六月上半期最後の伏見稲荷さま月参拝

六月は神事、除霊浄霊が続き、セッションも立て込んでしまっておりましたが御予約の皆様にセッション日延期のご了承戴きまして月参拝の日程を取らせて戴く事が出来、伏見稲荷様に上がらせて戴きました。

六月二十九日の夕刻に自宅を出発。明けの深夜近くに京都伏見稲荷様に到着いたしました。

001_convert_20140630101040.jpg


この処、はっきりしないお天気で雨も前日にかなり降ったりと天候が心配されました。が、伏見稲荷様に到着すると私達が着く前にはかなりの雨が降ったと思われる程、地面が濡れていました。
この季節、いつも、ガヤガヤと楽しそうに参拝される若い方々等が深夜にもかかわらず参拝者の方々がいらっしゃるのに今夜は人っ子一人いらっしゃらず、境内には静かで清らかな空気が流れていました。
きっと私達が参拝する前に雨を降らせて戴いたお蔭なのだと神様の尊い御力に感謝いたしました。

002_convert_20140630101059.jpg


とても清らかな静寂の中、御社のお掃除させて戴き、ささやかではありますが御神饌をお上げし参拝させて戴きました。
今回はいつもの参拝と同様に大神様に皆様、そして動物達の心身の無事を守って戴いた御守護に感謝と共に今後、益々、元気に幸せな日々を送れます事を御祈願させて戴きました。特に重篤な疾患、霊的な障りで苦しんでおられる御相談者の方、動物達の一日も早い回復改善の御祈願を一心に願い参拝させて戴きました。

012_convert_20140630101124.jpg


神様と向き合う神事とは、いつも神聖でどちらにも偏らない中庸な心で、そして真剣勝負でなくてはなりません。
真摯な心、穢れ無い心で神様と向き合うのです。ですので、自らが楽しむ、という事とは少し違います。これは自分自身、己の我を出して行なう事ではないからです。
ですので神事の準備、最中に於いては私語、声を出して笑う等、以ての外。全ては静寂の中、静かに執り行う神聖なものなのです。
006_convert_20140630101111_convert_20140630101634.jpg

又、もしも皆様が神社に参拝された際には境内の参道などを歩かれる時には中央は歩く事はされない様にしてくださいませ。中央は神様の道でございます。
私共、神職も勿論、神事をする際にも決して神様の真正面には立ちませんし歩く事は致しません。神社でも神様の通る中央は避けて歩きます。

お写真をお撮りになられ際にも神様に御許し戴いて御撮り戴きたいと思います。
お声が聞こえないからお姿が見えないからと言う事は関係ありません。
処構わず、自分が必要だから撮りたいからという心で撮られる事は神様に大変失礼かと存じます。勿論、神様を大切になさりたいお気持ちでお写真を撮られたいとあられるのであれば神様はとてもお喜びになられる事でしょう。

何事も全て神様に対する謙虚な心で接するという事は、畏れ多き神様を尊び敬うこと繋がってくる事だと思います。

さて、今年も上半期の参拝、雨も降らず何事もなく無事に気持ちよく三十日の朝に帰宅する事が出来ました。

全ては神様に感謝です。
ありがとうございます。










スポンサーサイト

霊孤の除霊浄霊、そして御霊返し

今月、出張スピリチュアルヒーリング・世田谷区Roomerさんでの6月開催中止致しました事、
このブログにて飼い主様の皆様にご迷惑をおかけしましてお詫びを申し上げます。

緊急の除霊浄霊、大神様からのご神託により潔斎せよとの事もありまして私の体調他、色々な準備等の為、Roomer6月開催中止を早めにお知らせする事に決定させて頂きました。

この度、神事の御依頼主さまのご承諾の上、霊孤、除霊浄霊、遷座の儀について掲載させて戴きました。

今回、私は霊孤の除霊浄霊、そして御霊返しをするという事をするお役目を大神様から頂きました。
大神様のご守護のもと霊孤と対座ししっかりと九州は英彦山(修験山)に御霊を返す事が出来ました。

私は人霊、邪霊の除霊浄霊は今までに何度も経験もあり、その御霊を霊界の世界にしっかりとお導きした経験がありました。
しかし今回の霊孤の除霊浄霊は初めてでしたので正直、緊張いたしました。

何度も大神様のご神託を頂き大神様から「そなたにとって試練である」と言われました。
大神様は「心配する事はない我らが守る故、安心せよ」と言われ私の心の不安は軽減されました。

除霊浄霊、遷座の儀の準備を粛々と行いました。その間も私の周りを霊孤が様子を見に来、私の心を惑わす事をしてきました。6月という梅雨時なので現地での天候がとても気になりテレビで天気予報を見ますと当日、雨となっており「雨か?イヤだな~と」思っていました。

霊孤除霊浄霊、遷座の儀の当日、大神様からのご神託通り深夜「明けに執り行いなさい」とのお言葉通り夜、自宅を出発。
自宅の天候は雨がパラパラというよりバラバラという感じでやはり雨。とにかく雨がザァーザァー降ろうとも現地に向かう事としました。
自宅から小田原、東名、首都高速と行き雨は一向に止む気配なしで都内銀座を通りすぎる辺りで雨がかなりひどくザァーザァー降り。今更、中止という事は出来ないので雨覚悟の中、現地に向かいました。

現地に近づき依頼主さまのご自宅にほど近くなりました辺りで雨がホンの少し程度の降りで到着。
ご依頼主様と挨拶をし祠の場所に案内をさせて頂き祠を見させて戴きました。
確認をするなり「何故、来た」と強く険しい念が私の頭の中に入ってきました。それは私を威圧するかのように普通ではないものでした。

私はその事に囚われず除霊浄霊遷座の儀の準備を進めました。幸いにも雨は止む気配になり除霊浄霊遷座の儀をご依頼主様ご家族ご出席の中始める事になりました。

神事を始め大神様に降りられて頂きいよいよ霊孤との対座です。
ます゜は霊孤の言い分に耳を傾けました。しかし、もしも九州の英彦山に行く事を話し拒むようならば大神様のお力でそなたの御霊を連れて行く事になると説得。その繰り返しを何度もして霊孤に納得させる事を致しました。
そして、大神様が私の体を借り霊孤を九州、英彦山に御霊を一瞬にして返すことが出来ました。

雨もほとんど降り止み、祠の外にあります眷属様、中の厨子2つを半紙で包み、そして最後に祠全体を半紙で包み麻をで縛り、大神様のお力をお借りしまして祠全体、周りに結界を張り、無事終了しました。

時間も深夜を過ぎ、依頼主様に無事終了をお伝えしまして私も心の中でホットした次第です。

ご依頼主様の敷地にあります祠はとても立派な祠でした。高さは190cmはあるのではないかと思います。
ご依頼主様にお聞きした所、この土地は前の敷地の持ち主様から購入しその時から祠があったという事。
しかし、前の敷地所有者方が祠に対して何もせずにそのままにした状態で今の依頼主様に譲渡したようでした。

今回の霊孤もある意味、可哀想な気がしないでもありません・・・・が人に色々な災い、特に健康に害を及ぼす様な事がありますと事情がどうであれ除霊浄霊、遷座し英彦山に御霊を返さざるを得ないのです。
霊孤も英彦山での修行をして霊格を上げ再び大神様の元、眷属として世の為、人の為、動物の為に働いて行かれる事を願うばかりです。

これから神様を祀られる方、祀られてる方、お御霊又は御札を頂き祀られる際は最後までしっかりと神事をされる事を切に願いします。途中何か事情ができ、神事をする事が出来無くなった場合、お御霊又御札は頂いた神社等にお御霊又御札をお返しなされて下さいませ。

今回の霊孤の除霊浄霊、御霊返しの儀で感じたことが神職として、そしてスピリチュアルアニマルヒーラーとして感じた事が他にもありました。それは、もしも生き物を面倒見る際はワンチャン猫ちゃん他の生き物を飼い始める方、今飼っている皆様、最後まで責任愛情を持って面倒を見て頂きたいと・・・。

敷地の霊孤除霊浄霊遷座の儀を終了、神事の片付け撤収を終了。
ご依頼主様、ご家族の計らいで深夜に関わらずお茶をご用意してくださり皆様が手厚いおもてなしと送迎をしてくださいました。温かいお気遣いに本当に感謝です。

自宅に向かう雨が又、パラパラからバラバラ、そしてザァーザァー降り始めました。
大神様のお言葉通り神事の最中しっかり守って頂き雨を止んでくださり、霊孤をしっかりと遷座して頂くことができました。
「大神様のチカラは自然を操りスゴイ」の一言でした。

自宅に到着の頃にはうっすらと空が明るくなり雨も止んでくれまして精神的に疲れていましたが空を見ますと晴れそうな予感、元気になりました。帰宅し大神様にご報告し挨拶をしまして「さぁ~。一眠りして今日も頑張ろう」と床に入りました。
「大神様ありがとう御座います。」

ほこら03_convert_20140624151852

六月十五日 御祭り

修正01_convert_20140615110935

本日は六月十五日、御祭りでございます。
今日は梅雨の中休みの様な、清々しい風が吹くお天気が良い日となりました。

今年も無事、上半期の御祭り全て執り行わさせて戴く事ができました。
本当に感謝です。

何事もを焦らず、一つ一つを確かめながら、丁寧に積み上げていく事。
そして、一休みして後ろを振り返った時、しっかりとした足跡、確かな道が出来ている事に気付くのです。

御自身を信じ、神様を信じ、進まれていかれてくださいませ。

さあ、今年も上半期最後のラストスパートです!!
自分らしく元気にまいりましょう。

六月一日 御祭り

修正01_convert_20140601120456


六月一日 御祭りです。風が清々しい爽やかな晴天の朝となりました。
無事に六月一日、御祭りさせて戴く事が出来、感謝でございます。

今年上半期の御礼を込めてささやかな御神饌をお上げし、毎月、私のスピリチュアルヒーリングセッションにお越しのワンちゃんの飼い主者様から戴きました御奉献酒をお上げさせて戴きました。

又、上半期の感謝を込めましてこの度は新しい八脚案を二台、揃えさせて戴きました。新しい木の良い香りが神様のお部屋に立ち込めて気持ちの良い神事をさせて戴く事が出来ました。

これからも心身共に元気に皆様のお役に立たせて戴けるよう神様の御守護の元、随神の道、精進努力怠らず進ませて戴きたいと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
367位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR