○○家神霊奉鎮祭

一週間前「宅神清め祓い御祭祈願」をさせて戴き、この度、誠におめでたいお稲荷様の「神棚奉斎」をさせて戴く事となりました。


昨日から台風の影響も有り強い雨が降り続き、いつものように光明稲荷ご神前、朝の神事を執り行い準備を整え、ご依頼者様のご自宅に向かいました。

01キャプチャ_convert_20160922181531 


ご依頼者様のご自宅に到着、雨は止み、神具の搬入も雨に濡れる事無く、無事に部屋まで運ぶ事が出来、ご依頼者様のご主人、奥様、先週に引き続き神具搬送のお手伝いをして戴き誠まことにありがとう御座います。

02キャプチャ_convert_20160922181544 

神具も無事に運び、案等の組み立てを早々に御神饌等ご依頼者様に御用意して頂き、今回は神棚奉斎です。めでたい真鯛を御用意戴き。大神様のご奉納です。

03キャプチャ_convert_20160922181619 

神事の準備も早く進み、神事執り行う準備が整いました。


神事は「神前拝礼」から始まります。厳(おごそ)かに始まります。典事が読まれ神事の方は進まれて行きます。「大祓詞」奏上し「祝詞」奏上です。


髙野みどり先生、「大祓詞」奏上、とても力強くコトダマを発せられ、払い清めるが如く読まれました。こたびの祝詞文では心込め、しめやかに流麗に奏上されご夫妻、お子様、ワンちゃんのお名前を読み上げられ、大神様にしっかりとお気持ちが届き、お守り戴くよう奏上され祝詞奏上終了。玉串奉奠と典事も更に進み、神前拝礼で無事終了。

04キャプチャ_convert_20160922181633 


05キャプチャ_convert_20160922181648 


06キャプチャ_convert_20160922181701 


神事終了後、直会とさせて戴き、ご主人様の音頭で「乾杯」です。皆様で大神様にご奉納しましたお神酒を戴きました。そのあと、高野彰に寄ります「大神讃歌」を歌唱、皆様と一緒に楽しく歌唱し無事終了です。



私共は神具撤収、ご夫妻様にココロ温まるおもてなしを戴き、ご夫婦、お子様、ワンちゃん、叔母様、皆様と色々とお話しさせて戴きました。


お話が弾(はず)む中、長居はご無用です。そろそろおいとまです。ご夫妻、お母様、お子様とワンちゃんに見送られご自宅を後に致しました。


あっ!そうです。ご依頼者様の車庫に入れる際、私共の愛車、通称ピカちゃんと言ってます。シトロエンC4ピカソのフェンダーミラーを柱にぶつけてしまいました。酷(ひど)く破損したわけではないのですがピカちゃんに誤り、早々にシトロエンディーラーに修理を出しました。「ピカちゃん済みません。ペコ!」



ご家族皆様、小さいながらも○○家稲荷神社に日々、手を合わせ、病気平癒、生業(なりわい)、彌栄、そして日々感謝され、これから互いに助け合い、生活をされる事を祈念し「○○家神霊奉鎮祭」のレポートを終了させて戴きます。


最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。

(みどりの杜 スタッフ記)

07キャプチャ_convert_20160922181711 






スポンサーサイト

平成二十八年九月十五日 光明稲荷月次祭 御祭り

修正01_convert_20160915101749 


本日は平成二十八年九月十五日 光明稲荷月次祭 御祭りです。

 

今年は早い時期から台風が次々と発生してはあちこちに被害をもたらしている様です。陸海空の交通は勿論ですが、一番ダメージを受けて悲しいのは農作物の被害です。これから収穫を迎える米を始め、実を実らせていく果実、野菜など直接自然の恩恵を受けている存在ですから惨憺たるものとなってしまいます。

こうなると、本当に自然の有難さ、恐さが改めて思い起こされ身にしみてわかります。

 

古代から日本人に限らず人間はその自然の有難さ恐さを現代人よりももっと厳しく受け止めていました。経済発展文明が発達していない分、今よりも生きる事に自然は直結していたからなのです。

 

ですので、この厳しい自然と共に共存共栄していかねばならない。

そして、古代の人々が大切に敬っていたもの、それは、「神」、です。

生きとし生けるもの、自然には全て魂、御霊が宿ると考えられていました。

自然=神。この偉大な力を持っていらっしゃる畏れ多い神様を怒らせない様に守って戴ける様にと「祀り」、日々の感謝は勿論のこと、事ある毎の感謝お礼、の「祭」は日常としてありました。

自然と共に生きる、恩恵を受け感謝して生きる事は、神に感謝、生きとし生けるものに感謝する事なのです。

現代ではその名残、イベントと化してしまっている事が多々あるようで何とも悲しい限りです・・・。

 

そして、現在は「神」を祀る、お祭りをする=信仰、信心、宗教を好む=変な人、となってしまう図式があるようです。。。困ったものです。

必ずしもそうではない、と言う事を皆様に知ってほしいものです。

 

話が長くなってしまいましたが、この自然と共存共栄していく厳しさ、大切さ、は現代にも繋がっています。

自然を開発の為に壊していく事は自然破壊、という言葉では片付かない事、地球温暖化、生態系の崩壊など深刻な問題に繋がって行ってしまうのです。

 

今は直ぐに悪い結果が出ないからと言って悪いことをしていくと、結果、積み重なって雪だるま式に増えて、手におえなくなってしまう。

一事が万事。 環境だけではなく、人間、いきものの身体の状態、心の奥の精神的な事にまで及ぶ、全てに於いて繋がる事です。

今、私達に突き付けられた大きな問題であると思います。

そして、改めて自然の素晴らしさ、偉大さ、恐さを見つめ直していく必要があるのだと思います。

 

さあ、今日から九月後半です。

秋、中秋の名月は台風の影響もあり見る事は叶いませんでしょうか・・・。

まだまだ、蒸し暑い日々がありますが夏の疲れが出ないように注意して元気にまいりましょう。

 

 

 

 

 

○○家宅神清祓御祭祈願


昨日、ワンちゃん御家族さまのセッションでのご縁から長くお付き合いをさせて戴いて居ります

○○家ご夫妻の「宅神清め祓い御祭の祈願」とお稲荷様の「神棚奉斎」をさせて戴く事となりました。


昨日は朝から強い雨が降り続きましたが私共はいつものように光明稲荷ご神前、朝の神事を執り行い準備を整え、ご依頼者様のご自宅に向かいました。

01キャプチャ 

この時期の雨としてはかなり強く降り続いて居ります。しかしその事は私共にはあまり気に為りません。・・・が到着あと、神具の搬入の際、雨が降られる事に少々の不安が有りました。


ご依頼者様のご自宅に到着しますと雨は止み、神具の搬入も雨に濡れる事無く、無事に部屋まで運ぶ事が出来、ご依頼者様のご主人、奥様にも神具搬送のお手伝いをして戴き誠まことにありがたい事です。

02キャプチャ 

神具も無事に運び、案等の組み立てを早々に御神饌等ご依頼者様に御用意して頂き、神事の準備も早く進み午後一時、定刻通りに神事執り行う準備が整いました。


この度の「宅神清め祓いの御祭祈願」、ご依頼者様から以前より「伏見稲荷大社から分け御霊を戴き神棚にお祀りをさせて戴きたく思います。どのような順序でさせていただいたら宜しいでしょうか?」とみどり先生にご相談があり、みどり先生「まずは部屋の霊的問題等をキレイされてから、それから神棚を御用意、大神様を御迎えして行く順序で致しましょう。」との事、お話を進め本日はその「清め祓いの儀」をさせて頂きました。

03キャプチャ_convert_20160914202034 

ご主人様は整形外科医であられ、とても心優しい方です。学生時代はラグビーをされて居たという事です。今、ラグビーはとても注目を浴びて居りますスポーツですね。あの選手のお名前、一度は聞いた事があるのではないでしょうか?試合前に手を合わせるポーズをするあの有名な「五郎丸」という選手です。

04キャプチャ_convert_20160914202051 

以前にご主人にラグビーについてお聞きしました所、「ラグビーは一種の格闘技です。」 確かに怪我と生傷は耐えそうに有りません。今は、病院で患者さんをやさしく検診され患者さんの皆様から親しまれ頑張って居られています。又、神様に対する信仰心もしっかりあられ崇敬されておられます。大変に包容力がある持ち主です。


奥様はとても心純粋な持ち主でみどり先生のセッションを長年に渡り何度も定期的にお受け戴き自分の中に隠れていました霊感が蘇えり、今は愛するワンちゃんとの会話勿論の事、霊感もとても強くみどり先生に、色々とアドバイスを戴きつつ良き方向に向かって居り、ワンちゃんのセッションではみどり先生、奥様、ワンちゃんの三者ミーティングみたいな時も有りとても面白いです。


ご夫婦の間に生まれました、女の子、元気ハツラツで芸達者、歌に踊りに将来がとても楽しみな女の子です。そしてもう一人というか?もう一頭、ワンちゃんです。彼も大変にスピリチュアルな持ち主です。みどり先生とはお互い尊敬、尊重し合っている関係でセッションもとても面白いお話をして居ります。

05キャプチャ_convert_20160914202104 


さてお話は元に戻り、午後一時に「 ○○家宅神清祓い御祭の祈願」を執行となりました。ご夫婦お二人参加の神事です。礼儀正しい娘さん、ワンちゃんですが神事となると今までに体験した事のない行事。ひとまず、今日だけはパパとママのみの参加、と言う事でママのお母様、おばあちゃまがこの日の為におばあちゃまのお家のワンちゃん達はお留守番させて飛んで来てくれました。優しいおばあちゃまと隣の部屋で楽しく遊んで戴きながらの待機です。


さあ、神事は「神前拝礼」から始まります。厳(おごそ)かに始まります。典事が読まれ神事の方は進まれて行きます。


「大祓詞」奏上し「祝詞」奏上ではご夫妻のお名前、そしてお子様、ワンちゃんのお名前も祝詞文の中に書き入れられ、これから大神様にしっかりとお守り戴くよう、みどり先生は奏上され祝詞終了。玉串奉奠と典事も更に進み、神前拝礼で無事終了。

06aキャプチャ_convert_20160914202117 

06bキャプチャ_convert_20160914202130 



06cキャプチャ_convert_20160914202147 


私共は神具撤収、ご夫妻様にココロ温まるおもてなしを戴き、これから上がられる伏見稲荷大社のご参拝方法、お山の仕方、お御霊の受け方、お祭りの仕方等などをお話しさせて戴きました。

そして、おばあちゃまからは隣の部屋で待機していたお子様の御様子をお聞きしました。その内容は私が神事をする事を見ていたかのようでびっくりしました。お嬢様がぬいぐるみのゴリラを自分の後ろに座らせて待たせると、本人が手を合わせ神様に拝礼するしぐさをされたとの事。まさに、「びっくり!! 」と申しますか、流石!!このご夫妻のお嬢様、と言う感じでした。


お話が弾(はず)む中、これからご夫妻は伏見に向かわれます。長居はご無用、そろそろおいとまです。ご夫妻、お母様、お子様とワンちゃんに見送られご自宅を後に致しました。


さて、次回はいよいよ、めでたい「神棚奉斎」です。みどり先生は祝詞などの準備、髙野彰は「大神讃歌」を歌う、今からココロの準備をし本日、「 ○○家宅神清祓い御祭の祈願」のレポートを終了します。


最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。

07キャプチャ_convert_20160914202158 






平成二十八年九月一日 光明稲荷 月次祭

修正01_convert_20160901101804 


本日は平成二十八年九月一日 光明稲荷 月次祭です。 

各地の神社は勿論の事、真心込めた御神饌、皆様の温かい真摯で素直なお気持ちと共に大祓詞、祝詞奏上。。。朝早くから皆様のご家庭でも賑やかに御祭りされた事と存じます。

 

沢山、各地の神社に赴きお礼参りや御祈願、ご参拝される事も大変素晴らしい事。

けれども、まずは御自身のご家庭を日々、御守護戴いている御守護神様に感謝を申し上げ、お礼の真心をお示しになられる事、皆が元気に過ごせましたと喜びの声を神様にお伝えされる事が神様にとられても何よりの喜びであられ

益々、御守護賜る事に繋がる事と思います。

 

私共人間でも、親しき仲にも礼儀あり、という諺がございます様に、

いくら分かり合えている、近い存在であったとしても、相手がしてくださった真心に対して当たり前、と言う事はございません。

これは、親子、兄弟、夫婦、恋人、友人同士でもそうだと思います。

 

お金や豪華なお礼をせよ、と言う事ではありません。

「ありがとう」という言葉、そして、「笑顔」で感謝する。

相手のしてくださったことに素直に喜びを表すことです。

そして、言葉、言語を発する事が出来るのを許されたは人間だけです。

動物達にはこれがありません。

彼らには言葉は必要ないのです。

私達は「言葉」を介して学ぶことが沢山あるからなのです。

「言霊」言葉には魂が宿ります。

私も言葉の有難さ、恐さを、大神様の御役をさせて戴いてから、今までよりもっともっと、素晴らしさ、力強さ、そしてその反面にある恐さと言う事を痛感し、その大切さを感じております。

皆様にもぜひ、「言霊」、大切にして戴きたいと思います。

 

生きていると様々な事がございます。

良い時ばかりではございません。理不尽な事、険しくも辛く哀しい日々である事の方が楽しい日々よりも多いかもしれません。

 

けれども、そんな中に置かれても、軸ぶれることなく、己を信じ、一生懸命に皆さまが元気に素直に正道を歩まれていらっしゃるお姿を大神様は必ずや応援してくださる事でしょう。

 

さあ、いよいよ初秋、ススキの穂が出始めて、こうろぎの声に鈴虫の声が混じる夜、・・・といえどもまだまだ残暑の日々が続きますね。

蝉も慌てて夏惜しい様に鳴いている様です。

夏の疲れが出やすい頃、心身共にご無理のない様に少しずつ少しずつ確実に進んでまいりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
338位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR