FC2ブログ

令和二年四月一日 光明稲荷 月次祭

01_convert_20200401114420.jpg


本日は令和二年四月一日 光明稲荷 月次祭 執り行わさせていただきました。
小雨がぱらつく薄曇りの朝となりました。昨日より幾分、暖かく鳥たちも小雨振る中ではありますが、春を喜ぶ囀りがあちこちに響いております。

コロナウイルス感染拡大のニュースが毎日流れ、世界中が見えない脅威と闘う日々です。
この恐怖の中、医師を始め様々なジャンルの方々が過酷な状況の中、なんとか
食い止めて、命を繋ごうと懸命に動いてくださっています。
多くの感染された方々がSNSを通じ、世界中に警告を発信しています。

苦しんでおられる方々、亡くなっていかれる方の死を無駄にしないでください。

私達にできることは何でしょうか。

自分一人が良ければいい、自分のしたいことを我慢するのはいやだ、
自分が感染しても症状がないからいい、のではなく、
他の方々の事を考えてほしい。
もっと、もっと、他者に対する思いやりの心、協力する気持ちを持ってほしい。

自分自身の節度ある行動が他の人の命を救うのです。
感染のリスクといわれる行動をしないこと。
感染を防ぐケアをすること、です。

この現代社会、自分やお国の利益ばかりを追い、人のことはお構いなしとなってしまった利益優先、個人主義が横行していく中、地球温暖化の危機、多くの自然災害、この様なウイルスの出現・・・もしかすると、もっともっと、色んな事が
加速していくのかもしれません。
これはまさに、神様からの私達へのある種の警告であると感じております。

神様の警告は、根本を改善させようとする為に大きな痛みを伴うことが多々ございます。これは、私たちにとって本当に辛く厳しいことです。

神様から与えられた大きな試練。
乗り越えられるように、いいえ、きっと、乗り越えられます。
乗り越えられない試練を神様はお与えになられません。

大神様の元、益々、気を引き締めて頑張っていかねばと思っております。
皆様もお辛い日々をお過ごしのことと存じますが、どうか、この様な時だからこそ、しっかりと軸を整えて大神様のご守護のもと、一歩一歩、大切に
進んでまいりましょう。
笑顔で迎えられる朝は必ず来ます。
さあ、元気を出してまいりましょう!!









スポンサーサイト



令和二年三月十五日 光明稲荷大神 月次祭

01_convert_20200315100849.jpg


本日は令和二年三月十五日です。
光明稲荷大神 月次祭 執り行わさせていただきました。

昨日までの雨が止み、薄曇りではありますが気持ちの良い朝となりました。
鶯もまだ、デビューしたて?の感じで、(笑)
春本番に備え一生懸命に練習する囀りが聞こえてまいります。
いよいよ、春、ですね。

さて、まだまだコロナウイルス感染が世界中に広がっております。
一日も早い終息を願うばかりです。
皆様も日々、ご不安なことと思いますが、とんでもないデマに惑わされず
大神様の元、変わらずにしっかりと軸を整えながらお過ごしくださいませ。

さあ、三月も半ばです。
心身の健康に留意して
春の息吹を戴きつつ
元気にまいりましょう。





令和二年三月一日 光明稲荷大神 月次祭

01_convert_20200301105711.jpg


本日は令和二年三月一日、光明稲荷大神 月次祭 執り行わさせていただきました。
昨日からの雨はやみ、薄曇りの朝となりました。

色んな不安、怖れが渦巻く中、雨で様々な私たちを取り巻く
穢れ「気枯れ」を浄化してエネルギーを一生懸命に戻していただいているかの
ように、感じられた朝です。

この度のコロナウイルスの感染によりお亡くなりになられました方々の
ご冥福をお祈りさせていただくと共に
今、感染と闘っている方々を始め世界中の方々の平安が
一日も早く訪れますことをご祈念させていただきました。

本日の月次祭に皆様からの数々のご奉納の品を賜りました。
誠にありがとうございます。
皆様の弥栄をご祈念申し上げます。
藤井様
田中様
ナチュラルスィートカンパニーポワポワ代表 袖山様

皆様も本日は朝早くから月次祭のご神饌をお上げされて
にぎやかな朝となられましたことでしょう。

ご神饌。ごしんせん、とお読みいたしますが、簡単に申し上げますと
神様にお上げする神様のお召し上げる食べ物、の事でございます。
このご神饌のあげる順番というものが正式にはございます。

まずは、「お米」「お酒」・・・と続きます。というように一番最初に「お米」が来ます。
何故、お米が一番なのでしょう。

私たちが生きていくのに一番不可欠なのは? 「水」・・・なのに、なぜ、一番は「ぉ米」??
確かにお米は大事ですが、神饌とは神様に私どもが感謝と共にお上げする品物ですので、
やはり、最優先は「お米」となります。

でもなぜ??

皆様は「庭の稲穂の神勅(ゆにわのいなほのしんちょく)」という出来事を
ご存じでいらっしゃいますでしょうか。

これは、天照大御神が、孫の邇邇芸命(ににぎのみこと)に斎庭(ゆにわ)の稲穂を
お任せになられた、ご命令になられた、ことをいいます。
※斎庭(ゆにわ)とは、高天原にある、神々に捧げる神聖な田のことです。

天照大御神は、神道で最も尊いとされておられる太陽神であり、
神々の住まわれる天上界の高天原(たかまのはら)を治めておられる神です。

天照大御神は、日本を治めることを邇邇芸命に託しました。
その際に、天照大御神は邇邇芸命に稲穂を授け、それを地上で育てることをお任せになられたのです。

ということは・・・
今、農家の方々が田んぼで稲を作られていらっしゃるお仕事は、つまり、
「神様のお仕事」をしていらっしゃる、ということなのですね。

貴い神様のお仕事を神様の代わりにしていらっしゃるのです。
ですので、お米はとても尊いもの、なのです。
そして、神様の詔のとおり、一生懸命に育てたわわに実り、収穫した
素晴らしいお米を先ずは神様にご奉納させていただく。
喜んでいただけるように、とご神饌としては最優先の順となった、のではなかろうか、
と私的見解ではございますが思うのでございます。

そんな古代の時の流れ、いきさつを想像するとご神饌をあげつつ、ひとり
ワクワク、ドキドキ、感無量になったりしてしまいます。(笑)

そして、、、先月も色々とございました。今月も何も心配なことはない、とは言い切れない中、
ともかくも、今回のみ祭りも無事にこうして家族そろってご用意し
執り行わせていただくことができたこと、感謝でいっぱいとなりました。

皆様は、どんなお気持ちでご神饌をご用意され、お祭りをされましたでしょうか。。。

さあ、いよいよ三月です。
不安なこと、これから起こってしまうかも!?と考えていても始まりません。
大神様の元、必ずや、お導きがございましょう。
しっかりと、いつものように一歩一歩、元気に進んでまいりましょう。






令和元年二月十五日 光明稲荷大神 月次祭

01_convert_20200215095754.jpg


令和元年二月十五日 光明稲荷大神 月次祭 執り行わさせていただました。

昨日からの雨がやみ、薄曇りではございますが少し晴れ間も見えてきて、
鳥たちが囀る気持ち良い朝となりました。

二月も早、半ばです。
いつもは梅の花や川津桜の香しい香りが漂う心地よい季節なのですが。。。
このところ、コロナウイルスの感染で特定個所に留まることを余儀なくされていらっしゃる方々、
隔離入院されていらっしゃる方々が多く出ております。
今、日本のみならず゜世界各国に広がって私たちにとっては大変不安な日々となっております。
これ以上の犠牲者が増えることなく、一日も早いワクチンなどの予防策が見つかり、
感染に終止符を打つことができ、平穏安心な日々が再び来ますことを心から願うばかりです。

本日は、有機野菜、有機果物を多く供えさせていただきました。
普段から安心安全なご神饌をと思いつつ、中々、形や内容に満足いくものがなく難しいですが
今回のニンジンの元気なこと!! 太くてワイルド。形は武骨?かもしれませんが、
大地の元気なエネルギーを分けていただいたような気がいたします。

イナリダイジの「大神賛歌」でも重ねて、元気パワーを戴きました。^ ^

色々と不安なこともありますが、、、
大神様のご加護のもと。
大丈夫です。
どんな時でも、必ず、夜は明け明るい朝が来ます!!
さあ、二月も後半、元気にまいりましょう!!





令和二年二月一日  光明稲荷 月次祭


02_convert_20200201101641.jpg

本日は令和二年二月一日 、光明稲荷 月次祭 執り行わさせていただきました。
昨日よりだいぶ、朝が冷え込み、富士山も美しく雪化粧、清々しい朝となりました。

いよいよ二月。
今年は暖冬ということで、春の花々があちこちで早咲きしているようですね。
私どもの庭の梅の花も早々に咲き始めていました。
温かいのは何よりですが、温暖化のことを懸念する昨今。
野菜果物はたくさん収穫され消費者には安価にありがたい限りですが
生産者の方々にとっては些か、お辛い状況。
安易に喜べないことも多くあるようです。

日々の日供を始め、月次祭などの神事では、大神様の御前で
日常をリセットさせていただける大切な大事なひと時でございます。
心身が疲れたり、心が落ち着かないこと、不安や疑念、怒りや悲しみ。。。
全ての「気枯れ」(けがれ)ですさんだ己の魂を大神様の尊い御力で
元のニュートラルな心身に戻していただけます。
本当にありがたきことと感謝の気持ちでいっぱいでございます。

人は弱い生き物です。
人は、不完全な存在です。
つい、自身のペースが保てず、人や動物たちに当たったり、イライラしたり怒ったり・・・
いつもいつも、元気で明るく穏やかで、人や動物など生きとし生けるものたちに対して
温かく優しく見守るというのは、なかなか、難しいですね。

だからこそ、日々の日供、神事があります。
大神様と向き合わせていただける時間を戴くことができます。

その時に奏上させていただく「大祓詞」のすばらしさを改めて感じております。
「大祓詞」を唱えさせていただけることのありがたさを実感する日々でございます。

単なる「祝詞」の一種としてではない「奥深いもの」が込められております。

どうか、皆様も「大祓詞」を奏上されるときには、早く唱える、のではなく、
「言霊」の一字一句を丁寧に奏上されてみてください。
きっと、体感できることと存じます。

この、奥深い「大祓詞」については、今月の神道講座でもお話しさせていただこうと思っております。


さあ、いよいよ二月。
初午の日が間近となりました。
春の香りが感じられてまいりました。
まだまだ寒い日が続きましょうが、
元気に参りましょう。







sidetitleプロフィールsidetitle

くりぼっくり

Author:くりぼっくり
神さまと人と動物たちの中取り持ち役として・・・。

宇迦之御魂大神様の厚き尊き御神徳の元、
神職、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして皆さまと動物たちの魂の救済をさせて戴いております。

☆御相談、詳しいお問い合わせ等は「みどりの杜」HP、「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
http://takanooffice-midorinomori.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキング参加中!!sidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleブロとも一覧sidetitle

新宗教 情報とリンク & 宗教関連ニュース
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
798位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
197位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR