第二回神道セミナー、スピリチュアルセミナーのお知らせです

━◆神道セミナー第二回◆━ 


「稲荷の神を知る会」第二回

「神道セミナー」を開催のお知らせです。


予約受付開始のお知らせを致します。

2017年度219日(日)


時間:13時から16


場所:横浜ビートルビル2

ビートルビル よこはま神奈川コワーキングスペース

221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル2階

TEL045-595-9926 http://beatlebil.com/


セミナー内容◆

詳しい内容はURLクリックし見て下さい。


https://goo.gl/CkpJpg



━◆スピリチュアルセミナー第二回◆━ 


予約受付開始のお知らせを致します。


2017年度326日(日)


時間:13時から16


場所:横浜ビートルビル2


セミナー内容◆

詳しい内容はURLクリックし見て下さい。


https://goo.gl/Vc2txo


スポンサーサイト

〇〇様、霊視と視察レポート


この度、高野みどり先生のテレビご出演を拝見され、是非、我が家を見て戴きたいとのご依頼を受け、湖畔に住まわれて居りますご相談者様の家と土地の霊視の視察にまいりましたレポートです。

01キャプチャ_convert_20161121164646 

ご相談者様は以前、都心にお住まいで、湖畔からの景観が良い物件を見る機会があり、とても気に入り持ち主の方から家、土地を購入された次第です。

みどり先生、私どもはご相談者様の家に到着、家に有ります車庫に車を止め、みどり先生が家の中に入って間も無く足が絡(から)まる感がし危うく階段を転げる所でした。

そうなんです、霊たちは感じたのでしょうみどり先生の足を地の底から引っ張ってきたのです。みどり先生、落ち着きを取り戻しご相談者様のご案内で応接間に行きました

湖畔に向きました応接間の大きな窓一面に綺麗な景観が広がり誰しもが憧れるロケーションです。でも大変な落とし穴があったのです。

02キャプチャ 

先ほどもみどり先生もご相談者の家に入るなり足を地の底から引っ張っり、危うく転がそうとしたヤカラが「邪魔立てをするもの容赦しない」と警告をしてきています


ご相談者様とお話しも早々に玄関を出て庭の方をご長男のご案内で歩いて行きますと突然、みどり先生が止まりました。するとみどり先生が突然、

「わかりました」

「私どもは大神様の使者でございます。

そちらのお気持ちを損なう事はしません。

何卒、よろしくお願い致します。」

と何やら独り言のように言って居ります。


みどり先生がご長男に「庭の奥に入ろうとしましたが、足、身体が全く動けませんでした。ここから先は入るなと霊たちに言われ、女性は特にこれ以上先には入るなと強い口調で言われました」とみどり先生もピリピリしてきました。

03キャプチャ_convert_20161121164723 



周りを霊視してみますと昔、それは弥生時代、太古に遡る位の昔から男女の問題、人間同士のイザコザが何度も何度も繰り返され殺されてはこの土地に埋め、殺されては埋められた土地の映像が見えてきたのです。特に女性の問題は多くあったようで女性の方もかなり方が殺され埋められたようです。

04キャプチャ_convert_20161121164739 


湖の方に行かれる階段を見ますと階段湖面近くに女性がびしょ濡れで座って居られ、みどり先生が「あなたは何故、此処に居るの?」と聞きますと女性の方は「ここは危ないわ」と言われ、どうやらここで入水自殺か殺されたのか、いずれにしても何かの理由で溺れ命を落とされた女性のようです。これ以上、霊視を続けて居ますとどんどんと次々に思いを伝えようとして出て来るのでみどり先生は外の霊視は打ち切りにした次第です。


ご長男のお話しによりますと「植木屋さんや庭の手入れをして頂こうと頼むのですが、手入れ間も無く断られる事が多く困って居る」との事、みどり先生の霊視の結果が物語っている次第です。

05キャチャ_convert_20161121164748 


外の霊視を済ませ家の中にお邪魔させて戴き、今回、ご依頼を依頼されましたご相談者と霊的問題を色々とお話しをお聞きし家の中の霊視を2階からさせて戴きました。


問題がある部屋等、霊視をして見ますとやはり先ほどの土地の悪い霊的な影響を受けて居り、みどり先生も「この部屋には辛く入れない!」との場所が多く、ご依頼者の方が「お手伝いさんが皆やめてしまわれるのです。」と言われそのお手伝いさん皆女性です。

06キャプチャ_convert_20161121164801 

外の霊がみどり先生に「これより先に入るな。」と命令口調で話して来た霊、元の原因がとても強い事がわかります。


又、みどり先生、ご依頼者の胸に霊的に恨み辛みの念のこもったヤリが何本も刺さっている映像が見えたのです。実際、8から9年前からご依頼者様心臓の具合がよくありません。

07キャプチャ_convert_20161121164811 


みどり先生が言われますように「あれだけのヤリが何本も刺さって居ますと心臓が悪くなってもおかしくないです。」と言われて居ります。色々と問題は山積みです。


家の中、外の霊視を済ませ、湖畔の風景を眺めながらご依頼者様からのおもてなしを戴き、これからどのようにすれば良いか、良き方向に行かれますよう、みどり先生とお話しを勧め、この度の「土地、家の霊視と視察」レポートのご報告を終了させて戴きます。


最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。


08キャプチャ_convert_20161121164822 





双子の水子様、母の水子様淨霊

先月、1030日、日曜日に私共の神事の部屋にて水子様の淨霊をさせて戴きました。ご依頼者様は家の「宅神清め祓い」「野弧遷座の儀」又、伏見稲荷大社より分け御霊を戴き、めでたく「神棚奉斎」の神事とそのお役目をさせて戴いた方です。今回も大切なお役をさせて戴きまして大変に光栄です。

01キャプチャ_convert_20161121135407 


今回、ご依頼者様から「私共の水子の淨霊をお願い致します。」とのご依頼、ご依頼者様の水子様は双子だったのです。医学の発達で生まれでる前にそのような事実が分かるのですね!

02キャプチャ_convert_20161121135419 

そしてご主人様から「わたくしの母に水子様があり、その母の水子様も一緒にお願い致します。」との事、三人の水子様をみどり先生、私共はお受けし大神様のご神託を戴き1030日の午後一時より御神殿の部屋にて淨霊をさせて戴きました。


未だ、名前も無い水子様です。淨霊をさせて戴く前にご依頼者様にみどり先生から御用意して戴く品としまして「菊の花、オモチャ、果物をご用意下さい」とご依頼者様にお伝え当日、ご用意戴きました。

お持ちくださった品々をテーブルの上に並べ浄霊の御用意し、ご家族が見守る中、先ずはご神殿前、みどり先生、ご家族の皆様、座礼となり「大祓詞」「稲荷大神秘文」をみどり先生奏上、そして終了ののち、テーブルに戻りまして淨霊の開始です。

03キャプチャ_convert_20161121135433 

ロウソクに火を灯し、香炭に火をつけます。香炭の香りとロウソクがほのかに揺らぎ、みどり先生が合掌をします。

04キャプチャ_convert_20161121135445 


腕に巻かれた数珠がさらさらと音がすると同時にみどり先生が水子様が降霊し、こちらに来られた事を確認、「あなた様はご主人様の子供たちですか?」、双子で生まれ出る子供たちは「そうです。」と言われご主人様、奥様にその事をお伝えしました。


暫くしますとご主人様の母のお子様が降霊して戴きました。「あなた様はご主人様の弟となる方ですか?」「はい、弟です。」双子の子供たちは未だ幼稚園くらいの姿で現れて戴きました。ご主人様の弟になる水子様は小学校の低学年位のお姿で現われて戴きました。


みどり先生が中執り持ち役と為り、ご依頼者様のご主人様、奥様が双子の水子様とのお話が始まります。ご夫婦お二人が双子の水子様に「このような状態になってしまい誠に申し訳ない。」と痛恨の極みを我が子供たちとなるべき双子の水子様にお伝えしました。


みどり先生は双子の水子様がまるで生きている子達に話しかける様に優しくゆっくりとお母さんの思いを含めてお伝えしました。双子のお兄ちゃんが眼が大きくクリッとして少し後ろに恐がるように恥ずかしがるようにいる妹の手をお兄ちゃんとして幼い妹を守るかのようにしっかりと握っている姿、妹さんは両方の髪を左右に可愛く結んだ女の子、口はきっと真一文字にしていて一生懸命にお話を聞く姿・・・、何ともいじらしく愛くるしいお姿をお伝えしてくださいました。

05キャプチャ_convert_20161121135505 


顔の表情、髪の毛の事等、まるで自分の幼い頃の事の様、と奥様がビックリされておられ、御自身の我が子である事、そしてこの手に抱く事も出来なかった亡き幼子たちと益々、絆が深まる瞬間でした。


さて、お話は進んで様々な事をお話しいたします。「何が好きなの?そう」とその度に幼子に優しくお話をします。目の前にある御供物を指さしながら、果物が好き、リンゴが好き、と答える女の子。

小学生の弟様は「野菜を色んな形に切ったカレーライスが好き」と申されました。すると、ご主人様はご家庭でそのように切ったカレーライスを食べた事を覚えていらっしゃいました。きっと、一緒に食べたかったのでしょう。

06キャプチャ_convert_20161121135518 

そして本来ならばご主人様の弟となり、この世で苦楽を共にし互いに助け合い、互いに励まし合い、時に兄弟げんかと兄弟の絆を築き、生きて行くはずの弟が母の苦渋の選択により水子の選択を取らざるを得なかった事、弟様は我が母の心の心情を汲み取リ分かっていたのでした。


水子と為った弟様もお兄様で有りますご主人様の事が心配でお兄様を見守るように傍に居たそうです。みどり先生は普通の小学生の男の子にお話する様に聞きます。

「そう、おもちゃで遊んでいたの。何が好きなの?飛行機!!車とか?そう、乗り物が好きだったのね。お兄ちゃんと一緒に遊んでいたの、そう」


ご主人様にこの事を改めてお伝えすると、御主人様も乗り物が好きで子供の頃は車などの乗り物のおもちゃでよく遊んでいたとの事でした。亡くなられているとはいえ、本当に可愛い盛りの普通の子供達です。会話をお聞きしていると今、ここにいるような、そんな感じがしてきました。

07キャプチャ_convert_20161121135531 


ご夫婦お二人と三人の水子様のお話しも進まれ、そろそろ淨霊の終わりのお時間が近づいてきました。


みどり先生が水子様に「そろそろあなた達は御仏の道に行かなければ為りません。」とお話をしますとみどり先生、暫く無となります。すると天空上空から使いの方が蓮に乗って現れ「われらと共に上がりなさい。」とみどり先生にお伝えが有りました。

08キャプチャ_convert_20161121135544 


天空の空間に扉というものではなく絹のカーテン、絹で出来た美しい御簾(みす)とでも言い換えれば良いのでしょうか?キラキラと輝くその絹の扉はひらひら揺れながら光って居り、天空よりお釈迦様のお声が聞こえてまいりました。


綺麗な蓮の花が咲き誇っています。「我の元に来なさい。」と心温まる慈愛のこもった言葉がみどり先生に聞こえました。お釈迦様の前には七色の虹、五色の美しい絹の様な帯が流れて落ちてきます。そしい、お使いの方々が降りて見えてまいりました。みどり先生は三人の水子様に「使いの方が降りて来ています。その方々と一緒について行きなさい。」とお伝えしました。

最後に水子様の為に三つ用意されていました馬のオモチャを一人ひとりに「どれがいいですか?」とみどり先生がお聞きし、それぞれに好きな色の馬のオモチャを持ち、三人の水子様はお迎えに来られましたお使いの方と共に絹のような扉の方向に上がられていきます。

09キャプチャ_convert_20161121135556 



11キャプチャ_convert_20161121135611 


みどり先生、「後ろを向かなくて良いですよ。」「お釈迦様の元に行かれて下さい。」蓮の花と共に三人の水子様はお使いの方と天上高く、輝く絹の扉の中に光に包まれながら消え、絹の扉も少しずつ形が見えなくなり、最後に一点の小さな光となり消えて無くなりました。みどり先生、お釈迦様の元に行かれた事をしっかりと確認、自分の意識を、この世の世界に繋(つな)げゆっくりと目を開けます。みどり先生、ご家族の皆様に「お釈迦様の元に往かれましたよ。」

12キャプチャ_convert_20161121135623 


13キャプチャ_convert_20161121135635 


ご主人、奥様、今回の淨霊に一緒に同行されましたお嬢様も心安心されたご様子です。

みどり先生も今回のお役目をしっかりと果たせた事に安堵の気持ちで心落ち着き、ご家族の皆様と少々の歓談をされ、最後に御神殿前、みどり先生、家族の皆様、立礼(りゅうれい)にて大神様に今回の淨霊のご報告をお伝えし、この度の水子様の淨霊のレポートを終了とさせて戴きます。


最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。


14キャプチャ_convert_20161121135647 







スピリチュアルセミナーベーシック第1回無事終了

1113()午後一時より横浜ビートルビル2階で髙野みどり先生によります「スピリチュアルセミナーベーシック」を開催致しました。参加人数も丁度よい人数で皆様、和やかに進まれ講師でもあります髙野みどり先生の指導の元、実践したい関して戴くことを主に今回のセミナーは開催され受講生の皆様がとても良い経験をされ3時間のセミナーは「あっ」という間に終わりました。

01キャプチャー 


次回も「スピリチュアルセミナー実践、体感」を予定し内容も更に深く、皆様により体感をして頂けますよう構成して行きますので楽しみにされて下さい。


下記をクリック、スピリチュアルセミナーの様子をphotoで観れます。


 https://goo.gl/ZjWuDE


宜しくお願い致します。

☆末廣大神、命婦専女大神 鎮座の儀☆

先月十月二十七日、午後三時より末廣大神、命婦専女大神 鎮座の儀執り行わせて戴きました。


神事のお題、「光明稲荷大神 眷属神末廣大神命婦専女大神 神璽奉鎮祭並報賽祭」です。

長いお題です。

01キャプチャ_convert_20161116195146 



未だ夏の暑い時期の事です、末廣大神様より「我が大神様をお守りをしたく依代(よりしろ)を用意して戴きたい。」との末廣大神様からのお言葉をみどり先生に戴きました。

02キャプチャ_convert_20161116195210 


依代とは石です。大神様がお出まし頂き鎮座して戴く為の石を依代と言います。とはいえ、そこらへんに有ります石という訳にはならないのです。先ず、どこの場所の石が良いか、石の色、石の形等、色々と考慮し大神様にご神託を戴き決める事に為ります。


03キャプチャ_convert_20161116195229 


末廣大神様から「富士の石である。」との事、みどり先生の同級の友人で「愛樹園」植木屋を営なわれて居ります小林様にご相談をしました所、数日後、依り代が幾つか見つかりましたとの事、早々に「愛樹園」に行き、幾つかの石をみどり先生が霊視をして頂き依り代が決まりました。

04キャプチャ 



色!型、大きさといい、とてもよい依り代が見つかりました。丁寧に我が家まで運び、鎮座の儀の準備をさせて戴きました。又、命婦専女大神様のお社は中式の鰹木(かつおぎ)が無い流れ屋根のお社を大神様より御神託を戴き私共がいつも神具を購入して居ります友田神具店さんにお社、他をお頼みし鎮座の準備を粛々とさせて頂きました

05キャプチャ 


この度の御神饌、味物(ためつもの)は色とりどりにご奉納させて頂きました。当然のおめでたい日和(ひより)です、真鯛も飛び跳ねるが如く麻芋(あさお)でカタチを整え結びご奉納させて頂きました。いよいよ午後三時より「鎮座の儀」執行です。




「神前拝礼」から始まり厳かに神事が始まります。典事が読み挙げられ神事の方、進まれていきます。「鎮魂」では石笛を吹奏、いよいよ「末廣大神様」「命婦専女大神様」の御霊入れです。この神事は秘儀の為、掲載はご遠慮させて戴きます。



この度の祝詞奏上ではみどり先生も祝詞文作成に「末廣大神」「命婦専女大神」のお気持ちを五柱の最高神であられます「宇迦之御魂大神様」をはじめ大神様にお伝えし、これから更なる御神殿作りを主にそのお気持ちを 申し上げ大神様に奏上。



そして「玉串奉奠」と神事は進み「神前拝礼」にてこの度の「鎮座の儀」無事に終了となりました。

終了後、みどり先生と私共はおめでたい乾杯をさせて頂きました。大神様にお出まし戴き、喜ばれ

楽しまれて戴く為「大神讃歌」、新曲で有ります「稲荷御霊歌(いなりごりょうか)」をご奉納歌させて戴きました。めでたく鎮座の儀が終了しました。末廣大神様、命婦専女大神がにこやかに微笑まれ心喜ばれ、みどり先生、私どもは心嬉しく心満足な気持ちに成りました。


神事のお写真下記URLをクリックして戴きますと観れます。


https://goo.gl/info/zXyjES


これから先、多くの皆様に光明稲荷に参拝、手を合わせて戴けます様、「稲荷の神を知る会」を通し多くの皆様にお稲荷様のより良い知識を広め、私どもは皆様の応援、声援を糧(かて)に大神様の下、努力を惜しまず邁進して行きます。何卒、宜しくお願い致します。



06キャプチャ_convert_20161116195301 

最後までお読み戴きに誠にありがとう御座います。

07わんにゃん_convert_20161116195316 


平成二十八年十一月一日 光明稲荷 月次祭 追記

本日は、平成二十八年十一月一日 光明稲荷 月次祭です。


修正02_convert_20161101154241 


先程、「月次祭にご奉納を」と御相談者の方から真心こもった旬の果物、

ご奉納の品、届きました。

早速に大神様にご奉納させて戴きました。

誠にありがとうございます。

平成二十八年十一月一日 光明稲荷 月次祭(つきなみさい) 

修正01_convert_20161101111914 


本日は平成二十八年十一月一日、光明稲荷 月次祭です。

 

昨夜からの雨がシトシト降り続く朝となりました。

今年の秋は、いつもの秋とは若干異なる天候です。

 

本日のご神饌、今年の新米をご奉納させて戴きました。その他、秋の味覚、とまではいかないのですが、この時期取れるイチジク、柿は渋を抜いた柿など

少しでも季節感のあるものを選んでみました。

 

実家の庭には、様々な野菜、柿、イチジク、を始め夏みかん、キンカン、葡萄、桃、レモン、蜜柑など父が趣味で植えた果物が沢山ありました。

店に並ぶものに比べると豪華で綺麗で美味しい!!とまではいかず、素朴なものでしたが、無農薬で畑でとりたてをそのまま食べられる様な安心なものでした。

子供の頃から庭になるものがあること、ご近所からのおすそわけもあり、野菜、果物はあまり買った記憶がありません。今考えると全く、贅沢な話です。

 

一つ一つ、御神饌をお店で買う時、本当に改めて自分が普通に食べ物を戴ける事、御祭りの際には御神饌の買い物が出来ることへの改めて感謝の気持ちが

一杯になります。普通に暮らせることに本当に大神様には感謝です。

 

 

本日のご奉納歌は、「大神賛歌」に加えて新曲の稲荷御霊歌」を主人が歌唱させて戴きました。この新曲は大神様から主人にご神託があった歌です。

歌が披露され始めますと、大神様の御眷属様がキラキラと金粉を撒いて下さいまして益々、豪華になりました。本当に有難い事です。

何故だか、今回は私も感無量となって、あまりの有難い日々に歌が合わさって「ここまで来れたのも大神様あってのこと、本当に有難い事です」と、感謝の涙が溢れ出てしまいました。

大神様から御縁を戴いてからここまで、色んな事、紆余曲折、様々な事がございました。

ちょっとまだ、人生を振り返るのは早いかもですね。

?なのでしょうか、涙もろいかもしれないです。(^ ^;)

 

と言う事で、本日の月次祭も無事に終了致しました。

皆様のご家庭でも心づくしの御神饌をお上げされて賑やかに無事にお祭りをされた事と存じます。

物凄い贅沢は無くても、家族が元気に心身健康で、笑顔で屋根のある家で温かい布団で食べれて普通に暮らせること、これこそが幸せです。

いくらお金が沢山あって家も土地も豪華絢爛、家族バラバラ、憎しみ合いいがみ合って、病気にさいなまれて、、、、それは、幸せではないですね。

 

御祭りをさせて戴く度に、「幸せ」とは何かを感じ、幸せになれてしまった自分を見つめ直しております。

 

さあ、十一月ですね。

今年もあと、二か月、もうひと踏ん張りです。

元気にまいりましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
367位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR