愛猫チイから教えて貰った事、今の自分自身を受け入れ認める事、神道の中今の精神

我が家にはご縁あって家族に迎え入れた重い疾患を持つ猫達がいます。
チイちゃん、この秋頃には2歳になります。出逢ったのは2013年1月6日、近隣にあるコンビニのドアの前。神事に使う榊と御神饌を買い求めに出た折に出逢いました。

IMG_2062_convert_20140926124850.jpg

出逢った時には見るからに衰弱している状態でうずくまっていました。
コンビニの出入り口で小学生位の男の子達に両腕を持たれてぶら下げられたりして遊ばれていてグッタリとした状態で無抵抗なチイちゃんはされるがまま。見ると左眼が潰れていました。
私は気付くとチイちゃんを抱きかかえ車に乗り込んでました。
「連れて帰る。」すると運転席で待っていた主人は「うん、分かった」と、何も聞き返さずに唯、迎えに来た家族が戻ったかの様に答えてくれました。

車内で直ぐに「貴女の名前はチイちゃんだよ」と私はチイちゃんに言いました。
不思議でした。直ぐに名前が出てきたのです。抱きしめてチイちゃんは静かに目を閉じて私の腕の中に埋もれていました。
家に着くと抱きかかえたチイちゃんを玄関にチョコンと下ろし「チイちゃん、おうちに着いたよ」
するとチイちゃんはあたかも自分の家に到着したかのように何も臆さず、そのまま真っ直ぐリビングに入っていきました。そして何と我が家の猫達が使っているトイレに入りオシッコをして、安心したのかストーブの前に温まりました。
まるで我が家にずっと昔からいたこのかの如く・・・。
今思うと、チイちゃんはやっと巡り巡って私の処に帰って来たのかもしれません。

それから、チイちゃんは酷い状態でしたので直ぐに受診、治療を始めました。
検査の結果、エイズと白血病の双方とも陽性反応が出て、重度の慢性猫風邪を持っていました。母子感染だった様です。家に来た時には。熱もかなりありクシャミ鼻水、下痢、口内炎、歯肉炎等で口の中は血だらけで膿の様な臭い、鼻水鼻づまり発熱等風邪の酷い状態。恐らくはひどいウイルス性の風邪で左眼も潰れてしまったのでしょう。よくこんなに小さな身体で頑張って生きていたものだと。。。獣医の先生は「このままで外にいたらきっと亡くなっていたでしょうね」と仰る位でした。

そのチイちゃん、今でも猫風邪は完治していません。アップダウンがかなりある毎日です。勿論、エイズ、白血病も背負ったままです。でも、人工ステロイドを止めて既に7か月目となりました。途中、風邪の症状がとても酷くてしんどい時には抗生物質、消炎剤を打って戴きましたがステロイドは絶対に打たないと勇気を持って主治医の先生にお願いしました。でも、どうしてもだめな時には打たないとね、と仰られましたが。

以前、人工ステロイドを打っても全く症状が緩和されず苦しんでいた夜、チイちゃんは私の枕元に一緒に寝ていました。苦しい時には必ず私の枕に来て小さな頭を乗せて私の胸にしがみついて寝るのです。まるで赤ちゃんの様に。そしてわたしにこう言ったのです。
「お姉ちゃん、何でチイちゃんだけ皆と違うの?チイちゃんばっかり苦しいの? 」と。
私は涙が止まりませんでした。唯、抱きしめてあげる事しかできない。ごめんね、と。
でも、必ず私が治してあげるよ。神様が守ってくださっているからね、と抱きしめました。

031_convert_20140926125222.jpg

今はハーブ・サプリメント等で免疫力上げようと頑張るチイちゃんです。あまりに鼻水が酷い時には抗生物質の錠剤をあげますが本当にたまに上げる位になりました。
鼻水鼻づまりクシャミ、ムセたりもしますが人工ステロイドの時の様な副作用と薬が切れるとガクンと落ちる状態も無くなりました。勿論、日々のアップダウンはありますが元気に他の子達と走り回ったりしてくれています。

チイちゃんの勝気な性格もあるのでしょうが、ちょっとの事ではビクともしない動じないのです。本当に我慢強い子です。
近所のワンちゃんが吠えて近付いて来ても背中を怒らせて向かっていくし(苦笑)近所で怪しい(?)人影が畑でうごめいていると(単に草刈りだと思うのですが)「何もの?!」と言わんばかりに痩せている身体を強そうに肩を怒らせて強そうに歩いて確認しに行きます。 (笑)
そして初めての猫ちゃん、外の子が我が家にご飯を食べに来ると必ず挨拶しに行きます。そして食べている姿を見守っています。まるでお母さんの様に温かい眼差しです。
初めて出逢う人にも挨拶します。困った事に車が来ても避けません(x x;)車を睨み付けているのです。再三、危ないのでお話ししているのですが理解してくれていない様です。何か思いがあるのかと。けれどもこれには本当に困りますので懇々と説得しなくてはなりません。先輩のキトちゃんにもチイに教えてあげる様にお願いしておきました。

IMG_2251_convert_20140926124932.jpg

こんなに小さい身体で色々と背負っているけれど、前を向いて果敢に自分の人生を生きるチイちゃん。
最愛なるチイちゃんから教えて貰った事。
それは、どんなに辛い事を抱えていようとも、自分自身の置かれた境遇、背負っている事を受け入れ、自分自身の存在を認め、一日一日を大切に一生懸命に生きる事。
明日は何が起こるか分からないのです。
唯、日々を悔いの無い様に精一杯に生きる。
 
神道の教えに「中今」というものがあります。
これは先々の事を心配する事よりも二度と戻る事が出来ない今、この瞬間を精一杯大切に生きる事、それが先に繋がっていく。過去も未来も今、現在あってこそだという「今、この瞬間を大切に生きる」という教えがあります。
まさに、「一つ一つを丁寧に大切に、確実に、前を向いて進むこと」です。 
チイが教えてくれた大切な事は大神様からはいつもいつも、事ある毎に御神託として戴いております神の道の尊い教えです。

人生は旅です。明日、いいえ、この後にも何が起こるか分からない。私も旅の途中です。
自分は何者か、何をするものか、何もまだ成し遂げてない。自分は本当に必要な人間なのか。人は自分をどう思っているのかどう思われているのか、恥ずかしくないか、人と違わないか、自分が好きになれない、自分に自信がない、自分は本当に大丈夫なのか・・・。

これ等の事はちょっとした心の隙に入り込んで私達を悩ませます。
これ等はとても気になる事、大切な心配な事かもしれません。
けれども、そんなことを考え留まり動けなくなるのは時間が勿体ない。
流れが正しい方向ではない時に時として動かない方が良い時もあります。
自分自身のネガティブなエネルギー、外部からの障害で動けなくなる、というのとは違います。

何時、どうなるか分からないのですもの。
それだったら、・・・
人の為に 動物達の為に 笑顔で 愛一杯で 幸せを共有したい。
人からどう思われたい、良く思われたいという割愛ではなく、どう思われてもいい。自分に正直に唯、唯、神様を信じて随神の道、奉仕の道、見返りを求めない慈愛に生きる・・・。
そんな風に行きたいと、チイちゃんからいつもいつも、事ある毎に学ぶ私です。

人生は旅 終わりのない旅。
ゴールのない旅。
次の来世へ繋がる終わりのない旅。
決して二度と来ない一瞬一瞬の時を大切に・・・。
チイちゃんとの出逢いに感謝。
一緒に歩いていける事に感謝です。
いつもありがとう、チイちゃん。

026_convert_20140926125055.jpg

スポンサーサイト

○○家神霊奉鎮祭(奉鎮祭)

今日は私にとってもとても嬉しく待ち望んで居ました「神棚奉斎」です。

キャプチャ1

前回、「所帯道具清祓い霊障神除ノ儀」それから「宅神祭清め祓い祈願」そして今回、「神霊奉鎮祭(奉鎮祭)」となり私はとても楽しみにしていました。大神様からのご神託を戴き「1時に執り行いなさい」とのお言葉、

キャプチャ3
私は1週間前から潔斎し心身共に整え祝詞作成等準備、他を粛々と行いました。 

当日、朝の神事を執り行い大神様からのご神託で「しっかりと気を抜かずに執り行いなさい」のお言葉。私はと身を引き締め依頼主様のご自宅に向かいました。
天気も秋の清々しいお天気となり無事、ご自宅に到着。
依頼主様の家に入りまして先ずはご仏壇のご先祖様に本日、神様に御鎮座戴く神事を執り行わせて戴く旨、ご挨拶と共にお伝えさせて戴きました。
ご先祖様から「よろしくお願いいたします」との心強い御言葉戴き、さて早々に案等、神事の道具をお二階の神棚前にお運びし神事の道具等を組み立てます。米、酒、塩の生饌、本日は神様に御鎮座戴くお目出度い日ですので鯛を、そして乾物野菜果物等のご神饌他ご用意。いよいよ白衣、浄衣に着替えまして丹田に力を入れ、準備無事完了です。

今回、ご主人様はご新居二階プライベートのお部屋に神棚のスペースをお作りになられました。神様の新しきお住まいとなる御殿の為、特注でご注文された立派な雛壇は新居に入られる前に出来上がり既に浄め祓いさせて戴いておりましたので御入居と同時に無事、設置されておりました。

さて、いよいよ依頼主様御夫妻ご出席の中、神事を執り行う事となり神前拝礼から始まり神事が進んで行きまして神前拝礼となり無事、終了。この度も大変清々しい神事をさせて戴く事が出来ました。

その後、直会とさせて頂きご主人様音頭で「献杯」「おめでとうございます。」記念のお写真を撮り終了です。

キャプチャ7


案等の祭式具を撤収し、大神様にご奉納しましたご神饌の全ては神様からのお下がりとしてご家族皆様で食して頂く様、奥様にお渡ししました。
私も白衣、浄衣を着替えました頃、御主人様からの手厚い「おもてなし」が御用意されておりました。ご主人奥様と共にテーブルを囲み、ご家族様からお役をお任せ戴いた時からこの一年の過去を振り返り、大神様の事、御霊のお話し等で盛り上がりました。

そろそろ御暇しなければと、まずは御先祖様に無事に終了させて戴きましたとご報告と共にお邪魔しましたとお話しさせて戴きました。
すると、ご主人様が「何かお婆さまが言ってませんかね」との事。
早速、私はお婆さまに「ご主人様に何かお伝えしたい事がありますか?」とお聞きしますと、お婆さまは「いつもまんじゅうばかりだから違うものがよい」とのお答えがありました。ご主人様が「そう言えば仏壇にお上げする物はまんじゅうばかりだったな~」と「何がいいのかな?」と御主人様。するとお婆さまは「辛いものを上げて欲しい」と仰いました。ご主人様は「あ~塩辛みたいなものだな」お婆さまの横に並んでお写真が有ります方がいらっしゃったので「この方はご主人様のお父様ですか?」とお聞きしましたら御主人様のお父様でいらっしゃるとの事でした。「お父様、何か息子様にお伝えする事がありますか?」すると、お父様は「酒は止めたからいいが、・・・お茶ぐらいは上げてくれ」とのお言葉。ご主人様「あ~暫くあげてないな~」とご先祖様からとの思いがけない会話に皆さんで思わず笑ってしまいました。

キャプチャ5

さてさて、お話しもつきませんがそろそろお暇のお時間に?
奥様から神様にと、ご奉納の品を頂きまして御夫妻に見送られ私共は帰路に向かいました。

キャプチャ2

前回の続きでした。「宅神祭清め祓い祈願(やかつかみのみまつりきよめはらいきがん)」、が無事に終了し間もなく「家の中の2階からドタドタとかけ降りる音とラップ音がするんです。」とご主人様からご連絡。
私は「祈願の儀も霊視をしつつ、しっかり執り行ったし外からの出入りが無い様に押さえて止め、危ない箇所は「結界」を張り御霊が入る隙は無い筈はなのだが・・・。う~む???」でした。
すると後からご主人様が「娘が前に住んでいた家の庭にある榊を取って来てとシツコク言うものですから、前の家に榊を取りに行ったんです。それから家の中でバタバタが起こりました」とのお話し。

ご主人様のお子様で1番下のお嬢様が霊媒体質。以前、霊的問題でお嬢様の除霊浄霊をしたのでした。又、ご主人様も霊感の強い方で同じく霊的問題を持って居り除霊浄霊をさせて頂きました。そんな事が依頼主様のご新居で又起こり始めた事で私は動揺するというより「どうして又、起こったのだろうか」と冷静に考えました。
ああ、榊!!以前住まわれていらした処に植えもしないのに生えて来たという榊だ!! 因縁ある隣の土地から種が飛来して生えたのだ。そこに霊達が憑いてしまった・・・。何と言う事だろう。榊は神の木であのに、何と罪深き事か、全く救いようがない輩たち。

ああ、そう言えば「フッ~」とお役を終了し落ち着いて自宅で寛いでいた頃、「何が随神だ」とせせら笑う御霊の念が飛んで来ました。私はすぐさま御神殿前に向かい大神様と対座しまして依頼主様の件をお話しました所、「○○家は我らが守る故、安心しなさい」とのお言葉でした。
土壇場で無駄な抵抗。そんなにまでして食い下がりたかったのか…。理由を問う、いいや、その必要はない。私はご主人様に今の土地にこの榊を入れない事。元の場所、他の場所に移すかお焚き上げされる様にキッパリとお伝えしました。

その後、依頼主様のご主人様からご連絡有り「榊」を「以前の家の近くに塩を撒き埋めて来ました。」とご連絡が有りその後、変な事が起らなくなりましたという事でした。私も「ホッ」とした次第です。

キャプチャ4

依頼主様の御霊の問題は大神様の御力で「一軒落着」で事無きを得ました。これで前回の続きのお話は終わりです。


さて、「神棚奉斎」も無事終了し自宅に無事到着。大神様に「○○家のお役目をしっかりと果たさせていて頂きました。」とのご報告を致しました。
大神様から「ねぎらい」のお言葉を頂き私も少し「ホッ」とした次第です。
ご依頼主様から戴きました大神様への御礼の品々はお玉串と共に大神様に早速ご奉納させて戴きました。

渡辺ご奉納修正1_convert_20140919094019


神事の際に大神様に「ご主人様にご神託が有りましたらお言葉を頂きたく存じます。」と申し上げますと大神様より有難くもご神託賜る事が出来、ご依頼主様にお伝えする事をさせて戴きました。
大神様のお言葉は「真摯に直向きに日々、一生懸命に執り行っている姿はいつも見ておる。されど、心身がとても疲れておろう。湯でも使って心身を休め癒すとよい」
とても温かな御言葉を頂きました。その御言葉をそのままご主人様にお伝えさせて戴きました。
ご主人様が目に涙をうるませとても感動して下さった姿を見、改めて私は大神様のお言葉をお聞き出来、その尊い御言葉を大神様のお使いとして皆様ご依頼者の方々にお伝え出来る事の喜びをとても強く感じました。
まだまだ修行の身、未熟な私ではございますが、この様な有難い御役を戴き
私は何と幸せなのだろうと。大神様に感謝で一杯でした。

神様は正直で一生懸命な人がお好きでいらっしゃいます。
そして、その様な方の傍にはいつも大神様がいらしてくださいます。
常に一生懸命に真摯に神様に向き合われていらっしゃる依頼主様のご家族皆様も大神様のご守護の元、益々、弥栄、末永く安心して幸せに暮らして行かれる事でしょう。

サァ~てと少しだけ束の間のお休みの時間を頂き、久々に洋画のDVDでも観ようかなあ?と我が家の愛猫のチビ達をブラッシングしながら、我が家のベランダから見える山と雲、宇佐美の海岸を「ボーっ」と見て・・・「幸せだな~」と感じました。

キャプチャ6
我が家ベランダからの風景

お疲れ様です。



九月十五日、御祭り

修正1_convert_20140915114601

九月十五日、御祭りです。
少しずつ朝晩が過ごしやすくなり、爽やかな風が吹く日々となってまいりました。
本日の御神饌は、実家の父が趣味で作っているお野菜を少し加えてお上げさせて戴き、秋の味覚、栗もお上げさせて戴きました。
御神饌、いつも、お野菜が他よりも目立っているかな?と思いつつ御神饌の位置など見直していると・・・
そう言えば先日、神事を執り行わさせて戴いたご依頼者の奥様と御神饌をご用意している時に「御神饌のお買い物に行くとどうしても、お野菜に目が行ってしまって、果物より多くなってしまうんですよね~」「全く同感、実は私もなんですよ!! (笑) 大神様はやはり、お米、お野菜がお好きなのかもしれませんね」と色々と御神饌の置き方、作法などのお話しに花が咲いた事を思い出しました。
このご依頼者のお宅は私共がお導きさせて戴き、元々ご家族様に御神縁があられた宇迦之御魂大神様を正式に伏見稲荷様から御分霊されお祀りされております。

実りの秋に感謝です。これから秋祭りの季節。
新嘗祭が各地の神社で執り行われますね。
宇迦之御魂大神様は五穀豊穣の神様です。
生命を繋げて下さる大地に感謝、大神様に感謝を込めての御祭です。

さあ、食べ物が美味しい季節、旬のものを沢山食べてパワー全開!!
九月後半、元気にまいりましょう!!

「○○家宅神祭清め祓い祈願」(新居のお浄め)report

古い家から新しい新居に移るのはとてもワクワクし気分も一新!!只、お荷物を運んだりその荷物を整理整頓,これが又、大変ですけどね!!
先日、「所帯道具清祓い霊障神除ノ儀」を無事終了しました。今回は新居の「清め払い」のご依頼を受け「宅神祭清め祓い祈願」を執り行うお役目を頂きしっかりと神事させて頂きました。

キャプチャ鬼退治1

ご依頼主様が以前住んで居られました問題在りきの土地、御霊様、又、野狐の問題等色々とあり私もしっかりと祝詞の内容の中には霊的な事を含め清め祓いと鎮魂、御祈願を組み込ませてお作り致しました。

神々に新しい家居を守って戴き(地鎮祭をハウスメーカーさんが取り仕切られ執り行われたとの事ではありましたが)「霊的にも何ら問題はないか」を改めてしっかりと霊視もしつつ神事を執り行い無事終了しました。
その「神事と清め払い」のreportです。
大神様からのご神託で「午後1時に神事を執り行いなさい」のお言葉。当日、いつものように朝の神事を済ませ依頼主様のご自宅に向かいました。依頼主様の新居はまだ段ボウル箱が部屋の隅々に積まれて居りました。

早々に案等の道具を運びまして組みご神饌の準備を整えご家族ご出席の中、神事を執り行いました。

神事photo1

「神前拝礼」から始まりご家族皆様の「清め祓い」そして「散供の儀」では室内の先ずはお風呂場から清め祓い、次に北東より各部屋を「霊視」しながら必要であれば「結界」等の霊的な対処と共に「大麻」でしっかりと「清め祓い」を終了。
家の外、土地の四隅の「清め祓い」にはご家族様にもご参をして頂き一家の主、ご主人様に「切り麻」奥様とお嬢様に「塩」を持って頂き土地の四隅を「祓い清め」その間、私は霊視をしまして何かあるかをしっかりと見て居りました。幸い家の外も中も危ない御霊等はおらず「散供の儀」は無事終了。
神事の流れも先に進みまして神前拝礼で始まり神前拝礼で無事終了致しました。

キャプチャ女性喜び1

案等の祭式用神具を撤収片付け終了し、一段落。ご家族様の温かなおもてなしを受けご主人様ご家族の方と少しお話しをさせて戴きました。

そうです、今、リポートを書きながら思い出した事がありました。
こちらの新居にお伺いしました時、まずは○○家のご先祖様がいらっしゃるご仏壇、先ずは「いの一番」にご先祖様にご挨拶をしました。

ご仏壇にありましたのはおばあ様、ご主人様のお父様のお写真。するとおばあ様が一言「よく来てくださった。この新しい場所も日当たり良く明るくて、とても気に入ってます。」とお言葉を頂きました。ご主人様にその事をお伝えしますと、大変喜んでくださいました。おばあ様は生前、大変信心深く徒歩で何時間もかけ遠い鎌倉のお寺にまでお参りしていたそうです。それも毎日欠かさずに行かれてらしたそうです。

お坊さんお婆さん1

その御佛に対する穢れ無き真摯な心にお寺のご住職様が「南無妙法蓮華経」と書かれた十界曼荼羅の掛け軸、おばあ様のお名前を書き入れて渡してくださったそうです。その掛け軸を見せて頂きました。とても大きく巾50センチ縦も1メートル50センチはあるのではないかと思いますが、何よりスゴイのはその掛け軸からのパワーが物凄かったのです。ご住職様の御佛に対する気持ちがとても真摯で何ものにも穢されず無欲で清らかであられる事をとても感じました。
まさに「慈愛、慈悲」に溢れ、又、力強さと優しさに包まれておりました。

私もまだまだ修行の身です。未熟者でございます。亡きおばあ様の歩まれていらした道則にはまだまだ足元には及びませんでしょう。しかし、益々、心新たに「随神の道」をしっかりと歩まねばと思った次第です。常々、何か事ある毎に大神様から御言葉で「そなたの行く道は随神の道である」と仰ってくださる事を改めて心に深く刻みつつ進む事を・・・。

キャプチャ随神1


お話しも盛り上がり尽きませんでしたがそろそろお暇しなければとご家族の皆様にご挨拶を済ませ又、依頼主様から温かいお心遣いのお品も頂きまして本当に「感謝感謝です」今日も無事に神事が終わりました。

車中で神事が無事に終了した安堵感の頭の中では、・・・伊東に帰ったら…まずは、大神様にご報告と共に依頼主様からのお玉串、ご奉納の品を上げさせて戴いて、片づけしてホッと一息かな?・・・でもでも、その前に神事を終わった後は何故かお腹か空くのですよね~(笑)「あ~今日こそは食べずに減量??」と二の腕を掴み「ぷにょぷにょ」私の頭の中はもう帰路途中「食べ物屋さんがあそこに」と勝手にチェック確認!?後はご想像にお任せします。(苦笑)

「○○家所帯道具清祓い霊障神除ノ儀」

皆さんは新しい新居に移る場合、今まで使って居ました色々なモノはどうなされますか?
本日、ご依頼主の方が古い家から新しい新居に映られる為の「儀」を執り行いました。
以前、ブログでも掲載しました「野狐御魂還しの儀」で私はそのお役目を果たしましたご依頼主の方です。「野狐」という面倒な霊孤を除霊浄霊、遷座の儀、その後、依頼主のご主人様と色々とお話しを致しました。と言うのもこの土地が霊的に良く無く依頼主のご主人様を初め子供さまも霊的に嫌な思いを幾度か経験している場所で問題在りきの土地だったからです。

私はその土地を霊視して見ました。かなり昔の情景が見えこの家のまわりの土地に死体を積みあげて居た状態が見えました。その事からも分かりますようにその影響は避ける事が出来無い状態です。ご主人様とお話を進め「結界」を張る事も一つの選択です・・・がその結界もいつまでも続きませんとお伝えしました。

キャプチャ2


その後、お電話でのご相談でお話を幾度か致しましてご主人様が「新しい家を購入します。」のお言葉、私はビックリし、思わず「大丈夫なのですか?」と聞き返しました。
幸いご主人様のお仕事はとても順調に進んで居りまして「問題ありません」とのお言葉。私は安い買い物ではないので心配ではありましたがその後、新居の家相と土地の霊視等ご相談で微力ながら少しお話ししアドバイスさせて頂きました。新居の工事も着々と進み引越しをする為の準備の最中、この度「所帯道具清祓い霊障神除ノ儀」という事成りました。

タイトルにも記述して有りますように「所帯道具」というものは自分の思い出の深いモノが沢山有ります。中々断捨離が出来ないのも分かります。・・・が先程も申しました様に問題ありきの土地に長い間、住んで居られたご依頼主様のご家族、「もしや自分の大切にしてるモノに憑いてくるのではないか」「自分たちと一緒に新居に来てしますうのではないか?」との不安はヨギルものです。

この「モノに憑く」というのは私の経験上、「ある」と確信してます。日本のものではないのですが、とあるテレビ番組を見ていた時の事でした。ヨーロッパのどこであったか場所は忘れてしまいましたが、アンティークな家具等が色々とおいてある素敵なお店でした。ある家具が撮された時、その家具に女性の姿が一緒に見えたのです。その家具に執着を以っていたのか家具に憑いて居ました。私もその時はあまり深く観る事も無く「あっ女性が?」という感じで、そのままスルーしました。・・と言うのもその女性にフォーカスを当て集中してしまいますとその女性を呼んでしまう事になり、後々、面倒な事になってしまうのであまり気にしないようにスルーを心がけているのです。ヨーロッパのアンティークな家具全てが皆、そういう事はないと思いますし極、稀でありましょうが先程書きましたような事も有りますので皆様がご購入後、ご自身が「なんかおかしいな?」と感じましたら一度、信頼あられる方に観て頂いた方がよいと思います。

キャプチャ3


今回はその為の「清め祓いの儀」です。私は大神様のご神託の中、神事を執り行う開始時間のお言葉を頂き、祝詞作成等神事に必要な準備を進め当日、いつものように朝の神事を済ませた後、ご依頼主様のご自宅に向かいました。

ご自宅に到着、先ずはご主人様が先立って伏見稲荷大社から御魂分けしお社でお祀りなされております神様にご挨拶をしました。大神様から「よくぞ来てくれた待って居ったぞ」のお言葉を頂きました。普通のお言葉では有りますがとても嬉しく心やすらぎ心に気がみなぎってきました。粛々と神事の準備、そしてご家族ご出席の中、神事を執り行い清め払いの散供の儀で気になるモノ等はしっかりと祓い清め無事終了。ご家族の温かなおもてなしを受け、ホッと致しました。あとはご家族の皆様、新居完成までにお荷物をまとめ必要なもの必要でないものを仕分け断捨離をし気分一新、新たな生活での家内安全、商売繁盛を願いご家族の見送る中、伊東に帰路に向かう途中お腹が「グーグー」
おにぎりなど買いまして「ぱくりぱくり」「日本人に生まれて良かったな~~」と思いながら大神様に感謝し減量しようと思いつつ、なんとおにぎり2個それも少し大きめ、パンをパクパク「もう止まりません!!」
「あ~っ!今日はいいっか?」と自分に言い聞かせ既に手がドーナツを掴んで居ました。(笑)
明日から
減量     減量    減量 

九月一日 御祭りです

修正1


本日は九月一日 御祭りです。
伏見稲荷大社月参拝を無事に終えた明けの朝、御祭りです。
道中、寝ておりません為に少々、眼がショボショボするものの、元気です。(^ ^)

さて、本日は少しだけ実家の父が趣味で作っている無農薬の茄子とキュウリを他の御神饌とと共に少しだけ上げさせて戴きました。
形は悪いけれど、お日様のエネルギー、元気いっぱいのお野菜です!!結構、野性味があって美味しんです。

八月・・・色々な処で大雨による水害があられ沢山の犠牲になられた方々がいらっしゃいました。まだ、復旧活動等が大変な状況であられますが一日も早い復旧、そして被害に遭われた皆様のお辛い心身が一日も早く癒える事をご祈念させて戴きました。

さあ、いよいよ九月です。初秋。少しずつ蝉の声が虫の声に変わり、朝晩が過ごしやすくなってまいりました。季節の変わり目、夏の疲れが出る時期ですね。
心身ご無理のない様にお過ごしくださいませ。



八月三十一日 伏見稲荷大社 月参拝

キャプチャ伏見1


今月も神事、セッションと立て込んだ日々でした。30日は富士市ポワポワさんでの出張セッション。その翌日、31日は午前中、遠隔セッション等をさせて戴き当日中に八月の月参拝をと願い夕方5時に自宅を出発致しました。

東名高速に入り所々で強い雨。京都はどうだろうと思いつつ、大神様が守ってくださっているから安心とばかり車を走らせました。

いつもより早い時間に伏見稲荷大社に到着しました。早く、と言いましても夜10時です。けれども、結構、参拝されていらっしゃる方、先達さんと共に信者さんが稲荷山を上がられたりといつもよりも参拝の方がいらっしゃったようです。

私共はいつものように、本殿前の拝殿で宇迦之御魂大神様、その他五柱の大神様にも参拝させて戴き、お玉串奉納と共に八月、皆様、そして動物達の御無事の感謝と共に来月も又、心身無事に過ごす事が出来ます様、御祈願させて戴きました。

又、命婦専女大神様、稲荷山一の峰に御鎮座されていらっしゃる末廣大神様、お掃除の後、ささやかな御神饌をお上げさせて戴き、お玉串奉納、大祓詞、祝詞を奏上。皆様が八月を心身ご無事でお過ごしになられました事、動物達の御無事の感謝と共に来月も心身無事に過ごす事が出来ます様御祈願させて戴きました。そして大神様からのご神託も賜りました。

大神様と対座させて戴く時間は私に取りましてとても大切なひと時でございます。古いエネルギーが浄化されて元気なエネルギーを戴けます。
軸を整えて戴きますと、背筋がピンとしてとても気持ち良く元気になります。

穢れを祓って戴き神様の清々しい気で心身を清め元気で満たして戴ける。
何とも勿体無い、有難い事でございます。

「祓い」とは単に知らず知らずに身についてしまった汚れや罪穢れを祓う、と言う事だけではなく、「穢れ」が変化して「気枯れ」(きが枯れる)、つまり元気を失ってしまった状態の意という説もあるようです。その「気が枯れた」状態の古い「穢れ」を祓う事で神様の新しく清々しくも素晴らしいエネルギー、元気の気を戴き元気に成れると言う事。こじつけ、と仰る方もおいでかと思います。けれども私はこの意に深く納得致します。日本語と言うものは何とも奥が深いですね。

さてさて、話は脱線いたしましたが無事に月参りを済ませまして無事に帰宅致しました。家のドアを開けると我が家の愛猫達が次々にお出迎えしてくれました。無事を確認して、まずは神様にお上げするための一番水を取りました。
そして猫達の世話、片づけ、お掃除お洗濯等・・・お風呂で身を浄めて
本日、九月一日、御祭りの御用意を開始です。

九月も素晴らしい月となりますように。



sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
182位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR