宗教と信仰って何がちがうの??

私のセッションルームにいらっしゃるクライアントさんから、よくこんな質問される事があります。
「宗教って何ですか?」「神さまと仏さまって?」
「いろいろな神さまや仏さまを祭ると喧嘩しませんか?」などなど・・・。

この、いろいろな神さまと仏さまを一緒に御祭りすることに関しましては、
明治維新前までは神仏習合の時代がずっと続いていたので、仏さまと神さまを一緒にお祭りすることを普通にしていました。
お寺の中に神社がありお坊さんが神道の神事もしたり、神社の中にお寺があったりして仏さまを安置していたのです。
けれども時代の流れで神社と寺院は別々に切り離されてしまいました。
今でも、その名残りはありますが・・・。
この事については長くなってしまいますので、又、時を改めて書きたいと思います。
                蜀咏悄a+022_convert_20110930100325


さて話は戻りまして、ご神仏さまについては皆さん、疑問が沢山あるようです。
私たちにとっては身近な神さま、仏さまのはずなのに、本当の処は「?」
実際には知らないこと、知らない事だらけのようです。
以前のブログでは、神さまや仏さまについての事を書かせて戴きましたので、
今回は、「宗教」と「信仰」について書いてみようと思います。

よく、私もクライアントさんからお聞きされた時には、
『「宗教」と「信仰」は違いますよ。』 とお答えしています。
私が、様々な神さまと仏さまのお力をお借りしてセッションしているのを目のあたりにされて、みなさん、とても疑問に感じてしまうらしいのです。(^o^;)
「高野さんは神職ですよね。って事は、つまりは神道でしょ?? なのに、神道以外の他の宗教である仏教やキリスト教の神さまや仏さまと接しても良いのかしら???」って。
そういえば、神職資格を取得する予定の者は神道に改めなければ資格取得の為の入学ができない、との神社本庁神職の規定があったような気がしますが・・・。それに対して私は反論するつもりは毛頭ありません。
私は古神道神職ですし神社本庁傘下の神職ではありませんし、神道のみに
改める事も必要ないのでしていません。

みなさん、神道を仏教やイスラム教、ヒンズー教と同じ宗教だと思っていらっしゃる方が多いと思いますが・・・。
私は神道は宗教ではないと思っております(^o^;)賛否両論ありますが・・・。
神社本庁に属する神社は全て宗教法人です。そう言った事から見れば、神道は宗教かもしれません。けれども、一部の神社では宗教活動を避けている傾向がある事も事実。戦前の神社は「国家の宗祀であって、神社は宗教ではない」という考えが根底にはあるようです。
また、神道には宗教を超越した宗教の源泉、霊性開発の原基として考えていらっしゃる神道関係者も沢山いらっしゃるようです。
山、川、海、滝、田、木、森、岩、石、鹿、鳩等の生きとし生ける物たち・・・
私たちを取り巻く自然そのものが全て、尊い存在である神なのです。
ですから、古代から人々は自然を敬い、自然の怒りである天災を治め、五穀豊穣と安全を祈ってきました。
これは、日々の生活に密着していました。
朝起き仕事を始める前には、お日さまに向かい柏手を打ち、海に漁に出るときは海の神さまに漁の安全を祈り、田植えの時には、田の神さまにお供え物をして豊作を祈る…。
この日本古来からある民俗信仰の心こそが神道の心であると私は思っています。

           061_convert_20110930101057.jpg


さて、話を戻しますと、
私の家にはもちろんご先祖様ご供養の為の仏壇もありますし、神棚もあります。
主人の先祖は浄土真宗大谷派ですので、毎日、阿弥陀様にご先祖さまご供養をお願いしております。
私の実家は日蓮宗ですので、実家のご先祖さまには日蓮宗のお経も上げます。
もちろん私自身、どの宗門宗派にも属しておりませんので何宗・何教徒でもありません。

ちなみに、神道は八百万の神々さまです。各々の神事に際して、あらゆる神さまに降りて戴きます。
例えば、病気祈願はこの神さま、家内安全はこの神さま、地鎮祭はこの神さま、厄払いなどはこの神さま、などなど。
それぞれの得意分野とされていらっしゃる神さまにお願いするのです。
もちろん、私のご守護神さまはいつもどの神事にも降りて来てくださいます。(^_^)
そしてまた、様々な仏さまにもコンタクトさせて戴く事が可能なのです。
私のご守護仏さまはもちろんのこと、これも神さまと同様に、その得意分野の仏さま、またはそのクライアント様の守護仏さまなどにご守護をお願いすることができます。

「え~仏教と神道??その宗門宗派の信徒でもないのに??ますます、分からない・・・(@o@)」となるかと思います。

ではでは、「宗教とはなんぞや??」なります。
Wikipediaから引用させて戴きますと、
「宗教とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである」 とあります。
なるほど~、世間一般で言う「宗教」というのは、つまりは「宗教団体」という事なのでしょうね。
仏教でしたら宗門宗派、新興宗教でしたら○○教、などなど・・・。
けれども、その「宗教」の定義となる、「宗教とは何か」という問いに対しては、宗教者、哲学者、宗教学者などによって非常に多数の宗教の定義が試みられてきたようです。「宗教の定義は宗教学者の数ほどもある」らしいですね。(x_x)
まあ、いずれにせよ、「宗教」=「宗教団体」と言うことでしょうか。

この定義にある様に、普通人は「いずれの宗教団体に属していなくても、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であるご神仏さまにお願いしても良い、自由である」という筈なんですが・・・。
宗教団体によっては経典・教義に依り一神教崇拝で他の宗派は邪宗とされているところもありますね・・・。
だから、自分の属する宗教団体のご神仏さましか信じず、他のご神仏さまには信心してはいけない・・・。
              

私も子供時代にはとある新興宗教に入信していまして悲しい経験があります、というか、今となっては笑い話ですが(^_^;)
あるお祭りで同級生に誘われて皆で神社に行った時の事です。
皆は、鳥居をくぐり、どんどん境内の中に楽しそうに入って行くのですが、
私は足がすくんで立ち止まってしまいました。
「なんでこないのー??早くおいでよ」と同級生たちに呼ばれるのですが、一歩も進めないのです。私は、「鳥居をくぐると地獄に落ちる」と信じていたのです。
その頃、その入信していた新興宗教の方にそう教えられていたからです。
私はまだ小学生…。同級生に変に思われたくなくて、同級生たちが見ていない隙に、鳥居をくぐらずに鳥居の横から境内に入りました。
もちろん、神さまに参拝など出来るわけがありません。
うまくごまかしてみんなの後ろでもじもじしていたのを覚えています。
信心する違う神さま仏さまの処になんか行ったら地獄に落ちると子供心にも信じていたのでとても恐かったんだと思います。
けど、みんなと一緒にお祭りに行きたかった。苦渋の決断(笑)だったんでしょう。

そんな子供時代を過ごしてきた私自身にとって、「信心規制?のある宗教団体に属する」と言う事よりも直接ご神仏さまと向き合う事が一番大切な事と思っております。ですから、いずれの宗門宗派、宗教団体にも属しておりません。
どのご神仏さまに対しても平等に私自身の「信仰」があるのです。

では、「信仰」とはどのようなことなのでしょうか。
英語では「faith(フェイス)」と言います。Wikipediaから引用させて戴きますと、
「神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。」とあります。証拠抜きで確信を持つことなのですね。
また、信仰のことを仏教においては「信心(しんじん)」と呼ぶことが一般的であるようです。この「信仰」というのは、一つの神さまや仏さまを信じるのも「信仰」ですし、いろいろなご神仏さまを信じるのも「信仰」です。
ただ、「宗教」となると、先程書きましたように本人の考えや気持ち以外にその団体におけるさまざまな規則・規制が出て来てしまうのです。
つまり、「宗教団体」においては、その枠の中での「信仰」となります。
              048_convert_20110930100642.jpg

長々と書きましたが…
私の場合は『「個人的な信仰」であって「宗教団体で宗教活動」をしているのではない』と言う事なのです。
ですので、宗門宗派、宗教の規制なくご神仏さまとコンタクトさせて戴けるのです。
いやぁ、ややこしいですよね~。(@_@;)
私のつたない説明でしたが、「宗教」と「信仰」の違い、おわかり戴けましたでしょうか??(^_^;)

賛否両論あるかとは思いますが、信じるご神仏さまがあれば宗教団体に属していようが居まいが、どのご神仏さまを崇敬しようがしまいが、どちらでも良い事と私は思います。
大事な事は、その信仰される方が違う信仰の人を誹謗中傷せず、人さまに自分の信仰を強要せず、そして人さまに迷惑を掛けずにご神仏さまを信仰し、ご本人が日々、健康で幸せでいることが出来る毎日であるならば良いのですから…。(^_^)



スポンサーサイト

お稲荷さまに対する誤解

「お稲荷様をお祀りしているの?恐くないの?」「狐なんでしょ?祟られないの??」

残念な事に、「宇迦之御魂大神さま」の事を「狐」であると誤った俗信を信じている方がとても多く、祟りがあると恐がる方や、他の神社よりも格下で庶民的な神さまに思われがちです。
けれども、そのような事は決して有りません。
属に言われている「狐」と言うのは、神ではありません。
狐の形を模した邪霊です。
狐には、だます狐、憑く狐、福を授ける狐があり、稲荷大神さまのご眷属さまは長い年月を修行された霊格の高い福狐なのです。
  
              008_convert_20110928111256.jpg


良く聞く「狐の祟り」というのは、邪霊である狐が稲荷大神さまと偽って出て来て、祀ってくれと言うような事があり、正神界の神さまとして勘違いして祀ったりすると急に博打で儲かったり、急に霊能力がついたりして面白い事が沢山起こります。その後は急に足元をすくわれて不幸のどん底の人生となってしまいます。
また、途中で祀りを放棄したりするとその祀っていた家族や身内が変死したりとんでもない不幸にさいなまれたりします。
これは、我がままの神さまもどきの邪霊が今まで祀って貰った祠や神棚がなくなってしまい、自分の行き場が無くなってしまったため、怒りで暴れるからです。
これ等などが良く言われる「狐の祟り」と言われるものなのです。
                   007_convert_20110928111039.jpg

            

お日供の仕方

「お日供」というのは、毎朝、毎晩、神様にご奉仕する、つまりご神饌をお上げして日々、御守護戴いている感謝と共にご挨拶をすることです。
今日はご家庭での簡易的な「お日供」の仕方についてお話ししましょう。
                         
                           
まず、窓を開けて、新鮮な空気を入れ替えましょう。
そして、神様のお住まいであるお社とその周辺をお掃除しましょう。
榊のお水を新しいものと取り替えて枯れた葉は取り除きます。
神様がいらっしゃる場所は常に清浄にしておいてください。
お香などを焚いても大変、結構ですね。
                    蜀咏悄a+017_convert_20110927103639
      

そして、神様にお上げする御神饌、つまりお食事をご用意いたします。
御神饌と言うのは、生饌のことで、お水、塩、洗米を日々、お上げします。

また、その時々で戴いた物、初物などもお上げしても神様に喜ばれます。

さて、まずはお水ですが、神さまには朝の一番水をお上げください。
朝起きて一番先に出すお水、又は深夜零時を過ぎた時に出すお水です。
お塩、お米(洗米)は出来ましたらうず高く円錐形に盛ってください。
これらを三方(ヒノキなどで出来た脚の付いたお膳)などに乗せてお上げいたします。
神饌用の小さな三方は神棚をご購入する際には一緒に買い求める事が出来ます。
乗せ方はその神社さまや新興宗教、教派神道など方式に依って違いますので、その方法でされてくださいね。
また、お酒などは毎月、一日と十五日には必ずお上げください。余裕があられる場合などには毎日でも結構ですよ。

それから、朝の神事をさせて戴きます。
まずは自身の身を清めます。
これは、正式には潔斎(けっさい)といい、神前に向かう前には必ず身体や口を水で清めますが、ご家庭での日々の事ですので、口を濯ぎ、手を洗えば大丈夫です。
もちろん、衣服はきちんと着替えて下さいね。
正装でなく普段着で結構ですがパジャマのままでは神様に失礼ですね。(苦笑)

そして、神前に向かいます。
まず一拝(一礼)します。神様におはようございます、と申し上げましょう。
そして、神前にあるお燈明に右側から灯を燈し、御神饌の水玉(水の入った器)を開けて手前に蓋の表を向け、蓋の中側を神様の方に向け立てるようにします。
それから、二礼二拍手し、日々の感謝と今日一日の無事を祈願いたします。
一拝(一礼)します。
(大祓詞や祝詞を奏上される場合には、まず二礼の後、奏上し終わりましたら二礼二拍手一礼されてください。)
この拍手などの回数も神社、教派神道系により異なりますのでその旨に従ってされてくださいね。

そして、軽く一礼してからお燈明を左側から消燈します。この際には決して息を吹いてはいけません。必ず、指で消すか、手で消すようにしてください。
神様にとって失礼にならないような消し方でなさってください。
次に軽く一礼して水玉の蓋を閉めます。
最後は改めて神様に一礼して下がります。

この作法はあくまで簡易的で一般的なものですので神社、新興宗教、教派神道などによっては事なりますのでそれぞれの作法でされると良いと思います。
いずれにしても「神様に失礼の無いやり方」、と言う事が大前提です。
毎日のスタートを神様と清々しく向き合う事で今日も一日、がんばりましょう!!

              蜀咏悄a+011_convert_20110927103509

「私の守護神さま」

001_convert_20110926112841.jpg

私の神事、スピリチュアルヒーリングセッションなど全てに於いて、
その都度、ご神仏さまに降りて来て戴き、お力をお借りしております。
私の守護をしてくださっている神さまは、京都の伏見稲荷大社の主祭神であられます、宇迦之御魂大神さま(うかのみたまのおおかみ)、そしてそのご眷族神であられます末廣大神さま(すえひろだいじん)、
命婦専女神(みょうぶとうめのかみ)さまです。018_convert_20110926113104.jpg
006_convert_20110926112948.jpg


また、いろいろな場面に於いて力強いお力をお貸しくださっているのは、須佐之男命(スサノオノミコト)さま、そして、私の産土神様であられる、木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ、コノハナサクヤヒメ)さま、です。syaden_1_convert_20110920102046.jpg

私は主として神さまのお力をお借りして、少しでも皆さまや動物たちのお役に立つべく精進努力させて戴いております。
以前にもお話し致しましたように、私個人の力では決してありません。
神さまの仰る通り皆さまにお伝えするという、中取り持ち役をしているのです。
私はずっと伏見稲荷さまに上がり続けました。
「人さまの又、動物たちの為になれるように私の身体をお使いくださいませ」とのみ願いながら…。

そして、伏見稲荷さまに上がり続けて一年ほど経ったある日、
神さまから「道は険しく厳しいぞ。それでも行くか」と聞かれました。
私はすぐさま、「はい」と答えました。 もちろん、私に二言はありませんでした。
そして、お許しを戴き、神さまから神通力を授かりました。

神棚奉斎(家庭での祀り方・二階がある場合など)

005_convert_20110915121806.jpg

先日、クライアントさまが神さまとのご縁を戴き神棚をお祀りしたいとの事で、
祀り方は前以てお伝えしたはずだったんですが…
今朝、神事の最中、神さまから「○○の所、雲と言う字は書いて貼ってあるか?確認せよ」とご神託がありました。
「あれ??以前に神祀りの時には必ず「雲」と書いて天井に貼って貰う様に言ったはずなんだけれど…」
私も特別な依頼がなかったので、クライアント様が祀った後の確認はしていなかったから、ちょっと心配になりました。
早速、伺って見ると…。
「えっ・・・?貼ってないですが…」と全く、覚えていないご様子。
「あちゃぁ~やっぱり」(xox)
すぐさま、「雲」と書いて天井に貼って戴く様にお願いし、神さまにお詫びとご挨拶を兼ねてお宅にお伺いすることにしました。

神棚を家の中にお祀りする時には、平屋などの一階建てならば、
「雲」という字を貼る必要はありません。
なぜなら、神さまのお社の場所が一番上の場所になるわけで、神さまのお社の屋根の上には人は通りませんし、人の住む家の屋根が覆い、その上には空が広がるだけだからです。
けれども、二階かそれ以上の建物の場合、物理的に神さまの上を歩くことになってしまいます。
ですので、二階建てか、それ以上の建物の場合は、「雲」と言う字を半紙に墨で書き、神棚の上、つまり天井に貼らなくてはなりません。
「雲」という字を貼る事によって、神棚の上の階は無く、空があり、神棚が一番上になっているという状態としてみなされるというわけです。

いずれにしても神棚を設置する場所は、清浄で明るい、風通しの良い場所が一番良いです。
北東と南西、つまり鬼門と裏鬼門を避けること。
良い方角は、南向き(北側を背にする)東向き(西を背にする)が最も好ましいです。
部屋の隅のコーナーや冷蔵庫や食器棚の上!?? 論外です!!(怒)
また、仏壇との向かい合わせも避けてくださいね。
横並びも…出来れば避けて戴きたいですね。
もちろん、人がバタバタ通ったり、騒がしい場所もいただけません。
ですので、クーラーが正面にあったりして風が直接来るのも良くないです。
神さまも人間と同じ、気持ちの良い場所がお好きであると言う事なのですね。
皆さまも、もしも神さまとのご縁を戴き、神祀りなさる時には充分にお気をつけてお祀りしてくださいませね。

邪神(禍神・まがつかみ)って??

神さまって、み~んな良い神さまって思っていらっしゃる方が多いと思います。
いいえ、神さまには善神と悪神・邪神=禍神がいるんです(^_^;)
古事記・日本書紀では、イザナギノミコトが禊祓をした時に現れた、
「大枉津日神・おおまがつひのかみ」「八十枉津日神・やそまがつひのかみ」の事を指します。
この二神ですが、いろいろな禍を私たちに引き起こすことをします。ですので、祓いの神事ではこの二神の名前が祝詞の中にが入っている事がありますので、神事の際に聞かれた事がある方もいらっしゃることかと思います。
どんな悪神かというのを、昔からいろいろな学者が論議していました。
本居宣長は、イザナギノミコトがイザナミノミコトを追いかけて行った際に、黄泉の国で穢れに触れて生じた神だから悪の根元神だと言っているのに対して、平田篤胤は悪の存在を指摘する神だから最終的には善神である、としています。
ちなみに「禍神」と言うのは、語義からすると、「曲がった神」の義で、この曲がりを直そう・正そうとする神さまもいらっしゃいます。
これが、大直日神(おおなおひのかみ)、神直日神(かむなおひのかみ)なのです。

さて、これは、記紀(古事記・日本書紀)で言われている邪神ですね。
実は…私もこの邪神のようなものに出くわして一時の間、振り回されたひどい経験があるのです。
寸での処で、守護神さまに救って戴き気付く事が出来ました。(x_x)
もちろん、大枉津日神、八十枉津日神、ではないのですが・・・。恐らくは、神界ではとても階級が下の、私利私欲の塊のような邪気でいっぱいの、もちろん正神になろうにもなれない、神の尊格、力に憧れ神界に入れないような霊体だったのでしょう。
このような霊体は神に憧れていますから、そこかしこの霊場、霊山、神社仏閣にいるのです。
とにかく、自分を祀って欲しい、神として崇め奉られたいと願って止みません。自分が憑いて、自分の僕となるような人間を待っているのです。

例えば、こんな事があります。
普段から霊力に憧れて修行と称する滝行や霊山巡りなどしていると、突然にいろいろな霊体が見えたり、聞こえたり、いろいろな予知が出来たりするようになり、「我こそは神である。我を祀れ」等と聞こえたりするんです…。「修行して霊力がついた」「神さまが自分に降りた」と・・・。嬉しさの余り、このままそのことを真面目に信じて行ってしまうと、自分を見失い、果ては破滅の道をたどってしまうのです。これほど、恐いことはありません。
良くある、ケースなのです。
ですから、霊が集まりやすい場所では安易に指導者なしに行をしたり、パワースポットだからと言ってやたらむやみに霊場や霊山を巡り歩いたり、深夜や丑三つ時などのお参りなどはしてはならないのと、私は思うのです。
私も、以前に修行している時はまだまだ今よりも未熟でしたからいろいろな体験をしてきました。恥ずかしい限りですが・・・(^_^;)
私の守護神さまは、体当たりの修行で体得するタイプなので、決して「こっちの道は危ない、こっちに参れ」などとは教えてくれません(笑) そうして、いろいろな事を学んできました。
その体験あってこそ、みなさまにこうして体験談(失敗談)をお話しでき、お役に立てて戴く事が出来るんですものね。今思えば、本当にありがたいことです。(^_^)
どうぞ、みなさまも邪神にはくれぐれもご用心くださいね。022_convert_20110924201900.jpg

仏さまっていうけれど・・・。

仏さまって一言で言うけれど・・・、沢山いらっしゃいますよね。(^_^)
それぞれのお役や地位ってあるのかしら??・・・と疑問に思われていらっしゃる方も多いことと思います。
みなさんがよくご存じなのはお釈迦さま、観音さま、お地蔵さま・・・ですよね。
お経の中に出ていらっしゃる仏さまはお釈迦さまの教えを現していて、それぞれのお役があります。蜀咏悄a+157_convert_20110922110838

            

仏さまは、如来、菩薩、明王、天に分かれます。
まず如来とは、「正しく悟りを開いた人」と言う意味です。
つまり、仏(仏陀)=如来ということです。
釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、毘蘆遮那如来(びるしゃな)、阿閦如来(あしゅく)、大日如来など数多く存在されます。
お釈迦さまの教えを分かりやすく説くために現れた如来、過去七仏と言われるお釈迦さま以前から存在する真理そのものの如来、人々を苦しみなどから救済する為に現れた如来などなど、
それぞれお役目を持って現れ、三十二相八〇種好(身体的な特徴)があり、如来が人間を超越した存在であられることを示しています。

            蜀咏悄a+176_convert_20110922110721


次に菩薩ですが、「悟りを求めて修行する者」を意味します。
つまり、如来(仏・仏)になる前段階にある者の事を言います。
お釈迦さまもこの菩薩の時代がありました。
菩薩さまが冠や首飾りをして着飾っているのは、出家前、インドの貴族であられたお釈迦さまのお姿を基本としたようです。
虚空蔵菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩、観音菩薩、般若菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩などや救世観音、慈母観音などの観音さまも菩薩さまです。とても身近に数多く存在しますね。

明王とは・・・こわーい忿怒(ふんぬ)の形相をした仏さまです。
明王は、密教独特の仏で如来さまから「すべての人々を教下し救済せよ」との命を受けた尊格なのです。
良く知られているのが、不動明王さまですね。私の守護仏さまです(^_^)
その他には、愛染明王、金剛夜叉明王、孔雀明王、六字明王、降三世明王(ごうさんぜ)、大威徳明王(だいいとく)、軍荼利明王(ぐんだり)、烏枢沙摩明王(うすさま)などなどが存在します。

           蜀咏悄a+182_convert_20110922110756

天とは・・・仏教の世界観の中で、神々や天人が住むとされる最上位の世界天部(てんぶ)は、密教における神々を意味する尊格の一つで、
ほとんどは、古代インドのバラモン教(古代のヒンドゥー教)の神々が密教に取り入れられて仏法を守護する神である護法善神となったものです。
如来や菩薩は性別不明なのですが、この天の神々は男神と女神の区別がはっきりしています。
四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)、弁財天、吉祥天、鬼子母神、帝釈天、梵天、歓喜天、毘沙門天、大黒天が存在します。

このように、仏さまは適材適所、お役目もそれぞれに違いますが、私たちの為に慈悲の心でご守護くださっているのですね。
            蜀咏悄a+139_convert_20110922105944
     

宇迦之御魂大神さまってどんな神さまなの?

002_convert_20110921085200.jpg
私のご守護してくださる神さまは、一般的に「お稲荷さま」と言われている神さまの事です。正式な御名(おんな)は宇迦之御魂大神さまです。
大神さまは何でも叶えて下さるお力をお持ちで、伊勢神宮の外宮の豊受さまとご同体の神様であられます。
五穀豊穣の神さま、つまり稲魂の神さまです。
古事記や日本書紀にも登場する列記とした正神界の神さまで、
須佐之男命と神大市比売命(カムオオイチヒメノミコト)との間に
大年神(オオトシノカミ)についで生まれた御子です。
つまり、天照大御神さまはおばさまにあたる訳です。
(系列につきましてはご説明すると長くなりますので次回に割愛させて戴きます。)

古代より米作りを主流としている日本国民にとってはとても大事な神さまなのです。
日本各地にお稲荷さまとして祀られています。

私の守護してくださっている神さまは京都伏見稲荷大社の主祭神であられます。
一般的には商売繁盛の神さまとして知られております。
006_convert_20110921083111.jpg

昔、日本人は農耕民族である事が主流でしたから、豊作を神さまに祈りました。
そして、江戸時代辺りになってくると、商人の力が強くなってきました。
段々、神さまへのご祈願が「豊作→商売が繁盛する事、裕福になる事」になって行き、商売繁盛の神さまという風に一般に広がっていった訳なのです。
江戸のあちこちで身近な神さまとして親しまれたお御魂分けされたお稲荷様を屋敷神、鎮守神または寺社の境内神、路地裏の流行り神としてお祀りする方がとても増えて来て、より一層庶民に愛される神さまとして広がって行ったのです。

氏神さま、産土神さまにご挨拶されていますか?

syaden_1_convert_20110920102046.jpg

氏神さま、産土さまって御存知でしょうか?? 御参拝された事は??
聞いたことはあるけれど、何処にあるのか知らないなぁ。
初詣にはなるべく大きくて有名な御利益のありそうな?神社に行くけれど、普段は行かないし・・・とおっしゃる方が多い事と思います。
私はいらした方々に「産土さまにご挨拶されてください・・・」と、産土神さまの大切さをお話しさせていただいております。

崇敬している神さまとそして、産土神さま…。
神道は宗教ではありませんので、神さまは全くどの宗教とも関係ないのです。日本の国土を守り、生まれた時から御守護賜っている有りがたい神さまなのです。
この産土神さまのお陰で、土地(母なる地球)からのエネルギーを戴き、地にしっかりと足が付き、初めて私たちは地固めが強固に出来るのです。フラフラ~となったりして自分を見失い、自身の存在意義すら分からなくなってしまうようにならない為にも、まず、ご参拝されてくださいませ・・・。

勧められて訪ねて行ったけれど、あまりに小さくて粗末な社でがっかりしましたが…。
形や大きさは重要ではないのです。
けれどももしも、木々の葉が朽ちて散らかっていたり汚くなり寂れていたのなら、お掃除して差し上げて下さい。
神さまはいつもこのお社の中にはいらっしゃいませんが、みなさまが真心込めて参拝される時にのみ降りてみえる大切な場所なのです。

神さまは清浄を好みます。そして、私利私欲のない真心のある人がお好きです。ぜひ、神さまに「感謝」を込めてご挨拶されてくださいね。

photo04_convert_20110920102214.jpg

さて、この「氏神さま」「産土神さま」というのは、どのような神さまなのでしょうか? 折角ですから、歴史的にみてみることにしましょう・・・。
本来は、氏を名乗る氏族(または氏人)が祀った「祖先神」や「守護神」のことでした。
けれども、氏神を祀る人たちが歴史的に少しずつ変化していき、現在は「鎮守神」や「産土神」のいずれもが氏神と呼ばれる事が多いようです。
中世、武士たちが荘園などを保有するようになり出すと、その土地の神を氏神として祀るようになりました。
少しずつ、氏神を祀る集団は血縁関係から地縁関係へと変化していきました。
そうして、土地の神さまである産土神と氏神が混同されるようになってきたのです。
また、もともとは特定の建物や土地を守護するために祀られた「鎮守神」でしたが、武士の荘園内に勧請された事により氏神と鎮守神が混同されるようになりました。

現在、氏神は大体、三つくらいに分類できるようです。
村氏神、屋敷氏神、あとは村氏神と屋敷氏神の中間に位置するマキ氏神、イッケ氏神があるそうです。
なんだか、ややこしいですね~。(^o^;)

で、良く聞く「産土神」って?? 
そのまま、生まれた土地の守護神の事です。
「ウブ」には、「産・生」の意味があり、「スナ」の意には諸説あるようです。産婦と生児を守護する産神とも関係があり、
地方に依っては、出産するとまず、屋敷内にあるウブスナさまやウブガミさまの祠にお参りする風習があるそうです。
産土神は、氏神や鎮守神とは元々概念は異なっているようですが、混同されている事も多いようです。

中世になると、武士たちが荘園農民の村落を守護するようになり、段々と地縁性の強い土地の神を氏神とするようになったのです。
このようなことから、産土・産土神と氏神が混同されるようになってきて、文献などの中にも、産神・氏神がウブスナと読む例が出てくるような事にもなったわけです。
近世になると、氏神と氏子の関係と同じように、産神を崇敬する者を産子と呼ぶようになりました。
初宮詣や氏神参りを産土参と呼ぶ例も多くあるようですね。

何だか、初めて聞くややこしい歴史ではありますが、(@o@;)
つまりは、私たちにとって「産土神さまは昔から身近なとても大事な神さまであられる」ということですね。(^_^)
ぜひ、このような歴史の流れも踏まえて参拝されてみてください。きっと、神さまも皆さまをお待ちしていらっしゃる事と思います…。(^_^)

神社での参拝作法って??

神社は我々、日本人にとって、とても身近な場所ですね。
日本人は古来から大自然に宿る神々と共にあり、春夏秋冬、いつも生活の中にお祭りが根付いています。ですから、神道は日本人特有の自然信仰であり、宗教ではないのです。
以前に、氏神さま、産土神さまについてもブログで書かせて戴きました。(^_^)

日本の神さまと私達、神社と私達・・・。とっても身近ですが、きちんとした参拝方法って・・・?? 案外ご存知ない方がとても多いのでは?と思います。
そこで今日は、神社の参拝についてお話ししようと思います。

蜀咏悄a+059_convert_20110918102450

神社にいらっしゃると、まず目に入るのは「鳥居」ですね。(^_^)
鳥居にはいろいろな形がありますが、それぞれが神さまの住まい・神殿の前にある門みたいなものです。
ですので、鳥居から先は神さまがいらっしゃる場所、つまりは神域となります。
鳥居を無造作にくぐるのではなく、「これから神さまにお逢いする」という気持ちで
服装を整えて、帽子をかぶっていたならば帽子をとり、浅いおじぎ(揖・ゆう)をして
鳥居をくぐりましょう。

そして、神さまの御前に向かう前には必ず心身を清浄にしてから参りましょう。(^_^)
まず、手水舎(てみずや)の水で両手と口を清めます。
この作法は、水で両手と口をすすぐ事により「魂を洗い清める」という意味があります。
まず、右手でひしゃくを持って水を汲み左手にかけて左手を清めしょう。
次に、ひしゃくを左手に持ち替えて同じように右手を清め、再び右手に持ち替えて
左の手のひらに水を受けて、その水で口をすすぎます。
注意することは、この時に、ひしゃくに直接、口をつけてはいけません。
そして、口をすすいだら、もう一度、水を左手にかけます。
最後に、ひしゃくに水を入れて、ひしゃくを立てて柄に水を流し、ひしゃく置きに伏せて置きます。

010_convert_20110918101315.jpg


鳥居をくぐった後に神さまが鎮座されている社殿まで続く道を「参道」と言います。
字の通り、「お参りする道」の意味です。(^_^)
つまり、神さまの鎮まっていらっしゃる処と参拝する人々とを結びつける大切な道なのです。
この道は敬虔な心持で進みましょう。
また、この参道の中央部分は神さまの通り道とされております「正中・せいちゅう」と言われています。そこを避けて歩く事が神さまに対する礼儀であるとされます。
私共、神職も神さまの御前で神事をさせて戴く際には、必ず、神さまの正面を避けて慎んで作法をさせて戴きます。そして、神さまの御前を通るときには必ず、差手(さしゅ)(手をお腹の辺りで左手を上にして軽く重ねる所作)と共に軽いおじぎ(揖・ゆう)をして通ります。(笏を携えている時には笏を使った揖をします)

蜀咏悄a+062_convert_20110918104155


いよいよ、神さまのお鎮まりになります神殿の前に参りました。(^_^)
お賽銭箱(おさいせんばこ)に丁寧にお賽銭を入れて下さい。
決して、遠くから放り投げるような事はなさらないようにしてくださいね。(^o^;)
このお賽銭と言うのは、とても大切なものなんです。
もともとは祈願成就のお礼参りの際に「報賽」としてご神仏さまに奉った金銭の事を
言っており、それが転じて、参拝の時に奉る「幣帛(へいはく)(神さまに奉献するもの)」の代わりとしての金銭を意味するようになっていったそうです。
つまり、「賽銭」というのは、「お供え物」の一種なのですね。
金銭が流通する以前は、神前にお米を撒いたり、洗米を半紙などの紙に包んで奉っていました。今でもその名残りで、お賽銭を紙に包んでお賽銭箱に入れる参拝者もいらっしゃるようです。
このようなことから、お賽銭はとても神聖なものなのです。

さて、お賽銭を入れました後に、鈴のある神社では鈴を鳴らしましょう。
鈴を鳴らすと言うのは、古来からの由来が諸説あるようで、
鈴には魔除けの霊力があるとされて、それが転じて神事の時にも鈴を鳴らす様になってきたようですね。キリスト教や仏教などの他の宗教でも鈴って使いますものね。
鈴は特別なものなんですね。
神道でも、このようないろいろなことに由来して、拝礼する前には、この鈴の清らかな音色で神さまをお招きして、そして、「これから私共が祈願を申し上げます。」という一種の合図の様なものなのです。 神聖な気持ちで鳴らしましょう。(^_^)

そして次に、拝礼です。通常の神社では「二拝二拍手一拝」の作法により拝礼します。
「拝・はい」というのは、「深いおじぎ」のことです。
この「二拝二拍手一拝」の前後に「揖・ゆう」を加えて拝礼すると一層、丁重な作法になりますよ。
また、参拝作法は神社によって多少異なりますのでご注意くださいね。
ちなみに出雲大社では、二拝四拍手一拝などがあります。

古来からおわします私たちの、日本の八百万の神さま…。
神社参拝された時には、是非この作法をお役立て下さる事を願っております(m_ _m)
今回は通常の神社の参拝の作法としてお話しさせて戴きました。
蜀咏悄a+066_convert_20110918104102


神さまとのご縁を戴けてからが本当のスタートライン

013_convert_20110917101905.jpg

見えない力に守られる事の素晴らしさ、大切さに気付かれて
ご自宅に神さまをお迎し神祀りする事が許された。
ご神縁を戴き、お祀りさせて戴く事ができ、毎日、生かさせて戴いている、常に見守って戴いているという事への感謝の心を忘れずにいられるようになられた事でしょう。
例え、辛い事が起きようとも、信仰心を持つことにより、決して他力本願にならず、自分を強く持ち乗り越えて行けるんだという真の強さを感じるようにご自身が変わられて来た事に気付かれた事と思います。
そうなのです。
そしてまた、神さまとご縁を戴けてからが「本当の始まり」なのだと言う事を知って戴きたいと思います。
神さまをお祀りしたからと言って、「困った時の神頼み…のような他力本願」もいけませんし、「棚ボタの怠惰な気持ち」はいけませんね。
まず、ご自身がしっかりと大地に足を着けて、そしてご神仏さまと真摯に向き合う、
自身の心身と向き合い受け止めて生きることこそが大切なのです。

私たちは何か障害が起き何か事あるごとに、その都度、御神仏さまとの距離が離れたり、近づいたりしてしまいます。
いくら御神仏様を御祀りしていても、所詮は弱い人間。
いろいろと悩み、見えない力に対しての疑問が生まれてしまいます。
「いつも信仰しているのにどうしてこんな不幸が起きるのか…何故、守って下さらないのか」

御神仏さまはいつも変わらずに同じ位置で私たちを見守ってくださっています。
そして、しっかりと精進して歩く姿を見守ってくだり、間違った方向に行かぬように軌道修正してくださいます。
今までは神さまの存在すら知らず、神さまに見守られている事すら信じていなかった頃…
例え、試練と為るものが出てきたとしても、今までは乗り越える力など全くなかったのです。
神様の大きな力に守られている自分を信じて進むこと。
正直に、ただ真っすぐに、一生懸命に・・・。ただ、それだけです。

八百万の神々が存在する国、日本

023_convert_20110916102913.jpg
 
私達の国、日本には古代から八百万の神々が存在しています。
我々を取り巻く、山、川、草、木・・・全ての自然に神様は宿っているのです。
この神様達を太古の人達は親しみを持ち身近に感じて来ました。
けれども、「神様」は目で見ることができません。
目に見えない大自然の脅威、とてつもない霊力に対して人々は畏れ(おそれ)、様々な祭を通して敬い、祈ってきました。
これが本来あるべき「神の道」「神道」の姿です。
古代の祀り方は、現在の神社にみられる「社を持つ神社の形式」である
「鎮座式」ではありませんでした。
特定の山、川、巨石、樹木など、神様の坐する(います)場所、
神様が宿るもの「依代(よりしろ)」とし、ご神体とされ祀られたのです。
017_convert_20110916102823.jpg

九月十五日 御祭りです。

005_convert_20110915121806.jpg

九月十五日 御祭りです。
初秋、日中の日差しは暑いものの、風はからっとしていて気持ち良い日が多くなってきましたね。蝉の声もいつの間にか聞こえなくなって、代わりに夜は鈴虫やコオロギの大合唱です。
また、日本中のあちこちの神社では御祭りの開催が沢山、催されますね。
京都・伏見稲荷大社ではご鎮座千三百年奉祝大祭が十月八日、九日、十日と催されます。
大祭神賑が(神様へのご奉納)として雅楽、能、舞、邦楽器演奏、詩吟など様々に執り行なわれ、とても賑やかな御祭りとなることでしょう。

少しずつ、夏の疲れが出やすくなってくる時期。
体調管理に気を付けてくださいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
2491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
383位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR