牧師に限らず
人間は皆、生きとし生けるものに対して慈愛の心を持っていると思いたいですね。
いつの日か、生きとし生ける全てのものが共存共栄ができる幸せな世になる事を日々、願いつつ大神様に向かう私です。

さあ、いよいよ春、三月です。
冬から目覚めた大自然のエネルギーを感じて元気にまいりしょう!!




sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
199位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR