FC2ブログ

令和元年十二月一日 光明稲荷大神 月次祭

01_convert_20191201110102.jpg

本日は令和元年十二月一日。 
光明稲荷神社 月次祭を斎行させていただきました。
日差し、晴れ間は少しあるものの、山のほうは薄曇り。
本日はまだ、富士山は雲に覆われていてお顔が拝見できませんでした。

皆様から沢山のご奉納の品々、賜りました。
株式会社夷正代表取締役社長 井出仁様
小山順子様
ナチュラルスィートカンパニーポワポワ代表 袖山様
誠にありがとうございます。

さて、いよいよ十二月。早いもので今年も残りひと月となりました。
まだ、あと一か月ありますから一年を振り返っている時ではありませんが、
本当に色んな事が起こったこの一年。・・・。(^ ^;)
ラストスパートを掛けて体調管理に気を付けて元気に乗り切りましょう!!

体調管理。。。
私も生身の人間ですから、体調不良の時ももちろんあります。
お役をさせていただくときにはいつにもまして体調管理に気を配ります。
が、、、。
時には「あっっっ!! まずい。」という時があります。というよりも、
実は、神事、除霊などの大きなお役の時にはよく起こってしまうのですが・・・。

先日も霊障神除清祓神事の当日。普段通り朝のお日供神事の前に
掃除やら洗濯物を干そうかなと家事をしていた最中、急に腰に激痛!! 
あれ!!?腰が曲がらない。痛いっっ。
うそ~(涙) 腰が全く、曲がらなくなってしまいました。
今日は大事な神事なのに。。。

「まずいな~、急遽、日程変更していただこうか!?」とイナリダイジ。
「いいえ。大丈夫です。斎行させていただきます」と私。
本当はちっとも大丈夫ではなく、どうしよう。。。
腰が曲がらない、拝礼の90度なんてまちがっても無理。
一寸たりとも曲がらない。まさに形状記憶の腰となってしまった。
これは、、どうしたらよいものか、考えてもわからない。
でも、とにかくも、現場に行こう。それしかない。

出発時。大神様に座でご挨拶するも、腰は固まったまま、首だけで拝礼する始末。
「大神様にお任せいたします。どうか、無事にお役させていただくことができますように」
気持ちを奮い立たせて出発しました。
車中でも、痛みは癒えるどころか悪化の一途。ちょっとした揺れやバウンスに悲鳴が出ました。

そして、、、、現場に到着。
ご依頼者様が駐車スペースに出迎えてお待ちくださっていました。「…^ ^;」
笑顔で車のドアを開けて出ると。。。
「あれ??普通に腰が伸びて痛みがない。???どうしたのだろう」
あまりの驚きに言葉も出なかったのですが、嬉しすぎて安心しすぎて、はしゃぎたい気分でした。

そして、準備もてきぱきといつも通りにさせていただき、無事に神事も斎行させていただきました。
「拝礼、びっくりした。90度で普通に。。。どうしたの?」とイナリダイジ。
「全然、大丈夫だった。大神様にお守りいただけた!!ありがたいです」と安堵感いっぱいの私。
本当にこんなにもありがたく、感謝で言葉も言い尽くせなかったです。

このようなことが過去にもございました。
神事の前日に階段から落ちて尾てい骨骨折。
でも、翌日は普通に神事させていただけました。

今まで、何度かこのようなことがありました。
特に私の場合、霊的なお役をさせていただくことが多いのでいろんなお邪魔が入ることが多々あります。
そんな時には、目に見えないものとの戦いですから、タカノミドリとして生身の私が太刀打ちできるわけがありません。
ですから、蓋を開けるまで何もわからない。自信などこれっぼっちもなく。
不安の中にいます。

身体に損傷があったり、体調不良などはもってのほか。
だから、最善のコンディションでいようと心がけています。
でも、、生身の人間ですから、肉体は鉄人のように強くなく、
心も仙人や神仏のように悟りには程遠い、弱いただの人間です。
まだまだ、修行の身、菩薩です。
しかし、どんなに不安であっても、大神様に全てをゆだね、己の自然治癒力を信じること。
何があっても何が起ころうとも。
己が揺らいでいては、すべてに飲み込まれて己を見失ってしまうのです。

私は、今まで、そうやってこの半世紀、生きて生かさせていただいてまいりました。
そうやって、体得をさせていただきました。
辛いことも哀しいことも、人並みにありました。
今後も、体得すべきことは山ほどあります。まかせなさい!! なんて気持ちはありません。
できれば、安心安全、楽に生かさせていただきたいです。。。(笑)
けれども、この道は、私の歩ませていただいている随神の道は
決して不幸になるための道ではなく、幸せになっていくための道。
自分なりに自分らしく、大神様にすべてをゆだねて、己を信じ愛していきたいと思います。

長くなってしまいましたが、、、
人生いろいろ。。。です。
笑えば明るいエネルギー、明るいパワーがやってきます。
笑う門には福来る。
残り少ない本年も元気にまいりましょうぞ!!











スポンサーサイト



令和元年十一月十五日 光明稲荷大神 月次祭

01_convert_20191115110144.jpg


本日は令和元年十一月十五日 光明稲荷月次祭 執り行わさせていただきました。
ご奉納の品として富士市ナチュラルスィートカンパニーポワポワ様より林檎をいただきました。
誠にありがとうございました。

昨日、宮中では「大嘗祭(だいじょうさい)」が執り行われました。
天皇陛下が国と国民の安寧や五穀豊じょうを祈って行われる宮中祭祀「新嘗祭(にいなめさい)」を
天皇陛下の御即位後、初めて大規模に行うものであり、皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式とされております。
儀式は十四日、夕刻六時半から始まり翌日の明け、すべての儀式が終了し
天皇陛下御退出は三時半であったということで、大変な長丁場であったようです。

今回の一連の儀式は今年の5月、天皇陛下が宮中三殿にまつられた皇室の祖先や
神々に「即位の礼」と「大嘗祭」の期日を伝えられる儀式から始まり、
その後も関連する儀式や行事が行われました。
14日から15日に渡り「大嘗宮の儀」が執り行われ、16日と18日に「大饗の儀」が行われます。
また、その後も「天照大神」を祀る三重県の伊勢神宮に参拝する儀式などが続いて、
12月4日、宮中三殿に参拝されるなどして、ようやく天皇陛下の即位に伴う一連の儀式がすべて終わります。

こうしてみると、祭祀の大切さを改めて感じました。
祭祀では、つまり祭では、何かの時。。。つまり何かを始めるとき、何かを終了するときに
ご報告、お許しいただきご守護いただけるように祈願祈念することを
祝詞に託し丁寧に神々に申し上げます。
私ども神様にお仕えさせていただく立場でありますため、
一つの内容、ご依頼に関して数回に続き祭祀をすることもございます。
長い時間と経費を使って本当に大変だなぁと思われるかもしれませんが
そういう問題ではないのです。

例えば、家を建てることに関して言えば
家を新築する、中古物件を購入して取り壊して新しい家を建てる、井戸があった時、
引っ越しする、新しい家に入るとき・・・などなど。
本来ならば、「家」というだけでその都度に神々に申し上げることがあり、すべき神事が続きます。
けれども、現代人にとっては、このすべての神事をすることは日程や予算など
いろんなことがあり大変難しいことと思います。
全てをすべきであるというのは難しい。
けれども、要所要所の大切な神事は心を込めて誠実にすべきであると私は思っております。

さらに言うならば、単なるイベント的なことにならないようにしていただきたいと切に思います。
例えば、、、
一般的に家を建てる時には「地鎮祭」をされますよね。
けれども、一部では日程や費用がかさむなどの理由、またはハウスメーカーが既に清めているから
ということで「地鎮祭」をされないことがあるとお聞きいたしました。
これは、私どもが「霊的なことで困っている」というご依頼を頂き家を建てられる前のことは
どうだったかをお伺いして納得することも多々ございました。世間的に単にしているからする、
というようなイベントであっては決してならないと切に思いました。

そして、この大嘗祭で感じたこと。改めて思ったこと。
それは、神様にお仕えさせていただく身であるということ、「お役」「使命」ということでした。
人はこの世に生まれ生かされております。
それぞれの人がそれぞれの「使命」をもってこの世に生まれ出でてまいります。
「私は何のために生まれてきたのだろう」
このようなことをだれしも一度は考えたことでしょう。
全ての人がすべてに「使命」をもっているのです。
ですから、「何なのだろう」「私には何も秀でるものはない」と悲観するのではなく、
その存在が尊い、一生懸命に生きることが素晴らしいのです。

偉そうなことを言いますが、私もよく思います。
「私って神様のお使いのお役をさせていただいておりますが、
これが私の本当の使命でよいのだろうか、
これでよいのだろうか、ちゃんとできているのだろうか」と
自信喪失、疑問不安がよぎったりすることもあります。
未熟な若輩者ですから。。(^ ^;)。いつも自問自答の日々です。
けれども、そんな日々であっても、悩んでも、一生懸命に歩いていくこと。
「お役」「使命」と向き合いながら、「自分って何?」て考えながら。。。
なんだかとりとめのないお話になってしまいました。(笑)
が、今回の大嘗祭ではいろんなことを思いました。
皆様はいかがでしたでしょうか。

いよいよ十一月も後半、早いですね~!!
えっ、もう木曜日なの!?という日々で
一週間が経つのも早いですね。
さあ、もうひと踏ん張り。
元気に参りましょう!!










令和元年十一月一日 光明稲荷大神 月次祭

01_convert_20191101092400.jpg


令和元年十一月一日 光明稲荷大神 月次祭
本日は令和元年十一月一日 光明稲荷大神 月次祭執り行わさせていただきました。
朝晩、冷え込んできて少しずつ秋深くなってまいりました。

十一月。。。実りの秋ですね。
各地の神社では秋祭りが執り行われております。
伏見稲荷大社でも火焚祭、新嘗祭、など
少しずつ師走に近づいてきているなあという時期となりました。

わが光明稲荷でも皆様からの祈願神事などの祭事ととともに
少しずつ師走の準備をさせていただいております。

この夏から初秋にかけて日本列島は様々な自然災害で大打撃を受けてしまいました。
あまりのことで言葉になりません。

先日のニュース。伊豆で水害により
水田の稲が壊滅状態、と思われたけれども、
二割ほどの稲に実がついているのが残っていた。

その米を大事に精米して炊いてみたら、、、おいしい!!
満面の笑みの農家のお父さん。
思わず私も涙が潤みました。

どんな時でも、ほんの少しの希望かもしれない。
けれど、希望を捨てずに前に進んでいく。
必ず、必ず、光は見えてきます!!

私もまだまだ人生、未熟者です。
大したことは経験してきませんでしたし
偉そうなことは言えませんが。。。

けれど。

あまりの出来事に打ちのめされて
今は辛くて辛くて、悲しみと不安、怒りの中、
先に進むことができなかったとしても。

いつか、必ず立ち上がって、その先に、前へと進んでいこう、と。
そうすれば、必ず、道が見えてくるはずだと。。。
必ず、大神様がお示しくださると。

人は一人では生きていけません。
自分一人で背負わないことだと。
私には家族がいます。友人がいます。
私を信じて信頼してくださる方々がいらっしゃいます。
そして何より、大神様がついていてくださっています。

さあ、いよいよ十一月です。
今年もあと残すところ、あと二か月ですね。
ラストスパートの準備万端に、
さあ、元気に参りましょう!!


令和元年十月十五日 光明稲荷 月次祭

01_convert_20191015092225.jpg


本日は令和元年十月十五日 光明稲荷 月次祭 
執り行わせていただきました。

先日の台風の爪痕が残るはっきりしない薄曇り、
ひんやりとした朝となりました。

皆様、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。
私どものもとに皆様から安否確認のご連絡をたくさん頂きました。
本当にご心配をおかけいたしました。
おかげさまで私どもは被害もなく無事で、
こうして月次祭を執り行うことができました。
誠にありがとうございます。

私ども住む静岡県に台風が上陸した後も北上を続け、
日本列島に多大な被害をもたらしてしまいました。
去った後もまだまだ多く方々、多くの生き物たちが
行方不明になっております。
氾濫した河川、崩れ落ち崩壊した山々、家屋、道路。。。
ニュース報道を見聞きしますと被害の大きさに
悲しみと憤り、様々な気持ちが渦巻き心がつぶれそうになります。

大きなことを申しても何もできませんが、
せめて、大神様に多くの犠牲になられた方々と
生き物たちの尊い命のご冥福をご祈念させていただき、
そして、一日も早い復旧復興を願わせていたただきました。

当たり前に衣食住を欠くことなく過ごせる毎日を
お守りいただいていることに感謝です。
生かさせていただいていることへの感謝とともに、
今、自分の命。
生きている理由がわからない。
生きている価値がない。
つまらない。。
そうではないのです。

社会から見たら、日本、世界、地球、宇宙から見たら
本当にちっぽけではあるけれど、
けれども、、、
今この世にいられること、
今、生かさせていただいている自分にできることは何か。
改めて問いつつ、一生懸命に歩んでいかねば、と改めて思います。

生きていれば、本当にいろんなことが起こります。
辛いこと悲しいことのほうが多いのかもしれません。
まさに、あの世のほうが心穏やかなのかもしれません。。。
けれども、何が起ころうとも、
今、この世にいるのです。
神が与えてくださったことを一つ一つ、
焦らず、怠らず、自分らしく
命尽きるまで、前を向いて進んでまいりましょう。
きっと、進んでいく中で意味が分かってくるのかもしれません。
光は必ず見えてくるはずです。

私もまだまだ未熟者。
試行錯誤、七転び八起き、七転八倒、反省の日々です。(^ ^;)
けれども、、、今の自分にできることを。
今日も皆様のお役をさせていただきます。

さあ、皆様、元気にまいりましょう!!










令和元年十月三日 光明稲荷大神 御鎮座九年奉祝祭並奉賽祭


01キャプチャ_convert_20191003152006

本日は令和元年十月三日、清々しい秋空の朝、
光明稲荷大神 御鎮座九年奉祝祭奉賽祭を執り行わさせていただきました。

大神様にお出ましいただく「降神の儀」で「警蹕」をさせていただきました時、
キラキラ、さやさやと、、、
なんと申しますか、絹のような、更紗のような、、、
そのような、まさに儚くも美しい感覚の音が聞こえてまいりました。
言葉で表すことができないくらい、清らかで清流のような、、、
美しく麗しい音色でした。
大神様がお出ましになってくださいました。。。
なんとも畏れ多くもありがたいことでございます。

この度は、なんと!!
宇迦之御魂大神様、じきじきにご神託を賜りました。
感動のあまり、言葉になりません。。。
賜りましたお言葉の一つ一つをかみしめて進んでまいりたいと思います。


02キャプチャ_convert_20191003152016

崇敬者様からたくさんのご奉納の品々、賜りました。
誠にありがとうございます。
皆様のご多幸をお祈り申し上げさせていたただきました。

03キャプチャ_convert_20191003152025

株式会社 夷正 代表取締役社長 井出様
ナチュラルスィートカンパニーポワポワ代表 袖山様
小山様
植田様
他、崇敬者様


04キャプチャ_convert_20191003152034
いつもながら、見事な真鯛の結わき方です!!  イナリダイジ作



稲荷大神様の御神璽を京都伏見稲荷大社より勧請いただきましてから
早、九年目となりました。月日の経つのは本当に早いものです。
こうして無事に神事させていただけることは本当にありがたいことでございます。

今まで大神様の使いの者として未熟ながらも一つ一つを大切に、
無我夢中で一生懸命に走り続けてきました。ほんとうに色々なことがございました。
祝詞を奏上していると、過ぎ去った月日が走馬灯のようによみがえります。
感無量でした。

直会として、、、
イナリダイジ、オリジナル曲「大神賛歌」と「稲荷御霊歌」を奉唱させていただきました。
いつもながら、高らかな気持ち良い声でした。

大神様とのご縁は遡ること、十五年以上前からとなります。
楽しいこと、辛く悲しいこと、怒り、憤ること・・・
何もわからない私に大神様は優しく温かく、そして時に厳しく、
お導きしてくださいました。
どんなときにも大神様は、其処におわされました。
私が大神様から遠のいてしまったこともございました。
今思うと、なんとも恐れ多いことか。。。
その度に私は大反省し大神様に謝罪の言葉を述べるたび、
大神様は私を大きく深い愛で包んでくださり、変わらずに微笑んでくださいました。
本当に感謝、等という言葉、一言では申し上げるには足りないくらいでございます。

私には神道の知識や作法の師匠はおりますが、今まで随神の道を進んでいく、霊的なことなどの大きなお役をさせていただく時の所謂、術などを教えてくださる師匠はおりませんでした。どんな探しても見つかりませんでした。
けれど、、、

私の師匠、親は大神様だったのです。
そのことに気づいたのは、つい何年か前です。
分からないことだらけの霊界、ご神仏さまのことなどなど
全て、大神様からお教えいただきつつ、進んでまいることができました。

これからも、随神の道を大神様の元、精進努力を怠らず邁進していこうと思います。
まだまだ未熟ものではございますが、皆様のため、生きとし生けるものたちのために大神様の使いのものとして歩んでまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。









sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
114位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR