○○家霊狐遷座霊障神除清祓祈願御祭


本日のリポートは今から三年ほど前の御役をさせて戴いた時のリポートです。

平成二十七年三月、今年は暖かな陽気が続いたせいでしょうか桜の開花が早く心地良い日々が続いて居ります。私共は三月三十一日、三月最期の日、○○家の霊狐遷座霊障神除清祓祈願御祭(れいこせんざみたまさわりかむよけきよめはらいきがんのみまつり)の神事を執り行う日です。
01キャプチャ_convert_20170912121642

みどり先生、朝の神事を執り行い大神様からのお言葉「我らが守るゆえ安心せよ」との心強いお言葉を頂き、前日に神事の道具等の用意は終了させ私は羽織袴を着用、午後九時より神事を始める為の心の準備、心の集中をしっかりと整えていました。

02キャプチャ_convert_20170912121710

我が家の自宅を出まして、途中二度ほど渋滞に巻き込まれ十五分ほど遅れまして○○家のご自宅に到着。 ご依頼者様S様とします御夫婦にお出迎えを頂きご挨拶をし早急に神事の為のご神饌の用意、霊孤除霊浄霊の大神様に言われました供物をS様にご用意して頂きテーブルの上に並べます。

03キャプチャ_convert_20170912121901

午後九時少し過ぎに○○の方向にみどり先生は座になり「大祓詞(おおはらいことば)」を奏上、その後「稲荷大神秘文(いなりおおかみひぶん)」を奏上。

04キャプチャ_convert_20170912121919

ゆっくりと目を閉じ心の軸を整え暫く相手の様子を見ます。
05キャプチャ_convert_20170912121931

すると中心となる野狐がみどり先生の前に現れました。何も言いません。不気味な感じを受けます。大きな野狐です。暫くしまして両脇に小さな野狐が二体現れます。その二体も何も言いません。みどり先生の方を見るというより睨(にら)み付けて居ります。みどり先生が話を掛けます。

06キャプチャ_convert_20170912121943

みどり先生「そなたがあの神祠(ほこら)の所にいる野狐ですか?」と大きな野狐に話しを掛けます。野狐「そうだ、何しに来たか解って居(お)る」ととても落ち着いて話す。理智的で堂々として居り揺ぎが有りません。

みどり先生「S様のご依頼でそなたたちとお話しをしに来ました。」
「英彦山に還(かえ)すお役目を頂きここに参りました。」と話す。
野狐「帰らぬ!」と言い出しました。

みどり先生「そなたたちはこのS様のご家族の息子様に於(お)いて精神的霊障(さわり)を起こし家族の安寧(あんねい)を脅(おびや)かして居り大変なあやまちを犯して居ります。」と野狐に話す
野狐「我らはこの者共が住む前から居る。」
みどり先生「江戸の時ですか?」とお聞きします。
野狐「それよりももっと前より、この土地に住み着いて居る」と言う。

今のS様のご先祖様が住み着いて畑、田んぼ等を営み生活して居られたようです。又ご先祖様の方(かた)が信仰心に深く神祠(ほこら)をお作りになられお祀りをされたようです。その時はご先祖様もとても生活が潤った時期があったようです。野狐達も大層気分の良い時期であったようです。
07キャプチャ_convert_20170912121954

神祠の中には分霊(わけみたま)の神様は入っては居りませんでした。つまり正神界の神様の分け御霊が無く空っぽの神祠に手を合わす日々、その時に野狐たちがその神祠の周りに居たようです。
08キャプチャ_convert_20170912122004

ご先祖の方々が祀り敬う事、その野狐はとても気に入りご先祖様もその野狐の恩恵を受け、とても生活が潤った時期があったようです。しかし代も変わり祀る者がいい加減であったり、神祠を勝手に動かし神祠が隅の場所に移されたりと、今までとは違う対応をされるので野狐たちはその先祖たちに色々な禍(わざわい)を起こし始めたのです。

財産が無くなる程、大変な事が起きたり、身内での争いが絶えなく、ご先祖様の家系が絶えてしまう事になってたのです。しかし野狐の不満は尽きるところが有りません。

09キャプチャ_convert_20170912122013

みどり先生「そなたたちがして来た禍は良くない事は分かって居るのか?」
       「私は大神様のご命令でそなたたちを英彦山の下(もと)に帰って戴くようにS様のご   
        自宅に参ったのである。」
野狐「帰りたくは無い」 
   「この者が我らを祀るようにすればよい」と言い張る。
みどり先生「そなたたちは神様としての位を持って居らず未(ま)だ修行の霊孤。」
       「分かって居るのか?」
       「英彦山に遷座して頂き英彦山での修行をしっかりとされいつの時か、我が大神様の   
        下、眷属として活躍される事を望む。」 
       「どうぞ英彦山に行かれて頂きたいと存じます」と野狐に言います。

すると野狐の方から色々と現状の不満を話してきました。
野狐「今、我らが居る所に大きな穴を勝手に掘ったり」 
   「我らの居る場所に勝手に水を流したりと断りも無く迷惑千万(めいわくせんばん)を我らにし
   て来て居る。」との怒りをぶつけて来ました。

みどり先生「S様にはこれから先、そのような事がないように私からお伝えしておく。」
       「宜しいか?」
野狐は黙ってます。みどり先生も暫く待って居ります。時間が過ぎ随分と経って来ました。すると大神様より「我らに任せよ。」とのお言葉。 「末廣大神様」「命婦専女大神」がお出ましに為られました。みどり先生も中に入り二神一者霊狐会議とでも言いましょうか?
10キャプチャ_convert_20170912122023

暫くしますとその野狐は「分かった。」と英彦山での修行をする事に同意したようです。さすがに「末廣大神様」「命婦専女大神」がお出ましに為られますと力の差も違います。大神様の存在自身相当なモノなので「うむ」も言えない状態です。

野狐も逆らう事、戦うような事はしませんでした。もし戦うような事に為りましたならば野狐は完璧に消されてしまうと思います。戦う前に大神様の神通力で消される、消去されてしまうのです。それ程強いです。

■ちょっこし「消去された」お話し
以前、人間の除霊淨霊の神事をした時の事です。その除霊淨霊をする霊体一体が既に邪霊と化し、人間の御霊では無くなって居りました、除霊淨霊は午前0時より始まり相手の邪霊を説得しますが「許さない!」「呪い殺す」とか言い張り、みどり先生の話など聞き入れる隙間が全く有りませんでした。
11キャプチャ_convert_20170912122033

午前0時より始め、もう既に2時を過ぎ中々、相手の気持ちが変わりませんでした。すると我が大神様、「末廣大神様」「命婦専女大神」がお出ましに為られ「我らに任せよ。」と一言。
大神様より「無の世界に連れてまいる。」とこれまた一言。
ホンの少々の間、
大神様より「良い。」
みどり先生が大神様にお聞きします。
みどり先生「大神様、無とは?」
       「無くなると言う事ですか?」
       「死ぬような事ですか?」
大神様「そのようなものである。」とおっしゃいました。
現界で亡くなり、霊界で亡くなるという留めを刺された感じです。みどり先生が言うには「もう生まれ変わりも無く全く無くなると言う事。」だそうです。「コワッ!」
12キャプチャ_convert_20170912122044

話しは戻ります。
みどり先生、イナリダイジは「ホッと」した気持ちでした。
霊孤の除霊浄霊が無事終了し「ホッと」一息つきまして、神事の用意です。装束を羽織、心を整え、神事の開始です。

S様ご出席の中、心落ち着かせまして「神前拝礼(しんぜん)」から始まります。「降神ノ儀(こうしんのぎ)」大神様に降りて頂きます。「大祓詞奏上(おおはらいことばそうじょう)」「祝詞奏上(のりとそうじょう)」」「清め祓いの儀(きよめはらいのぎ)」では大麻(おおぬさ)塩湯(えんとう)による清めと祓いを行います。家の外、北東の方向より始めます。

家の中も同じ様に執り行います。まずは不浄の場であるとされるお風呂場から順に清め祓いです。。。
家の外に於いては御霊様を感じましたのでくじ切りと軽い結界を貼りこちらに来ないようにしておきました。「清め祓いの儀(きよめはらいのぎ)」も無事終了

そして神事での「遷座の義(せんざのぎ)」です。 みどり先生、大神様に無事に霊孤三体が英彦山に行かれましたかお聞きしました。大神様から「心配ない」と無事、英彦山(ひこさん)に遷座をされた事をお聞きし神事での「遷座の義」終了。ここでもまたまた「ホッと」とする気持ちです。

神事は進まれ「昇進ノ儀(しょうしんのぎ)」大神様に元つ御坐に上がられて頂きます。
「神前拝礼」S様共々ひもろぎに一拝し神事無事に終了です。 
時計はもう午前0時をとっくに過ぎて居りました。S様もお疲れ様でした。
私共はご神饌、神事の道具等撤収です。 みどり先生も着替えをし大神様にご奉納しましたご神饌をS様に食して頂くようにお渡ししまして撤収の完了。
13aキャプチャ_convert_20170912122055
13bキャプチャ_convert_20170912123232


S様から夜中を過ぎた時間。大変お疲れの中、S様の御家族さまから暖かなおもてなしを戴きました。お茶、お食事を頂きながら色々な事等お話をし盛り上がりました中、お時間も夜中の一時半を過ぎようとしており「長居は無用」そろそろお暇(おいとま)のお時間と帰り側に大神様にとご奉納の品を頂きS様に「感謝のお礼」と「お疲れ様」を申し上げましてS様に見送られ帰路に向かいました。
14キャプチャ_convert_20170912122106

家に帰宅、御神前、私共は対座しまして大神様に今日の御報告とS様より頂きましたご奉納の品を大神様にご奉納しました。
ここで本当の意味で「ホッと」する瞬間です。
15キャプチャ_convert_20170912122116
お時間はもう夜中午前三時を過ぎて居りましたが我が家のチビ達の「ごはんタイム」それぞれの好みのごはんの用意をしましてお食事を食べさせます。」今日はもう四月の一日、光明稲荷のみ祭りの準備です。

16キャプチャ_convert_20170912122126
16キャプチャ
少し睡眠を取りみ祭りの用意をと思い私共は早々に床に入り今日の「○○家霊孤遷座霊障神除清祓祈願御祭」のレポートは終了です。
お疲れ様です。又本当の本当の意味で「ホッと」する気持ちです。
17キャプチャ_convert_20170912122136

最後までお読み戴き誠にありがとう御座います。
18キャプチャ_convert_20170912122148


スポンサーサイト

「車の清め祓い」

四月二十八日、正午に清め祓い神事を執り行いました。
ご依頼者様とは家、土地の清め祓い、白龍様の件、又とてもめでたい伏見稲荷大社か分け御霊を戴く事、私共がそのお導きと神棚奉斎の御役をさせて戴いた事等など、髙野みどり先生、私共を信頼して戴き誠に嬉しい限りです。

この度のご依頼内容は「新しい車を購入しますので髙野みどり先生に車の清め祓いを是非御願いします。」とのご希望が有られまして髙野みどり、私共は心良くお受けさせて戴きました。

01キャプチャ_convert_20160503205449

一般的に神社さん等に車等のお祓いをして戴きます時、大きな神社さんでは車を祓います場所が有り、そこで神職さんが大麻(おおぬさ)、塩湯(えんとう)等で清め祓いをします。
以上で車の清め祓いは終了です。時間にして僅か5分少々もあれば終了してしまう清め祓いの所もあられる事などお聞き致します。

02キャプチャ_convert_20160503205501

当日、けっこうな雨でした。けれども、幸いにもご依頼者様の家に到着する頃には傘をささなくても良い位になり、神具を搬入させて戴くのにも困らない位となりました。誠にありがたい事でございます。さて、ご先祖様にお宅にお邪魔させて戴く旨、ご挨拶して神様の元に上がらせて戴きました。
以前、私共がご依頼者様の神棚奉斎をさせて戴きました大神様に先ずは「この度の新車の清め祓いをさせて戴きます。」と神事させて戴く旨、ご挨拶です。
そして、ご家族参列の中、大神様おん前にて神事開始です。髙野みどり先生自身、大麻による自祓い、そして「大祓詞」を力強い奏上。次に「稲荷大神秘文」を奏上、「稲荷大神秘文」奏上ではやさしく穏やかに祝詞文を詠(うた)うかのような素晴らしい奏上でした。 しっかりと大神様にその御力を戴く為の神事をさせて戴きまして、車庫に向かい車の清め祓いと為りました。

03キャプチャ_convert_20160503205512

ご依頼者様の車は四輪駆動の大きな車です。 新車なので外観室内共にとてもキレイです。髙野みどり先生が急ぎ早に大麻で車の運転席から祓いをして行きます。 ドアーを開け中もしっかりと祓いをします。 大麻による祓いが終了し、次は小皿に有ります塩でお清めです。 今回は細かく印を切っています。それも随分と念入りに手が円を描いたり十字を切ったり輪を描いたりと気入れをして居りました。その理由はのち程書かせて貰います。

塩を同じく車の運転席から外観、そして室内と祓います。後部座席に移った時の事です。
髙野みどり先生が後部室内の中に居る何かを取り出そうとしている感が有りました。すると今度、運転席の方に再び戻り何かを引っ張り出し追い払うかのようにテキパキと執り行っています。

それが終わりますとすぐさま反対側の方を塩で清め車の前方に回り全体を確認、ジッと観ています。すると又、運転席側に移動、手は車全体をすばやく切りそれが終了しますと手を合わせ車全体を丸いもので包むようにしています。

04キャプチャ_convert_20160503205524

又、手を合わせ一礼しています。これで髙野みどり先生の車の清め祓いは終了となりました。髙野みどり先生の顔の表情も先ほどの険しい顔つきから穏やかな顔の表情に変わっていきました。

05キャプチャ_convert_20160503205533

のち程、お話を聞きますと車の後部座席に子供の霊体が隠れるかのように居たという事でした。それを取り出したのですがすぐさま子供の霊体は運転席の下の方に隠れようとしていたので大神様のお力をお借りし祓い出したと言う事でした。

06キャプチャ

本来はその子供さんとお話をし淨霊をしてあげる事が一番なのですがこの度はあくまでも車の清め祓いという事、子供には誠に申し訳有りませんが此処を出て行って貰い元に場所に戻られるようにしました。髙野みどり先生も心が「ほっと」した感じです。

車の清め祓い終了後、ご依頼者様に暖かなおもてなしをお受けしご依頼者様で有りますご長女様、ご両親様との歓談、またまた色々とお話が盛り上がりました。ついついお話に夢中となりましたが時の経つのは早いものです。そろそろ私共はお暇(いとま)のお時間と為りました。ご依頼者様から大神様へのご奉納の品を戴き、ご家族皆様に感謝の気持ちを送りまして髙野みどり、私共は自宅に向かいます。

07キャプチャ_convert_20160503205553

今回、新車の清め祓いを執り行いました。まさか新車に子供の霊体がいるとは思いませんでした。私共の清め祓いをする前にすでにお車の方は納車が出来、ご依頼者様はお車が着てから二週間程、乗られていました。その間、息子様を何度か車で学校に送り迎えして居る事、又、息子様が霊感の強い事、つまり「呼んで仕舞われた。」という事が原因と分かりました。子供の霊体なので邪霊とは違い無邪気なココロの持ち主では有ります。

しかしそのままにしておきますと子供ですから何をするか分かりません。子供の霊体は何も悪気は無くとも結果、とんでも無い事が起こりうる可能性も有ります。此処はしっかりと髙野みどり先生に祓い出して戴き、二度と入らないよう車全体を大神様の御力で覆(おお)いプロテクトし戴きましたので安心です。


皆様もこれからお車を購入される際、車の事故はご本人だけでは済まない事がとても多いのです。ご本人の不注意だけではないモノにご注意して下さいね。

最後までお読み戴き誠にありがとうございます。

08キャプチャ_convert_20160503205603








「〇〇家霊障神除清祓儀」

この度の神事は昨年、ご依頼者様から「井戸清祓の儀」をさせて戴き、その時にご依頼者様のマンション敷地の境に因縁霊と他の霊達が何体と並んで居られ神事の邪魔をしようとしておりました。

今回、御伺いしたご依頼は「井戸清祓の儀」の清め祓いのお役目。しかし神事を邪魔されては元も子のないので兎に角もその御霊達の前に結界を張り敷地内に霊的な障りなく、侵入しないようにさせて戴き無事に「井戸清祓の儀」の神事、お役目をしっかりと果たさせて戴きました。

01キャプチャ_convert_20160410171339

その後、ご依頼者様からそれら「因縁霊」の件で御心配との事で、改めてご相談をお受けし、今年、その「因縁霊」との決着という事になり、ご相談者様の○○家に対して障りを無くす「因縁霊除霊淨霊」と共に霊的な障りなくご依頼者様の御家族ご親族様が安心安全を大神様にご祈願する神事を執り行わさせて戴きました。

02キャプチャ_convert_20160410171353

日程等、大神様のご神託を賜りまして、ご依頼者様にお伝えし御了承戴きまして、神事執行の日時が決まりました。私共は、そのご準備のために潔斎をし、祝詞作成等などを粛々と始めました。

03キャプチャ_convert_20160410171402

今回のご依頼者様には遠路大変で御座いましたが私共、大神様のお部屋で「除霊淨霊」を執り行う事となりました。「因縁霊除霊淨霊の儀」当日、私共はいつもの様に朝の神事を執り行った後、本日の除霊淨霊と神事、その為の準備をさせて戴きました。

ご依頼者様は無事に私共の自宅にお越し戴きました。早々に大神様の部屋の方に上がって戴き少々の休息の後、ご依頼者様、ご出席の中、「除霊淨霊の儀」に入らせて戴きました。

午後一時に執行、御神殿前に正座。髙野みどりは先ず「大祓詞」を奏上。奏上させて戴くの中、その様子を伺うかのように一体の霊が現れました。今は話す時ではないと、「稲荷大神秘文」を奏上させて戴きました。

ご祈念の後、大神様の御簾(みす)を下させて戴き、ご依頼者様のお席の前に坐しました。大神様の見守られる中、因縁霊を降霊する間もなく、先程現れた霊体でしょう、男性が右側に現れ、左側には女性がそっと申し訳なさそうに現れました。

04キャプチャ_convert_20160410171411

その女性に対し「あなたは○○家に対して恨み辛みを持たれている方ですか?」の問いに首を横に振り、違うとの事。そして右側、男性の霊に話をすると、どうやら、この方が○○家を恨み妬(ねた)んで居ります因縁霊でした。

私が今回、その因縁霊とお話させて戴く事になった事などの経緯を私自身のご挨拶をしましてお話を始めました。すると、随分と乱暴な話し方です。

口の聞き方が悪く「うるせ~ばかやろう」と言わんばかりの御霊様です。
カチンと来つつも、相手がそんな態度で来るならばと、わたくしも買って出ましょう。その方とのお話が始まりました。
「勝手に人の敷地内にズカズカと入りやがって!」と言われました。私はその御霊様に「○○家の方々はあなた様の敷地には無断で入っていません。」と申しますとその御霊様「うちの敷地に入り込んで。石を勝手にどけやがって。。。長い、棒みたいのを突き刺して・・・」云々、言って居られたのでご依頼者様にその事をお伝えしますと「もしかしてマンションを建てる際にクレーンが多少、その方の敷地に入ったのかも知れません。石?境界線の棒の事かしら?」との事。御霊様にその事について説明するもあまり理解が出来ないようでした。御霊様からまだ恨み妬みの念が私に伝わって来るのでした。

05キャプチャ_convert_20160410171419

私がその御霊様に「あなたは井戸の清め祓いの時に居られましたね?」とお聞きしますと御霊様は「勝手に敷地の柵を取りやがってふざけるな!」と怒りの念が伝わってきます。御霊様に「あなた様は○○様の敷地辺りに色々な方をお呼びしていますね?」御霊様は「そうだ!俺の家の中に入るものは仲間と一緒に追い払う」といきり立って居ります。その仲間を霊視しますと八体以上は居りました。中心霊となりますこの因縁霊の御霊様がそのような霊達を呼び寄せているという事です。

06キャプチャ_convert_20160410171431

御霊様との話しが続きます。
「あなたが恨み、妬(ねた)み、怒りの念を持ち続けていますとあなた様の顔、体が随分と黒くなって来て居ります。このまま暗くツライ所にずっと居ても良いですか?」
御霊様は黙って聞いています。お話は続きます。
「この度、此処の居られますご依頼者様はあなたとは何の縁(えん)も所縁(ゆかり)も有りません。あなた様をお救いしたいと申し、ここに来て下さったのですよ。本来ならば貴方様の御身内がすべきことなのです。有難い事とは思いませんか!?」
「あなた様は暗く辛いその場所にずっと居られたいのですか?それよりも仏の道に行かれ心安らかに為られたいと思われませんか?どう なされます?」
御霊様は私のお話しを静かに聞いています。

もう一度、私は口を開きました。
「どうされます?」と強く問います。
御霊様からの心の念が伝わってきます。少々の改心が見えて来ました。

私は改心が消えぬ間にという思いで同じく問います。
「それではあなた様は何を拝んでいますか?」
御霊様は「南無阿弥陀仏・・・ていうのは???」
私は全ての御佛を霊視しつつ、その霊体が望み
お救いになって下さる御佛を観ました。「阿弥陀如来様ですね?」

07キャプチャ

私は阿弥陀如来様に手を合わせ念を送ります。
すると阿弥陀様のお傍に居られます菩薩様からお声をお聞きできました。
「この者を御佛の道にお導き戴きますよう御願い致します」と申しますと
菩薩様が首を横に振りました。「未だ、改心がしっかりとなされていない。」とのお返事でした。

08キャプチャ

私は御霊様を今一度観てみました。
確かに、未だ身体の下の方、左半分が黒くなって居り、改心の心がしっかりと為されていませんでした。
往生の為には今一度、しっかりと御霊様に心の改心をしっかりとされ、この世への様々な執着を取り、真の御佛の道に行かれる事をするように強くお伝えせねばなりません。

私は御霊様に言います。
「二度と恨むような事を為されず修行をされて下さい。さもなくば又、暗く苦しい土の中にあなた様は入れられる事になります。そして、もう救われる事なく、魂は永久に消えて無くなってしまいます。分かりましたね。」

御霊様の身体の下の方、黒いものが少しずつ取り払われて消えて来ているようです。
しばらく私はその方の姿を見ていました。 御霊様の黒い部分が取り払われて来ました。私は再び阿弥陀如来様に念仏を唱え、信念をお送りいたします。
二つ菩薩様が来られました。

09キャプチャ_convert_20160410172356

すると、はるか上に扉が開かれています。
傍に居られました女性も一緒に行かれるよう菩薩様に御願いをします。
菩薩様は二体の御霊様を一緒に御佛の道にお導き下さいました。

少しずつゆっくりと扉の方に上がられていきます。
私は御仏の扉に入られるまで見ています。
入られるまで決して気は抜けません。
御霊様が扉の中に菩薩様と一緒に入られ扉は閉じられると同時にサァっと消え見えなくなりました。
これでこの度の因縁霊の除霊淨霊は終了です。安心致しました。

10キャプチャ_convert_20160410172405

私も少しずつ目を開け、意識をあちらの世界からこちらの世に戻るよう整えました。
ご依頼者様と御霊様と女性の件を少々お話をしまして休む間もなく、
「○○霊障神除清祓儀」の神事に入ります。

11キャプチャ_convert_20160410172414

御簾(みす)を上げて神事のご準備です。御神饌等、御神殿にお上げして、ご依頼者様からのご奉納の品をお上げし、ご準備を整えまして、神事の為の装束に着替え、いよいよ神事執行です。

この度の神事は立礼で執り行わせて戴きました。「神前拝礼」から始まり、この度の「因縁霊の淨霊淨霊」を大神様の元、しっかりと果たさせて戴きましたご報告と、ご依頼者様にこれから先、霊的障りが無い事を祈願させて戴き神事の方、無事終了です。

神事終了後、ご依頼者様とお話をし「安心されてこれから過ごされて下さい。」とお伝えしまして、この度の「因縁霊除霊淨霊」並びに「○○家 霊障神除清祓儀」の神事のご報告レポートを終了します。

追記でございます。
昨年の井戸祓いの神事の後、御子息様の原因不明の身体の不調等が改善された事、今回の神事後には家の中であった黒い影のような霊の気配が無くなったとの改善のご報告を戴きました。皆さまがより安心安全な日々となられました事をお聞きしまして本当に良かったです。

最後までお読み戴き誠にありがとうございます。

12キャプチャ_convert_20160410172424


sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース

稲荷大神さまのお部屋
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
124位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR