本日は地鎮祭を執り行わさせて戴きました。

本日は地鎮祭を執り行わさせて戴きました。
本日は澄み切った晴天、とても温かい日。
ワンちゃんと飼い主様のスピリチュアルヒーリングセッションをして下さっているクライアント様の地鎮祭をさせて戴きました。

042c_convert_20130120190103.jpg

祝詞には建て主様がどのような状況で新しい家居を建設されるのか、改築される場合には以前に住まわれていらした家居への感謝を述べ、この度、新築する事由を述べます。そして新居にはどなたが住まわれるのか、など建て主様のバックグウンドをしっかりと把握し神々に土地の使用の許可を乞い、これからも以前同様に更に神々に御守護戴ける様、
そして日頃ご守護戴いている感謝と共にご祈願を申し上げる祝詞を作成させて戴きました。

さて、地鎮祭とは建物を新築、改築などの土木工事の起工の際に「大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)・氏神(うじがみ)・産土大神(うぶすなのおおかみ)」をお迎えし土地の神様に敬意を払い、土地の使用の許しを得て土地を祓い清め、工事が安全に無事進行、滞りなく完了する事と、土地、建物が末永く安全堅固である事と共に御家族様が繁栄を御祈願する祭りのことです。
まさに日本人の古来からの伝統、信仰に基づいた祭りと言えます。


地鎮祭は地域によってお祭りの仕方が異なる事もありますが、基本的神事の式の流れはほぼ同様で執り行われ、祓い(はらい)を主として執り行われます。

地鎮祭での主たる儀は、
まず、四方祓(しほうのはらい)、祭場四方の敷地を東北から時計回りに四隅を大麻、切麻(きりぬさ)等を撒き祓い清めます。
私の神事では、神職が大麻、塩湯(えんとう)で祓った後、施主さま御家族様にもご参加戴き祓いと共にこれから新しく住まわれる土地の神様に御守護戴ける様に米、塩、切麻(きりぬさ)で祓いと共に御祈願をして戴きます。

次に穿ち初めの儀(うがちぞめのぎ)。
忌鎌(いみかま) 、忌鍬(いみくわ)、 忌鋤(いみすき)などで草を刈り、地を穿つ(掘る)という所作を盛り砂で行い神様に工事の開始をご奉告致します。

お供物として鎮め物(しずめもの)埋納の儀というものがあり神霊を和ませ鎮める為に鎮め物を捧げ工事の無事安全をご祈念いたします。
(儀を執り行わず、神事後に施工者にお渡しして土地の中央に埋めて戴く事もあります)

021_convert_20130120185848.jpg


その後、建築工事が進んでようやく柱が立った頃に棟木(むなぎ)を上げる前に
「上棟祭(じょうとうさい)」が行われます。
上棟祭は、「棟上げ式(むねあげしき)」ともいって工事の安全と建物の堅固長久をご祈念致します。
上棟式は元来、棟梁の主催する祭儀で、大安などの吉日に行われます。
地鎮祭は土地の神さまに対して行われる祭儀ですが、上棟祭は建築に関わる神さまである、屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)、屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)、手置帆負命(たおきほおいのみこと)、彦狭知命(ひこさしりのみこと)、産土神(うぶすながみ)に御降臨戴きご祈願いたします。
これらの神名を記した棟札を中央の柱に貼り、一番高い棟木には魔よけのための上棟幣(じょうとうへい)という大きな御幣(ごへい)を立て、作り物の弓矢、日の丸の扇などを飾ります。

最近は上棟祭をなさらず簡易的にされる方が多いですので、私の執り行わさせて戴く神事ではこの上棟祭で御降臨戴いている神々にも地鎮祭でご御降臨戴き、地鎮祭と併せてご祈願をさせて戴いております。

本日は建て主さまご家族様を始め、施工担当者様、工事担当者様方からの温かいお気遣いを戴き、神職、参列者様が一体となって素晴らしい神事を執り行わさせて戴く事が出来ました。澄み切った晴天にそびえ立つ富士山の様に清々しい御祭りとなりました。
このような大切なお役をさせて戴きました事、心から感謝しております。

皆様の弥栄をご祈念いたしております。

髙野みどり  拝

065c_convert_20130120185952.jpg





スポンサーサイト

一月十五日 御祭り

002_convert_20130115114249.jpg

本日は一月十五日、御祭りです。

いつもご神饌を選ぶ時には神さまにお伺いしながら必要なものを選ぶのですが、
今回は何故か緑と赤の色が多かったようです。
緑は心の色、赤は源の色、パワーの色です。
地に足を着け、心を強く深く清らかに保てよ、との事でしょうか。
神様がいつも必要な色を選んでくださいます事、本当に感謝です。

新しい年が明けて、もう半月。早いものです。
昨日は東北、北海道は勿論、関東、関西も大雪に見舞われあちこちで交通機関に支障が出たりと大変な一日でした。
私の住む伊豆は雪は積もりませんでしたが霙交じりの大雨で一日とても寒かったです。
今日は雲が多いものの晴れ間も出て来ました。
寒さはこれからですね。

今年はどんな年にしようか、どんな年にしたいか、皆様も様々な抱負を胸にこの一月、清々しいお気持ちでお過ごしの事と思います。

信じる事。
この事は万事の幸せに通じるとつくづく思います。
これは決してネガティブの波動ではありません。
己の事、他の人達の事・・・。必ず何かに繋がっていき広がっていくのです。

騙されたから信じない、信じたくない。
もし間違っていたら、傷つきたくないから、信じない。
本当かどうか疑心暗鬼な事だから信じない。
その一点だけを見つめたらきっとそれは不幸な事かもしれませんね。
けれども、貴方にとって大切な重要な真実はもっと先にある事かもしれません。

とある映画で父親と幼い娘が話すワンシーンがありました。
「死んだらどうなるの?何処へ行くの?」
「天国、楽園…。人によって色々だけれど。素晴らしい所。」
「本当にあるの?」
「・・・。パパはあると、そう信じる事を選んだんだ」

信仰とは? 信じる事とは。。
形が見えないから、証明できないから、それは真実ではないのでしょうか。
信じる事。
信仰とはどのようなものか、この短い会話の中に凝縮されていたように感じたのは私だけでしょうか…。

さあ、一月も半ばです。
寒い日は続きますが心身無理のない様に自分らしく元気に参りましょう。

開店清祓祈願神事をさせて戴きました。

今日は新しくドッグカフェを開かれるクライアント様からの御依頼で開店清祓祈願祭を執り行わさせて戴きました。

006c_convert_20130111214000.jpg

御縁あって神事を執り行うお役を戴く事は神様からお許しを戴いたという事です。
これは私にとって最高の幸せです。


お店をオープンされるという事で御降臨戴きました神様等(かみさまたち)は
屋船久々能遅神様(やふねくくのちのかみ)、保食神様(うけもちのかみ)、八意思兼神様(やごころおもいかねのかみ)、 火産霊神様(ほむすびのかみ)、産土神(うぶすなのかみ)、
稲荷大神(いなりのおかみ)でございます。

034c_convert_20130111214124.jpg

お店に如何なるものからも障りのない様、人も動物たちも健やかに寄り集い、楽しい時間を穏やかに過ごす事の出来るように、そして今後のお店の弥栄を御祈願させて戴きました。

神事の中で私が大事にさせて戴いておりますのは自分自身がニュートラルである事。
一つは、自我を捨てるという事です。自分自身の中に自分がやっているのだという奢りの気持ちが少しでもあると神様はご降臨くださいません。
あくまで神職は中執り持ち役、この身体は神様に使って戴き神事をさせて戴いているのです。

そして二つ目は、顕祭と幽祭のどちらにも偏らないという事です。
もちろん、眼には見えない部分の清めである霊的な浄めが一番重要な事ではありますが
今、自分自身が置かれている現世を軸として霊的な事だけに捉われずに神事をさせて戴くという事です。つまり両方をうまく兼ね備えたいつも中道な心で神事をさせて戴く事がとても大事であると思っております。

011c_convert_20130111214059.jpg

無事、気持ちの良い清々しい神事をさせて戴きました事、心から感謝致しますと共に
皆様の更なる繁栄を御祈念いたします。









大学合格祈願神事をさせて戴きました。

今月半ば位からいよいよ受験シーズンとなり多くの受験生が今まで長きに渡って様々な事を犠牲にして日夜励んだ勉強の成果を試す時期となりますね。

今回、御依頼されました神事もやはり大学合格御祈願です。


何事をするにも心身の健康が基本です。
御両親様から受け継がれた大切な身体、寒さ厳しき折、風邪をひく事無く、花粉も飛ぶこの季節、アレルギーに悩まさせる事無く、ストレス等で元々デリケートな胃腸の状態が崩れない様、怪我などの心配なく万全な体調で受験に臨み持つ力を存分に発揮して、この春いとも目出度く合格されん事を誠心誠意、御祈願祝詞に書き入れて神様に御祈願をさせて戴きました。

02_convert_20130108155629.jpg


春に満開の桜が咲き誇り、笑顔で志望の大学の門をくぐる事を楽しみに・・・。

受験生の皆さん、ラストスパートです!! 
さあ、深呼吸してください。
皆様は独りじゃありません。
今まで一生懸命に日夜、勉学に励み頑張っていらっしゃいました。
御家族に支えられ、そして見えない御力に御守護戴いているご自身を信じ、体調を万全に自信を持って試験に臨んでくださいね。

皆様の御検討を御祈念いたしております。

04_convert_20130108155724.jpg

平成二十五年一月一日 歳旦祭です

028_convert_20130101112538.jpg

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
本日は平成二十五年一月一日、ささやかではありますが我が家の歳旦祭をさせて戴きました。
こうして家族一同、無事に元気で新年を迎え御祭りをさせて戴く事が出来まして本当に感謝しております。

皆様も穏やかに新しい年をお迎えの事と存じます。
今年一年、心身元気に日々、過ごす事が出来ますように御祈念いたします。


sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
1338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
277位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR